希望のかなたの作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

3.9

あらすじ

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

adeam

adeamの感想・評価

2.5
厳しい現実、優しい人々。少ないセリフ、もっと少ない表情。淡々とした展開に挟み込まれる唐突なロックと、謎の日本愛。
カウリスマキ的な要素を詰め込んだような作品で、随所でニヤリとさせられますが、さすがに既視感は否めません。前作でも扱った移民問題を今回も取り上げますが、新たな視点が取り入れらたような感じもせず、面白みに欠けます。
安心して観られるカウリスマキ印だけれど、それ以上のものではないと思います。
nutmeg

nutmegの感想・評価

5.0
もう一度、鑑賞しました。

アキ・カウリスマキの世界に
あらためて癒され、心うごかされる。

何度も観たくなる映画。
フィンランドへ行ってみたくなります。
ノ

ノの感想・評価

3.5
いつもに増して必要最小限のことしかやってない。捻らずに撮ること、編集すること。
ここあ

ここあの感想・評価

4.5
死ぬのは簡単 私は生きたい

日本人なら特に後半は爆笑。ワサビ乗せすぎたよ!!!!笑
独特の燻んだ色使いと、ユーモアがいい。
冷ややかな温度の中に優しさがある。
犬が可愛い……
はなび

はなびの感想・評価

3.2
主人公、山田孝之似でした。

シリアスなシーンだったかと思えば、フっと笑ってしまったり。
また、笑えなくなったり。

音楽が、耳に残りました。
見たいと思っていたカウリスマキの作品初視聴

こういった問題を扱うのが社会的な理由からなのか、彼のスタイルなのかは分からないが、とにかく面白く、美しく、真面目な映画だった。

多くのシーンが比較的に安定した構図で撮られ、物語の進行とともに登場人物の感情と会話が増えていき緩やかに終わりへと向かっていく。どことなく日本映画との共通点も感じてしまうような撮り方だが、冒頭のシーンを含め、カウリスマキらしい美術的な色彩とフィルムの雰囲気が圧倒的に心地よくかっこいい。

題材自体はかなりシリアスなものだが、あまり感情を出さない登場人物達の淡白な会話と絡みがシュールさに拍車をかけ笑ってしまうシーンがいくつもあった、ビールのシーンと寿司のシーンは傑作だ。
しげる

しげるの感想・評価

3.9
・よい!
なぜかは形容し難いが、爽やかな気持ちになる。
・ドキュメンタリー風なのに完全なフィクション、この塩梅がカウリスマキの魅力。
・挿入歌をこれだけ効果的に使ってる映画は中々ない。
・カウリスマキ映画の登場人物は大抵無表情で不気味なのに、どこか可愛らしく見えるのはなぜだろう。
izw

izwの感想・評価

3.8
結構重いテーマを扱ってるけど、
全然重い雰囲気じゃなくて温かくて穏やかな空気感がすき

歌のシーンよかった
カウリスマキ作品は1,2年前ぐらいに見た過去のない男に次いで二作目。
淡々と進んでいくのは同じ。みんな感情が表にあまり出ずに物語は進んでいくけど、これが本来の人間だという気がする。映画やドラマは感情表現をしすぎじゃないか、ということを思わせられる。

それでもその中にめちゃくちゃシュールで笑えるシーンがたくさん散りばめられ、難民問題もきちんと描かれている。そのすべてをただ事実として目の前に置かれた感覚で、変に共感を求めて来ないから好きだ。

サーディン寿司を出して、日本の団体客がぞろぞろ帰っていくシーンが最高だった。

あと色の使い方。シンプルでシュッとした空間が増えていく世の中で、もっと生活の中にいろんな色があっていいんだという気にさせてくれる。

いい歌もたくさん詰まっていて楽しい
Kaorin

Kaorinの感想・評価

3.6
初カウリスマキ
辛いけどあたたかさが感じられる
犬が最高かわいい🐶