希望のかなたの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.1

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

mizgoroh

mizgorohの感想・評価

4.5
シュールで独特な演出に心奪われた
セリフ少なめでキャラ掴めないパターンのが苦手なので(寝るから)、最初はなんだかなあと思ってたけど、徐々にのめり込む

安い表現になってしまうけど、難民問題を描写しているのにこんな風に作れるなんてすごいなあと思った

この映画に限らず、自分の教養不足で、拾いきれないユーモアの部分があったのが残念


オーナーの掛け声で各自配置につくところと、わさびのシーンがお気に入り
あ

あの感想・評価

4.2
配給 ユーロスペース
字幕 石田泰子
ビスタ

初カウリスマキ
映写トラブルで本編を最初から上映しなおすというので 同じシーンを観させられたので前半眠くなった(続きからやってよ、、と思った

冒頭のほとんど台詞がないのに静かに状況を切り取り出していくのが本当によかった
(OPIとクリニークのネイル使うのか、相性いいのかね とかも思った💅

ある決意をしてカーリドが演奏をするシーン 死ぬほどかっこよくて 暗闇の中でスクリーンに引きつけられてああこういうのを観たくて映画観てるんだよなぁとなった
早くも2018ベストシーンになりそうな予感!

カウリスマキほかに観てないからわからないんだけど 画とか色使いがいちいちキマッていてもうたまらない はい すき!
光と影の使い方とかも絶妙だった、、

レストランの人物がみんな愛おしい。。
えんじの服のひげのおじさん(名前わすれた)がめちゃくちゃすきだなぁ

移民・難民などを扱った映画最近多いけど これはユーモアとシビアな部分のバランスがすこくいい
中盤のお寿司のシーンなんかは会場からけっこう笑い声が出てて ほのぼのした

これフィルムで観たほうがぜったい良さそうだったから 元映でおかわりしたい!

カウリスマキ過去作も観ていきたいな〜
Ken

Kenの感想・評価

3.6
いい意味で淡々と語られていく物語にのめり込める作品。重いテーマだけど、そんな中にも何故ここで?と思えるようなチャーミングなシーンがあったり目を離せない。
カウリスマキ映画で純粋にコメディ的なフックとして機能するのは、市井の人々の人間性(社会性)がふとした瞬間に失われる部分だと思っていて、下手な監督がそれで振り切っちゃうと、ユーモアとは呼べない悪辣なドタバタ劇に成り果ててしまうものを、本当にギリギリの、もっともミニマルな形で人間愛を回復させる、あるいは維持するあたりがカウリスマキの絶妙なバランス感覚であり真骨頂なのだと思っている。
だからカウリスマキ映画においては、キャラクターが一度裸にされる、すなわち人間性を失う過程が何かしらの形であって、それをある種監督は自身の背徳的な役割として自覚し引き受けていると思う。事実、この喪失→回復のプロットは度々踏襲されてきた。

だけど、『ル・アーブルの靴磨き』から今作に至るまで、明らかにそれまでのカウリスマキとは異なる部分が見えてきてるような。そこには、自分が映画の中で奪うまでもなく、現実に人間性を奪われている人々が沢山いて、差し伸べる手さえ躊躇う今の世界はあまりにもクソで、コメディにさえならない、という事実への明確な怒りが感じられる。
『希望のかなた』で特に驚いたのはやはり、主人公カーリドが受ける入国審査の場面で、彼が自らの過去を詳細に語ってみせるあのシーンだ。これまでのカウリスマキ映画で、キャラクターの過去があんなに明け透けに語られたことはかつてないし、映画が映画外の現実とあんなに接近してしまったこともなかった。カウリスマキのリアルともファンタジーとも言いがたい中性的な作風を考えれば、あれはかなり危険な場面となりえたはずだ。結果として成功したかはともかくとして、それくらい抜き差しならない、カウリスマキの切迫した姿勢を感じずにはいられないじゃないか。

とはいえそこはカウリスマキ。自ら傾向映画と評してみたところで、単なるドキュメントや現状告発ものとはほど遠い。裏賭博で勝ちまくり一夜にして大金を手にした男が乗り出すレストラン経営。今までの監督作では、事業や仕事を軌道に乗せることはひとつのハッピーエンドの定形たりえた(『浮き雲』)が、今作ではその舵取りはてんでままならない。たしかに数多の善意に支えられた物語ではあるが、決して仰々しい善行を賛美するような語りじゃない。最低限の優しさ、計算のない無償の施しが主役なのだ。
とりわけ、多彩なキャラクターたちの煙草にまつわるやり取りが素晴らしい。金じゃない。かける言葉はなくとも、タバコの一本は躊躇いなく渡すことができる。それくらいが、まずは目指すべき最初の一歩なんだろう。難民だって、生保受給者だって、タバコ一箱、飲み屋の一杯、当然の権利だ。当たり前だ。
だから厨房の小汚い野良犬も、アル中の妻も、簡単に捨てないでいられる。それは当たり前のことなのだ。それが当たり前になる世界をカウリスマキは心底要求している。誰に? 我々に。
crane

craneの感想・評価

4.1
重いテーマだけどユーモアがあって、なんだか温かい。
何より音楽がとても良かった。
登場する人たちは皆優しくて温かい、けれど内戦、難民の問題も人間が起こしたこと。
環境破壊や動物愛護(乱獲、虐待など)でも同じことを感じます。
2018/1/14
natuco

natucoの感想・評価

3.6
希望のかなた、望みをかけて辿り着いた場所のその先に、何があるのか。描き切られてはいないけれど、その先は各々の想像と道徳と思考とetcに任せるということなのでしょうか、、、

シュールでユーモアのあるシーンには思わずぷぷぷと笑ってしまう、そんな劇場の一体感とともに、押し付けがましくなく提示され目を反らす事のできないひとつの社会問題。全ての人が、安心して安全に、それぞれの心落ち着ける場所で暮らせる日は、何故いつまでたっても遠いのかな。
世界が不寛容さに直面している今、こういう作品を観ると背筋を正される。
今作は傾向映画という堅苦しいジャンルに分類されているようだが随所にシュールな笑いが散りばめられており、特に寿司屋の場面は場内で爆笑が起きていた。
rtok

rtokの感想・評価

4.3
物凄く暗い話題を取り上げているのに、ところどころユーモアが挟まれていたりして監督の作品作りの巧妙さを感じ取ることができた。
あまり急展開を作らず最後までたどり着かせた感じがなかなかよかった。
sayaka

sayakaの感想・評価

4.9
立川に来るの待ってた!レビュー書いてなかったけど「ル・アーブルの靴みがき」をTVで観て絶対行こうと思って。
やっぱり好きでした、大好きだ。こんな風に自然に誰かに手を差しのべられるって本当に素敵なこと。こうありたい。
ちょいちょい挟み込まれるユーモアと切り取り方の絶妙な映像、そして音楽も全部最高でした。出てくるおじさまミュージシャンがみーんなカッコよし!
確かにカーリドは山田孝之似!
ほしの

ほしのの感想・評価

4.7
良い映画でした。見終わって感動が来て泣きました。余計なものがないというか抑制がよく効いていて、ええなぁ〜って。

シニカルなのに暖かいユーモアってあんまり見ることなくて、なんかすごいね〜って思った。

主演の人が山田孝之と似てると思った。排外主義者?(ネオナチとは違うよね多分)がフィンランド解放軍って服に書いててやるせなくなる。自分も対話とかかなり苦手なので、ヘコむというか困ったな〜ってなった。

レストランのシーンがほぼ全部好き。「寿司」ええな〜、寿司ってだけでぞろぞろたくさん入ってくる客。子犬の保護、その後で主人公発見。

「希望のかなた」のあと「バーフバリ」観ようと思ってチケットをネットで買ってたのに(開始時間を勘違いしてて、のんびり天一でラーメン食べてたら)観られなかった。だいぶ凹んだ新年1発目の映画館でした。