希望のかなたの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

ヨージ

ヨージの感想・評価

3.9
暗すぎず、
かと言って決して軽く描いているわけではない、
クスリとしたり、
ヒリヒリしたり、
温かい気持ちになったり、
そんな感じ。
本編とはあまり関係ないけど、
ポーカーのシーンが最高。
Iman

Imanの感想・評価

3.5
難しいテーマを、ユーモアと優しさで包んだ映画、単純な映画が好きな私にとっては、この点数になりました。
lgKaoring

lgKaoringの感想・評価

4.0
難民問題に切り込んだ今作。

だけどカウリスマキ監督の独特のユーモアでシリアスになり過ぎず、劇場内でもクスッと笑いがしばしば。

重い問題を重いだけの表現だけで終わらせない、さすがの力量。

あ〜、好きだなぁ。この世界観。

どこにでも優しい人はいるんだ。
あのワサビは優しくないけれど。
QTaka

QTakaの感想・評価

3.5
今、ヨーロッパが抱える最も大きな問題を、ぎゅぎゅっと凝縮して、
歌と、酒と、ユーモアを絡めて表現すると
こんなにもすんなりと受け止めることができる。
そんな映画だった。
でもね、始まってみると、意味不明な感じがそこかしこに有って、
まさに、わけのわからない映画でもありました。
シリアからの移民の青年が語る郷里アレッポでの経験は、それは想像をはるかに超える現実であり、そんな難民たちが、欧州を目指し、大挙して押し寄せていることは知らないことでは無いけれど。
さて、その一人一人はどんな人なのか。
難民として行き着いた土地でどう生活しているのか。
そして、それらの難民たちをその土地の人々はどう受け止めているのか。
一昨年から、政治をも揺るがす問題となっている欧州全土。
その中の、フィンランドのヘルシンキの街の出来事として描かれている。
さて、その街は?
ギターをかき鳴らす、路上演奏から音楽が始まる。
この歌までの間、映画には音楽が無い。
わずかなセリフで、二人の主人公がそれぞれに登場する。
それぞれの置かれた立場、状況が徐々に説かれていくのだが、
この路上演奏まで、息がつけない気がした。
ほっと一息して、このヘタウマな演奏とともに映画鑑賞が始まる。
そして、この映画は、結構飲む。やたらと飲む?
さらに、やりすぎ感があるほどの、ユーモアがある。
それが、この監督のリズムなのか。
事の問題の深刻さを、このリズムで流してくれる。
そうしないと、喉につかえてしまいそうな話だから、このリズムが心地良い。
妙な演奏も、それ無いでしょな日本料理店も、
難民を取り巻く、今のヨーロッパの姿を示すには必要な演出だと思った。

それにしても、訳の分からない映画となりそうな一本だった。
久々に、パンフレットを買ってしまった。
少し、わかった気がした。
いい映画だった。
yuko

yukoの感想・評価

4.5
2018.4.16 桜坂劇場ホールC

まず、石炭の中から真っ黒になって登場する主人公の強烈さ。
(見てるうちにだんだん山田孝之に見えてきた)
もっと重苦しい内容かと思っていたら、クスッと笑えて温かく切ない映画だった。
どんどん内容が変わっていくレストラン、お寿司が!わさびが!そしてやはり中国と混同されてるし(笑)
全体的に色のトーンが好きだったのと、ところどころかかる音楽もとてもカッコ良かった。
どこを切ってもカウリスマキ印で、それだけで満足。あー、美しい。
前作に引き続き難民をテーマにしているが、前作以上に語り口は軽やか。と言うか、明確にコメディ寄り。僕はこれ、難民しようが歌を歌ってもいいし、笑ってもいいものだという証明だと感じた。
しかしまあ、主人公がシリアの凄惨な状況について語るショットも、スシに挑戦した結果を示す笑えるショットも、すべて並列に置かれて等しく印象に残っているあたり、やっぱり優れているんだよなー。やっぱカウリスマキええわ。
r

rの感想・評価

3.9
カウリスマキ監督第2弾 2弾目は
藻がかった真緑の数々の表現
それは 飲食店の壁紙 車 スーツの色
どれも綺麗な緑色のものが意識的に
目に飛び込んでくる 美しい.
じーっと観てると急に変わる画面
独特の間合い引き続き "難民問題"と言う
私たちにとって関わりにくい題材も
"あ 今笑っていいんだな"とじわりと
笑わせてくれるBITTER × SURREAL
前作に少なかった笑わす表現多発します
心情 顔 共に演者全員(激かわの犬除く
ずっと無表情だけどオーナーをはじめ皆から
温かさを感じる あの優しさはどこからくるのだろ..
きっと私たちも教わった事ある
"困ってる人には愛の手を"理由なんてないさ
ronji

ronjiの感想・評価

4.2
名古屋はシネマテーク。
アキ・カウリスマキ祭り。
難民二部作1本目。
35mmフィルム。

皆で救う。まさにその通り。
丁度、イザヤ・ベンダサンこと山本七平の「ユダヤ人と日本人」という本を読んでおり、自分の中でユダヤについて理解を深めようと試みているところ、個人的にタイムリーな作品だった。

苦しみを知る者は、人の苦しみを理解することができる。

自分の事は二の次に妹の無事を願う兄の気持ち。
また、その兄を救うために動く、血の繋がらない愉快なベテランな人々。

人と人の関係も捨てたもんじゃないと思わせてくれる作品。

竹田の子守唄とジミヘンのポスターがミスマッチで笑えた。
寿司屋のくだりは、チーン…って感じ。
はじめ

はじめの感想・評価

4.1
どうせいつものカウリスマキでしょ、とタカをくくっていたら全然違った。

カウリスマキにこんな映画を撮らせてしまう社会のほうが悪いのかもしれないが、カウリスマキですらこんな映画を撮ってるんだから、こっちも普通に頑張らないといけないと思う。

いまさら「希望」と言われてもピンとこないけど、カウリスマキがこんな映画を撮ってしまったことのこと、と考えると少しわかる気がした。

素晴らしく映画でした。
きっと意図した演出として。

総ての登場人物が全場面に於いて、いずれの感情も表に出さず常に仏頂面、加えて淡々とした口調で喋るもんだから妙味が凄い。

なんかもうとにかく妙味が凄い。