希望のかなたの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

3.9

あらすじ

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

juka

jukaの感想・評価

5.0
昔よく会っていた友人に公開当時、おすすめしてもらった映画です。

見終わった後難民の事について考えたし、日常生活で知ること、感じることの出来ない経験が出来て、やっぱ映画っていいなぁーって思ったわ。。と当時友人が言ってました。

やっと見たけど、言ってた意味めっちゃわかる〜!と何年かぶりにその友人に連絡したら、いつのまにかママになってた。

そういえば昔、アキカウリスマキ何本か一緒に見たね。
思い出の一本になりました。

このレビューはネタバレを含みます

重い映画かと思ったがそこまでじゃない。丁度良い尺の中にポリティカルを土台に据えてその上に音楽やコメディや人の繋がりを散りばめている。この素晴らしいバランス。最高だった。

日本では難民という概念が一般的ではないと思う。というか難民受け入れ自体やっているのか疑問に思い調べた。受け入れはしているがその認定率が他国と比較してかなり少なくて驚いた。まあ周りが海に囲まれており鎖国もしていた国であるため他者の受け入れはしにくいのかもしれない。日本では人種差別が少ないなんて言うのは幻想で難民受け入れを他国並にしていたら全然違う状況になっているかもしれない。
さらに日本では内戦というものがない。戦争自体を放棄しており平和な日本が僕は好きだ。しかし世界では内戦がなくならない。この問題に目を向けさせてくれたこの映画に感謝したい。平和ボケと揶揄されるままではいけない。

全編通して印象的だったのは楽器を演奏するシーンが多く、しかも演奏者がみんなカッコいい。音楽(数多あるカルチャーの象徴的なもの)は国民や難民の差別なく全てを受け入れている印象を受けた。特にカーリドが楽器(あれマンドリンかなー)を弾くシーンが素晴らしかった。

カーリドの登場シーンが凄く印象的だった。石炭の中に隠れて不法入国する訳だが、初め僕は爆撃を受けたカーリドが生還したシーンなのかと思っていた。でも実際に内戦の只中では爆撃を受けているわけである。その凄まじさは劇中のテレビに映る報道でも確認できた。あの冒頭のシーンはそんな内戦という瓦礫から這い出してきたメタファーとも考えられるだろう。
カーリドの眼力が凄かった。そして常に堂々としていた。めちゃかっこいい。自分を卑下しない感じ。見習いたい。

ヴィクストロムも素晴らしい人物であるが、カーリドに比べるといまいちやりたいことが視聴者に伝わってこない印象だった
。カーリドが国から逃げた難民であるのに対してヴィクストロムは家庭から逃げたダメ亭主ではなかったのか。レストランを経営してからの彼は聖職者のように素晴らしいのだが、妻との結末も結構ご都合が宜しくてなんだかなーという感じ。結局カーリドに親切にしてくれる役のためのポジション感が否めない。
しかし寿司のシークエンスは本当に秀逸で。ポリティカルな映画に急にコメディ要素がぶち込まれたときのあの感動は筆舌に尽くし難い。あのシーンの面白さって日本人が一番感じ取れるはずなので得した気分。いやでも冷静になると難民受け入れを全然していない日本のネタをぶっこむのはもしかしたら何周か回った皮肉なのかもしれないので馬鹿みたいにはしゃぐのは気をつけたい。でもあのシーンまじ最高!!大好きだ。

この映画の欠点を挙げるならそれは煙草吸いすぎ問題であろう。多少なら全然良い。でもカーリドさん、あなたちょっと吸いすぎてたねー。いや他の人もだけど。

カーリドのラストに関してはそこまで劇的な印象を持たなかった。彼は終始、妹のことだけを心配していた。彼にとって妹のこれからの人生は自分の命よりも大切なものと考えている印象を受けたためあの最後でも胸くそ悪くはならなかった。

とにかく素晴らしい映画だと思う。
umakoron

umakoronの感想・評価

3.4
難民問題の根は深く
簡単には解決できない

難民には非はなく
建前としては
志願するものは全員受け入たい

しかし、噂が噂を呼び
大量に至る所より難民が
押し寄せたらその先はどうなる?

言葉の問題
住む場所やその家族への扱い
職場の斡旋
社会保障はどうなる?

完全なる素人目線でも
課題は山積である

世界のどこかでは
日々生き延びる事に
必死な人もいるという現実

社会的弱者へ
きちんとフォーカスされた作品で
問題提起するという意味では
価値のある映画だと思う
シュール感いい、乗り切れなかったけどこの監督ですきな作品がありそう。
yh

yhの感想・評価

4.2
難民に対しての国家レベル、個人レベルでの冷たい扱いが描かれる重い話だけど、所々ユーモアもあって暗すぎないのが良かった。
ギーコ

ギーコの感想・評価

3.5
難民問題を扱った本作。

淡々と進む画と誰も彼もが無表情なのが印象的。

表情で語らせるのではなく、淡々と難民への風当たりの強さ、まだまだ内戦収まらぬ中にも関わらずそこへ戻そうとする政府機関、そんな中手を差し伸べる店長と同じ難民同士の触れ合い。

とてもヘビーな内容なのだが、シュールさの中に強いメッセージ性とリアリティで胸を刺す一本でした。

日本食に手を出した時のバタバタ感は面白かった。流行りに乗って日本食に手出しちゃダメだよね
nanana

nananaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

『希望のかなた』なら、最後に明るいものが見せてもらえるだろうと勝手に期待していた事に気付いてショックだった。見たいもので世界は出来ていないことを、柔らかく冷たく諭された。最期の至福の表情が忘れられない。
kgpn95

kgpn95の感想・評価

3.5
世界観が好き。
テーマは重いけど、シュール。
カウリスマキ、覚えました。
M

Mの感想・評価

3.7
難民問題という重いテーマの作品ではあるが、内容は幾分ライトめ。序盤は会話も少なく淡々と状況や設定が紡がれて行くが、レストランとその従業員が登場してから少し毛色が変わり、急にシュールでオフビートな笑いが飛び出す。
これがかなり面白かった。
給料の前借りや寿司屋、警察の査察等良いシーンが多い。

主人公が置かれている過酷な環境下の中で、
ポンコツなレストラン関係者と出会う流れがとても良かった。
haraharu

haraharuの感想・評価

3.5
これって、笑っていいんですよね。
テーマは重いのに、シュールだ。