希望のかなたの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.1

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

サトシ

サトシの感想・評価

3.8
淡々と進んでいく、山田孝之の奮闘記。
難民同士のツレがめちゃええヤツ
まわりの人もええヤツ
いつもの独特なユーモアがワサビの様に効いてました。

日本版は、三木聡監督と山田孝之でいきましょう。
mai

maiの感想・評価

3.8
前半はただ暗くゆっくり話が進む
後半は別の映画のようだった、登場人物や犬、全員が愛くるしい
東洋文化ごちゃまぜの間違った日本文化のシーンがシュールで好き
私のようにジャケットとタイトルで観る映画を決めて、好きな事にしか興味関心を示さず、世界情勢にも疎いような人間の為にも
こういう作品はこの先もずっと在り続けて欲しい。

好きな事柄に纏わることだったら知っていけるし追求していけるから。
入り口なんてなんでもいい。分からない恥ずかしさよりも知らない方がなんか、嫌だ
す

すの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

名前を変えずに生きていく決断をした妹は強い。名前を変えて不法滞在者としてフィンランドに身を置いたカーリドも等しく強いだろう。
監督がインタビューで答えた『今日は彼か彼女が難民だけど、明日はあなたが難民になるかもしれない』がずっと頭にある。

犬と寿司店キュート
chadbono

chadbonoの感想・評価

4.2
久しぶりにカウリスマキの映画を観て、あ、やっぱり好きだなぁ、この映画を観られてよかったなと思えた。
社会的な問題を取り上げていても、観る側に切迫した雰囲気を与えず、どこか哀愁が漂っている上にユーモアもあって、そのさじ加減がちょうどよくて、観た後に心地よさを感じられた。
主人公のカーリドが山田孝之に激似なのもツボだった。
SageKino

SageKinoの感想・評価

4.8
アキ カウリスマキは好きな監督

映画を観てすぐ思ったことは

イエスの語られたこと

律法学者がわたしの隣人とは誰か

とイエスに聴いた

イエスはある話をする

良きサマリア人のはなしなのだが

そしてイエスは律法学者に言う

誰が彼の隣人になったのか と

この映画は良き隣人の映画だ。
8bit

8bitの感想・評価

3.8
今年の映画館初めはこの作品に。

人と音楽と犬で〝優しい〟映画を作ってきたアキ・カウリスマキだけど、今回はちょっぴり違った。
いつものようにどこか可笑しくて、どこか哀しい人間たちの物語に、心が暖かくなり、癒やされるのは間違いなのだけれど。
物語の背景に切実さがあって、その度合いが違うというか。
彼の映画をもってして、ここまでの絶望感を感じさせてしまうのはちょっと衝撃的だった。
もう世界はこんなところまで来てしまっているんだな…。
それと同時にこの世界にはまだ希望が残っていると信じたいという気持ちも伝わってくる。
彼の映画にとって〝犬〟は希望を表しているんだなと改めて思った。

それにしてもさあ、完全に山田孝之だよ。
観てる間もそっちに意識がいってしまって、ちょっと困りました笑
寿司はなあ…日本人だからかもしれないけど、なんだか狙いすぎに感じられてちょっと不快でした。
湯呑

湯呑の感想・評価

4.8
とにかく、役者陣の表情が良い。はみ出し者の集まるレストラン、生き別れになった妹を探すシリアからの難民、薄汚い迷い犬。凡百の監督ならお涙頂戴のウェットな演出に傾きそうな要素を盛り込みながら、カウリスマキは役者たちに始終仏頂面をさせながら、淡々とした語り口で映画を進めていく。カジノの一発勝負で大勝ちし、レストラン経営の元手を稼いだオーナーは、シリア難民である従業員の妹をフィンランドに呼び寄せる為、裏の手口を駆使するのだが、このオーナーの前職は洋服の卸業者である。なぜ、お前にそんな事ができるんだ、という問いに映画はいっさい説明をしていないのだが、それでも、サカリ・クオスマネンの顔を見れば何となく納得できてしまう。現代のおとぎ話と言えば簡単だが、それを観客に信じ込ませようとするあまり、説明過多の下品な映画になってしまう作品が多い中、カウリスマキのこの強気の姿勢は群を抜いている。
553

553の感想・評価

3.9
不慣れなSUSHI職人たちにとても癒される。
キッチンストーリーもそうだったけど北欧の映画は部屋が寒々しいのはもちろん、役者の表情が乏しくシュールな笑いが多い気がする。
あぁいう作風が標準仕様なのかな…ヘンテコで面白い。
美術や衣装の色使いが北欧らしい。主人公山田孝之みたい…
2つの人生が交差する。