希望のかなたの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

難民同士の友情にぐっと来る。感情の込もらない警察の通告とその後に流れるシリアのニュースのシーンに、人々の味わっている遣る瀬無さの片鱗を感じる。もっと重たい映画だと思っていた、シリアスな要素はあえて淡々と語るだけに留めたのだろうけど。
あと所々でシュールに笑わせてくる、わさびの量にぎょっとして変な声出た
静けさの中に力強さを感じる映画でした。完全なハッピーエンドでないものの光が(希望)見えてくるアキ・カウリスマキ監督の北欧らしい いい意味で質素で(シンプルで無駄のない) 描写。開始早々から台詞はしばらくありませんが 観ているだけで状況や想いがわかりやすく伝わってきます。シンプルなのは服も食べ物もそして心の支えになる音楽も、です。音楽か死か。全てがシンプルだからこそ重いです。 メインキャストの二人がそれぞれの境遇で過ごし いつになったら絡むのかと思いながら、、出会うのは、、、。皆が苦境の中にいながらも 自分というアイデンティティーだけは捨てずにそれぞれどうにか生きていく。名前を捨てようが捨てまいが。幸せに憧れるのではなくて 希望を持って生きること。主人公のシャーワン・ハジはシリア出身で自身もフィンランドへ移住したそうだけど(難民ではなく) 、この映画で難民役を演じたのは複雑な気持ちだったでしょうね、、
ヨーロッバでは度々難民受け入れについて国内問題でもありますが そうでないところへのメッセージでもありますね。豊かで物で溢れている日本。。
観ておいて良かった映画です。
静かに自然音だけが響く風景、セリフも表情も排除して動く役者、オープニングだけでアキ・カウリスマキとわかってしまう映像。彼の余計なものをギリギリまで削ぎ落として、物質的社会における底辺の人々を丁寧に描写していく演出方法はジム・ジャームッシュを思わせる。どちらも大好きな監督。しかしジム・ジャームッシュが労働者たちをある種ポエティックにリリカルに表現しているのにたいして、アキ・カウリスマキは徹底してリアリスティックにプレインに表現する。
難民に馴染みのない日本人からすると難民の置かれる状況や環境に驚嘆してしまう。移民や難民から逃げ続ける日本。でもその日本が大好きなアキ・カウリスマキ。今作も寿司やら法被やら日本要素がたくさん。それは彼の作風が日本の侘び寂びや歌舞伎などのアイデンティティと共感し合うものがあるからかもしれない。だからきっと日本人はアキ・カウリスマキが好きなんだと思う。
ラストはこちらに投げかけてくる終わり方だった。家族は死に、妹の難民申請が通らないこともわかっていて、自らは重傷を負う。ぜんぜん希望なんてないように思えるけど、主人公は優しく微笑む。原題を英訳した英題は『The Other Side of Hope』。希望の裏側は絶望なのか?それとも希望なのか?視聴者への強烈な投げかけのように感じた。
そして今作はアキ・カウリスマキの引退作。ついにこの時がきてしまうなんて。「やっぱり嘘でしたー」って戻ってきて欲しいけど、彼に限ってそれはないだろう。しかしわたしはきっとこれからも絶望しかけた時アキ・カウリスマキの作品を観るだろう。
2018-77
ゆき

ゆきの感想・評価

3.3
あのお寿司ダメでしょー!
難民申請するんだけど、けっこうひどい仕打ちをされながらも、良い人たちに巡り合って、笑いありブラックジョークもありで、悲壮感は無い。
だけど、一家全員亡くなって、生きているのは妹だけで、しかも行方不明中。
自分も殺されかけたりで、苦難に次ぐ苦難の中でも希望を見出していく。
ラスト、ちょっと可哀想すぎだけど、大丈夫だった?
fujiK

fujiKの感想・評価

4.0
普通の人々のできる小さな優しさ、受け入れ助け合う心は国よりも大切で素敵。

世界に溢れる難民の問題に冷たく、無関心な日本。そんな日本の現状を知ってか知らずか、映画の中にはワサビたっぷりの日本が。ピリッと効いてる。

音楽もいっぱい。希望と音楽はお似合い。
それでも、希望の裏側、人間の負の部分も、ちゃんと静かに描かれている。
abemathy

abemathyの感想・評価

4.0
登場人物がみな希望のかなたを見ていた。英語題もいいけれど、邦題はもっと好き。

映画好きとそうでもない人では北欧のイメージが大きく違うような気がしてきている今日この頃。
固定カメラと無表情、大胆な省略と優しい嘘、緩い語り口と鋭い眼差し。実に迫る社会問題と向き合った今作でさえ、全くブレない、ブレることがない。何より「人間を信じる」ことからブレないどころか、決して逃げることがない。控えめだからこそ真に迫るものがある、大大大好物。
鳥

鳥の感想・評価

3.0
カウリスマキ待望の新作。
期待していた世界観は温存。オフビートなコメディにハードボイルドなキレは流石。
シリアのアレッポからの難民が難民申請するが…って話。
ラストがよく分からない。
レストランの支配人とスタッフが無表情だけどどこか人間味があって好き
くぅー

くぅーの感想・評価

4.0
あぁ、カウリスマキ監督節だよなぁとしみじみ見入り・・・あのとんでもないスシの様に、ワサビに涙しながらもニヤリしちまった様な余韻。

本作は、前作よりも大胆にシリア難民を描き、かなりの政治風刺もぶっ込んでたりして・・・と言っても、持ち味の随所にツッコミ入れたくなるブラックなユーモアを仕込み、無力な国家に対して、個人の優しさが沁みて来ますね。

しかし、原題"The Other Side Of Hope"がしっかり効いて来るラストが待っていて・・・・現実は厳しいながらも、自分の未来は関係ないと言い切った主人公の笑顔が印象的で、そして、あの犬は反則なんだよなぁ(笑)

そう、独特のセレクトの音楽にもニンマリし・・・ジミヘンが飾ってある"ゴールデン・パイント"で、ビールを飲んでみたくなっちまった。