希望のかなたの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

ソニー

ソニーの感想・評価

2.0
こういう感じの映画は、苦手だな。盛り上がりもテンポもないし、、、
面白い映画なの?と聞かれたら「好みじゃないな」とだけコメントするかな。
ただ、「山田孝之は出てたぞ」と付け足す。
113
タビ

タビの感想・評価

4.0
「アレッポを忘れるな」
2016年12月19日にロシアのトルコ大使が射殺された事件がありましたね。
犯人はこう叫んでいました。

この映画を観てこのニュースを思い出しました。難民って私には遠い国の話しだなぁと、思うだけ。けど、難民の方達や受け入れる国があるわけで、それを嫌がる国民もいるわけで😓

この映画では皆んな淡々としていて押し付けがましい優しさじゃないのが良い。
ただ、警察や入国管理局は冷たい感じがして嫌だった。また、ネオナチの奴らはなんやねん😤お前らも難民になってみろ!そしたらそんな真似出来ひんやろ!と憤ってしまった。
けど、こう言う場面を描くことによって、きっと今の情勢を如実に表しているんだろうな。

「私はダニエルブレイク」もそうだったけど個人の力ではどうする事も出来ない事って結構あるよね。
私はそう言う映画を観ると憤って仕方がない。うーむ😖

レストランのオーナーや従業員達がトボけた感じで良かった。スシは頂けないけでね😅

ラスト、カーリドはどうなるのかな。妹は?と色々考えてしまった。余韻が残る良い映画でした。

ワンコ可愛い、癒しだ😊
あ、カーリドは確かに山田孝之でした😆
Anikapppa

Anikapppaの感想・評価

4.0
アキ・カウリスマキの、移民難民とそれを受け入れるほうの国の描き方は、凄くリアルだと思う。
ヨーロッパに留学していたとき、まさにこのような状況の人々に出会ったし、自分も外国人だから、外国人に対する現地人の目とか扱いも経験した。(難民の人と私みたいな留学生の扱いに違いはあると思うが、外国人というふうに見られるという点で言えば)だから留学前に見たカウリスマキのル・アーヴルの靴磨きよりも、よりリアルに身近に、ああ、こういう感じすごくあるなあと感じて、それがヒリヒリ痛かった。(という意味ではもう一回ル・アーヴルの靴磨きを見たい)

色使いやカウリスマキ独特のセリフの間は相変わらずとても粋で可愛い。色味がかなりブルーみが強くなっててフィンランドの冷やかな気温が伝わってくる。登場人物たちがあまり表情豊かでないところが、淡々としていてよりコメディ要素を増している。あとちょいちょい出てくるおじさんのビジュアルが似てて同じ画面にたくさんおじさんが出てくるとおじさん間違いしそうになる。もっとおじさん区別できる目を鍛えたい。
 淡々とした描写で、淡々と事実を描くアキ=カウリスマキのシリア難民もの。でも、中身はハリウッド式でもなく、展開も予想通りでないところが、この監督らしくていい。
 カメラも移動しないし、ズームやパンもしない。そして誇張しない。
 だが、移民排斥者や、難民を排除するためのシステムや密入国防止に軍隊が絡んでいたりなど、怖い部分も誇張せずに触れている。
 だが、命がけで密航してきた主人公の登場シーンからしてコミカルで、ところどころに出てくる演奏にはペーソスもある。
 こういう、他にはない映画がカウリスマキの特長だ。
 あえていうならジム=ジャームッシュ監督の『パターソン』に似たリズムだ。
 問題提起を声高にするわけでなく、ちょっと微笑ましいところがいい。
 「絆」など強制的なものでなく、ちょっと助けになるつながり。
 その深刻さがないところや、ユーモアが「希望の光」なのだろう。
レストランが寿司屋に鞍替えするとこはおもろかったですね。客の日本人が何の文句もいわないあたりが日本人ぽくてよく描かれてると思いました。離婚したおじさんがレストランを経営する話と、シリアからの難民の話がどうつながっていくのか、だいたい予想はつくんですけど、それぞれの物語が交互にやってきて、それぞれの物語に没頭してしまい、どうなることやらと思いながら観てしまいました。カウリスマキ節全開でしたね。犬ちゃんも出てきます。みな憮然とした表情です。意味もなく並びます。カットも色合いもカウリスマキでした。ありがとうございました。
ami

amiの感想・評価

3.4
おススメされて見た。主人公が山田孝之だよと聞かされていたけどマジだった。
mikichap

mikichapの感想・評価

4.0
難民問題、知らな過ぎることに気がついた。色々勉強して観る映画の幅を広げたい、と思った映画。
nao42

nao42の感想・評価

3.7

難民のことを哀れな戦争の犠牲者か、それとも社会に侵入して人たちの職業を奪う図々しい者たちだと決めつける今の世の中を風刺したような作品

でも、そんな世の中だとしても、他者へ手を差し伸べるやさしさを失ったら、何も変えることは出来ない。
その反対で、他者への配慮や思いやりがあれば何かを変えられる!というメッセージが込められていたと思います。

その暗いテーマにも関わらず、なぜか心が
温かく満たされます。
そして、まさかの寿司ネタには、思いっきり笑っちゃいました🤣

この簡素で温かく描かれた希望がこの先どうなるのかもっと見ていたかったなぁ😃
アート感が映像に一杯出てる。色彩が独特だけどストーリーは普通
サバ

サバの感想・評価

3.9
シリアからヘルシンキに流れて来た難民のカーリド。妹が生きてると信じて探している。カーリドはとても優しい、ストリートミュージシャンに自分もお金ないのにあげたりする。
心無いフィンランド人は、カーリドを痛めつける😫ひどいじゃん!
難民問題は、身近にはないので色々考えさせられる。

音楽が良い。要所要所に効果的に使われていて、暗い話を和らげてくれている。
ちょっとシュールでクスッとなる場面もある。ワンちゃんが超可愛い。

寿司‼️あかんやろ〜😳

最後見終わって余韻がいつまでも残る映画でした。



カーリドが山田孝之に見えてしかたなかった😛