希望のかなたの作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

3.9

あらすじ

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

これは好きだ。

皆んな無表情。なのに、クスッときたり、ほろっときたり。

難民として入国した人々がどんな手続きを経るのか、どんな問題に直面するのかが描かれる。そこに心温かい人々との交流があって、全体的に優しくお話が進んでいく。

フィンランドは難民の受け入れに寛大な国だそうで、だけどそれだけに抱える課題も多いよう。

カリードが淡々と語る、フィンランドにたどり着くまでの経緯の壮絶さ。妹を案じる直向きさ。好感を持たずにいられないキャラクターだった。



ゆるっとじんわり楽しみたい方にオススメです✨
遠くもないけど、近くもない。
冷たくもないけど、熱してもいない。

でも、決して不寛容じゃない。
現実に希望がある、絶望やおかしみと一緒に。
そう感じた。

後、何か好きな画だなぁ、と思ったけど、監督が小津安二郎を敬愛していると知り、納得。
そりゃ、好きだわ。
フィンランドの名匠アキ・カウリスマキ監督が難民問題をテーマに撮影したヒューマン作品✨

シリアから不法入国でフィンランドへやってきたカーリド。
行方不明の妹を探すため、フィンランドへの居住を申請するも、施設をたらい回しにされ、いわれのない暴力を受ける。
居住申請のハードルははるか高い。

人生をやり直そうとレストランを開いたヴィクストロムに助けられ、妹を探し始めるのだが。。。

国籍も人生の目的も違う男同士が共鳴しあう。

北欧の作品には独特の空気感がある。アメリカのような原色の華やかさがない。シックな色合いの街並み、決してハメを外さない国民性。
音楽も軽音楽🎵。

難民が祖国を捨て、命がけで国境を越える苦しみ、日本人にはわかるはずもないけど、シビアになりすぎない淡々とした人情劇。
ジャパニーズ"スシ"ブームに乗っかったコメディ的な場面も面白い😆。

この監督、かなり社会問題をとらえた作品が多いから、色々と見てみたいと想いました✨🤗
冷蔵

冷蔵の感想・評価

3.6
めちゃくちゃシュールじわじわくる。でもメッセージ性は強かった。
Aki

Akiの感想・評価

5.0
誰かを助ける事が希望につながる。

「コントラクトキラー」以来のアキカウリスマキ監督の作品、やっぱり画が芸術的かつ可愛い。
そして音楽、今回の音楽がとても好きだ。
日本文化が出てきます「イラッシャイマセー」がすごく好き。わさびそんなに多く使うの?!と笑ってしまった。
難民の主人公やネオナチ、重たくなる事は間違いないのに、見事に芸術的でハイセンスで、巨匠にしか作れない愛のある作品。
あ〜…やっぱいい。アキカウリスマキ。
-
-
やっとアマプラ来たからホクホクと鑑賞。
-
扱ってるのは難民問題や難民への差別で、割と重めなんだけど、
そこここに散らばってるクスっと笑える瞬間。
-
あったかいエピソード。
-
-
無表情だったお兄ちゃんが、あのシーンだけはニコニコ。
-
-
「素敵な荷物を運べたから、お代はいらないぜ」のトラックの運ちゃん。
-
-
犬を隠す。
-
ワサビ鬼盛り www
-

好き…!!!
-
-
最後は大丈夫なんだよね?よね?
寿司屋に銅鑼って随分昔の作品なのかと思ったら割と最近で、まだ日本ってこんな認識なのかーって。
Yuya

Yuyaの感想・評価

4.5
寿司レストランにリニューアルするエピソードが最高だった!

フィックスで俳優を真正面から捉え、演者皆んなが機械的にも見え、感情を抑え、不必要な物を削ぎ落とす演出なのに、ずっと観てられる。想像を掻き立てられる。
好きだなぁ。
そんなことで片付けられないけれど、青みのあるどことなくマットでラインがある映像が、ずっとツボだった
Kyoto

Kyotoの感想・評価

3.9
アキ・カウリスマキは好きな監督。これも好き。シュールな笑いも好き。