希望のかなたの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

色々ある難しさは理解出来ないのかもしれないけど、単純に
悪意の中の一握りの善意ではなく、善意の中の一握りの悪意。
人に寄り添える人間でありたいと改めて思った。
台風引きこもり第1弾。アキカウリスマキの青壁にまた会えた。アキカウリスマキを見た後はいつも同じ感情になる気がする。表す言葉が出てこなくて、きっと自分の知らない言葉の感情のうちのひとつなんだろうけど、このままずっと見つからないんだと思う😐子供が初めて喜怒哀楽の哀を知った時みたいな。うまく言えないけど。
文化の違いからか、シリアスなシーンなのかどうか判断できない部分が多々あった。日本ライクな監督のユーモア(もしかしたら馬鹿にしてるのかもだけど)なネタが好き
dodo

dodoの感想・評価

5.0
産まれた場所が悪いのか・・絶望にも仕込む光。
人を苦しめるも、救うもやはり人。
悲劇を喜劇に。
少し違うが、イオセリアーニや、ロイアンダーソンを思い出す。
淡々としたリズムに、絶望的な話しをも皮肉り笑いに変える感じ。
たかが人生、笑って終えられたら、それでいい。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

4.1
この監督の独特な世界観、よかったな〜。
難民問題や差別といった重いテーマだけど、終始静かに話は進む。

たまにユーモアが交じり、クスッと笑えたり、無表情で一見冷たそうな人たちだけど実は優しく助けてくれる。
じんわりと心が温まる。
来夢

来夢の感想・評価

4.7
『希望のかなた』フィンランドを代表する監督アキ・カウリスマキの新作はベルリン国際映画祭の銀熊賞受賞作。そしてもったいない引退作。
偉大な監督の引退は寂しいものです。
「ル・アーヴルの靴みがき」に続き難民問題を描いた今作。社会派であり無表情なキャラクターたちながらも、しっかりセンスのある笑いを取ってくるあたりが監督らしい。
心の隙間にすっと入ってくるような心地良さと、確かに残る問題提起。
そこにあるのは社会のために立ち上がれ、とかそういうんじゃなくて、ただ優しさなんだろうな。
シリアを脱出した主人公は、一緒に出て行方不明になった妹を探す。
たまたまフィンランド行きの船に乗り、たどりつく。
難民申請をして待つあいだ、たまたま知り合ったレストランの店主の店で働く。

なんだか、この店は飾り気がなくて、果たして儲かるのか?の感じ。
日本料理店にしてみて寿司を出したときといったら、まあ、こういう風に寿司のことを思い、日本人はこんな恰好をしていると思われているのね、と不思議な気分になった。

妹を探し出したけれど、主人公は。。。
犬とともにその後が気になる、終わり方。
フィンランドも決して難民を優しい扱いをしない。
主人公は何も悪いことをしていないのに国を追われる。
彼が国に帰ることはないのだろうな。
sae

saeの感想・評価

5.0
これからは、やさしくなりたいと思った時、この映画を思い出すだろう
minorufuku

minorufukuの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

空爆で故郷シリアの家を失った青年は、フィンランドに流れ着き、難民として職を探しつつ生き別れた妹の行方を追っていたのだが、入国審査局に捕まり強制送還されそうになる。隙をみて逃げ出した彼は、老齢の男がオーナーを務めるレストランに匿われることになるのだが…という話。

難民問題を扱っており、テーマは重めであるが、所々にユーモアが溢れており、困っている者を無償で助ける人間の善意を描いていて非常に心地よく観られる作品だった。
序盤から難民の青年の物語とともに、妻と職を捨ててレストランのオーナーとなったフィンランド人のエピソードが並行して語られ、この2人の運命が交錯するまでに上映開始から1時間かかるというテンポの遅さなのだが、それぞれの話が地味めながらも引き込まれる内容なので、退屈は感じなかった。また、日本に住んでいると馴染みのない難民の実情を垣間見ることができ、色々と考えさせられた。
国籍は違う難民同士の友情や、主人公をさも当然のように助けるレストランの従業員たちの温かさが感動的だった。終盤主人公の妹をフィンランドに連れてきた運び屋のセリフがカッコ良すぎた。
日本人が観ると途中でレストランが寿司屋に変わった際の無茶苦茶なにぎり寿司の数々にツッコミを入れたくなることだろう。ワサビの量がやばすぎる(^^)
Haruka

Harukaの感想・評価

3.7
超ハートウォーミングな不法滞在コメディ。
シリアからの難民がフィンランドで難民申請をして…
世の中甘くないという現実が立ちはだかるが、彼を助けようとする人々の温かな情がホロリとくる。
基本的にみんなずっと無表情だし、画像も暗めなのだけど、シュールな笑いをちょいちょい入れてくる。最初は「これ笑っていいのかな?」と躊躇うくらいシュール。
あのスシは日本人なら絶対笑うわ(笑)

色んな人と色んな事情があるけれど、いつもいつでも「人の情」が1番素敵。