希望のかなたの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

3.9

あらすじ

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

いち

いちの感想・評価

-
ここまで吹っ切れた、シュールな日本描写見せられるとあんま文句言う気にもならない。アボカドディップにしか見えない山葵。銅鑼ってなんでだよ。
いしい

いしいの感想・評価

4.0
「寛容でいい国」だとみんなが言うけれど、実は、、、っていう批判と、人々の優しさの中に希望があるよ、っていう両面が上手く描かれていたように思う。
非正規滞在の人を雇ってたとか、非正規で働いてるってだけで犯罪者扱いして、移民や難民受け入れに関する根本的な議論が深まらない日本で、多くの人に見られてほしい。
moon

moonの感想・評価

4.7
自粛明け久しぶりの映画館で見た作品

自粛中にカウリスマキ作品は何本かDVDレンタルで見てすっかり心奪われていたのでスクリーンでカウリスマキが見れる!とワクワクして行った

結論から言うとこの映画、素晴らしかったです

今#blacklivesmatter運動が広がっている中で論点が違えど、この映画はすごく貴重なものであると思う

この映画で取り扱っているのは難民問題。
フィンランドは難民に優しい国というイメージもなんとなくあるが実際のところは結構な社会問題でもあり

ただこのフィンランド社会的にマイノリティになってしまう難民たちは様々な苦難を超えてここにたどり着いているであろう

この映画は難民の内情や心情にフォーカスを当てながら社会的な問題にコミカルな描写で真摯に向き合っている

今までの昔のカウリスマキの作品のような余計なセリフを排除し、あまり感情的な表情も撮らせない映像は健在。
そして音楽をとことん聴かせる演出や演奏シーンもちろんそのまま。
いい意味で統一された作家性に改めて感銘を受けた

ストーリー展開はわかりやすく、もっぱらコメディ要素が多いのでいわゆるアート系映画が苦手な方でも間違いなく楽しめる作品。


もちろん理想と現実のギャップに胸が苦しくなる場面もあるが、この映画が描いているのは間違いなく希望である。
理不尽と善意の物語。
相変わらずアキ・カウリスマキの作品は簡素で無機質ながら押しつけがましくない温かみがあって心が満たされる。それでも今作は心が痛むシーンが多くて、「ル・アーブルの靴磨き」と比べるとかなりビターなストーリーだった。

あと犬の出番が中々なくて、やっとコイスティネンが出てきた時は嬉しかった!
そしてジャパニーズレストランのシーンは笑った。日本と犬はやっぱり欠かせないのね笑
りょう

りょうの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

あれは”寿司”じゃなくて”スシ”だね
愉快な仲間たちがめっちゃいいやつら
rumrum

rumrumの感想・評価

3.3
フィンランドの難民の現状を描いた映画。
面白かった。
コメディって書いてあるけどなかなか重い話。
テンポがいいかな。
ニニ

ニニの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

2回目
希望の、かなた、希望の、向こう、大きくてもちっぽけでもこの希望(のぞみ)の先に確かなものがありますように 生きる、あなたにもわたしにもすべての人に ありったけの善意を込めてここに願う
圧倒的人気と評価の持続してる、ユニークを通り越して、型破りなスタイル・題材をウリにする、真の映画表現ここにありを宣言し続けてる作家は、「コイツは?」と(日本)デビュー当時から観てる中でも結構いる。エキセントリックか・オフビート、欧州に限っても、R・アンダーソン、グリナウェイ、トリアー、アルモドヴァル、ハネケ、ジャーマン、そしてこのカウリスマキ弟ら。しかし、商業映画の枠内のこと、実験映画と並べると妙に半端にも感じ、新奇を上塗りする新鮮度も次第に感じられなくなって、いつの頃からか(滅多に)観なくなる。カウリスマキの、無国籍な人物らも・強い北欧風土に、外し・ズレ常ながら妙にフォーマル・律儀、情感高めるを越えて自律的に内の動きを伝える音楽・歌。一般的な映画ファンの私には、うまく消化できないし、そもそもヘタウマの成果では?と下世話に勘ぐったりもしていた。
しかし、近作は稀にしか観ていないが、かなり壮重な、フィルムにしか出せない味わいを感じさせて逆の貴重感を覚える。照明を絞っての陰影の力・時にブルーグリーントーンにもなる暗部のニュアンス・赤やオレンジの鮮やかな部分、アングルの上下や左右のズラシやどんでんの都度考え抜かれ適切で・時に叩き込み感ある隙ない連ねも・図の内からのダイナミズム、動く手元や物のアップの捉え挟み確かさ、パン中心からティルト・横移動・更に縦移動も挟まるも基本フィックスを残すベース、豊かで個性的な(常連)キャラ・歌手らについてはそれを止めぬフランクで隙間ある並べの自由さを、特に本作では正道映画を上回る力として与えてくれる。いつの間にか名匠に(他作家と競作のオムニバス映画の頃からその圧倒感は感じてた)。
内容も(表面頑なで酷な面あっても内は)無知で無垢・無力な人物らが、様々な運命のアンサンブルから生まれるストレートでない奇跡の担い手になるという初期作から、世・社会の非情は変わらずも、人物らはそれぞれにかなり手前勝手な邪気を持ってて、より主体的に出鱈目・盲目的にかき回し・併さり、そこに他律的ではない未来の力が、幸福の味を越えて存在するものになっている(人物の無表情も意味が変わってくる)。終盤は、仕事の徹夜明けの体調からは、ちょっとゴチャゴチャし過ぎで辛いと思うが、悪くはない。シリア難民で、はぐれた妹捜し・再会が第一で、強制的送還からの脱出・偽ID作りにも、なりふりかまわぬ若い、偶然のフィンランドへの密航男。裏の社会にも通じた仕事をしていたが、家庭も含め全て投げ出し、独自のマネーロンダリングで、無難なレストランを買い取る初老の恰幅いい男。前者には、ユダヤ人もアラブ人も区別なく襲うネオナチが付きまとうが、彼の目的意識・家族愛には、同じく難民申請中で親身・親友となる男を始め、自然にアラブ・それを越えた人々の協力・一体感が育ってゆく。後者は、表立たないことなかれ主義で消極的に何事も半無気力に進めてくが、その我のなさは、訳ありの従業員らの積極自己主張や仕事関与を拡げ、包み込んでく。昔の仲間らもよりいきいき働く。共に、逃避行や新規店の趣向変えを、嘘だろという位、繋げてく。そこでは成功云々より、人間の主体的・半ば神に反する世界への入り込み・掘り進みが好ましさを生んでく。ふたつの流れは合流し、妹もあっさり発見・連れて来られるが、以上を受けた彼女は、更に障害から逃げぬ自己の生の実現・アイデンティティに殉じるに、感情・表情の表面を越えて向かうを疑わない。老人は家庭を取り戻し、兄は妹を見届け死んでゆく。
かつてのオフビートからそれを残しつつも、結構前向きの名作の境地に来てるのは、以前とは違う意味で今時貴重な存在と云える、に成ってる。それ自体が、半ばふざけてる面もあるが。今回の35ミリプリントは必ずしも上クラスとはいえないものだったが、それでも明晰なキレばかりが鮮やかなデジタル・DCPとは違う深み・温度・質を伝えてくれて、将来消えてく手応えもありがたく受け取った。
mrc

mrcの感想・評価

3.8
山田孝之とAMEMIYA
ワサビの量
演歌調バンドの背後にジミヘン

いろいろツボった
記録。
たまに登場するバンド始め心地良い音楽が流れる瞬間にニンマリ。
だけど今の僕にとってはどのように楽しむべき映画なのか分からなかった。。
もっと守備範囲を広げたいものです。