希望のかなたの作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

3.9

あらすじ

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

lily0x0

lily0x0の感想・評価

3.8
こちらのカウリスマキ監督作品初めてです

前情報なかったけれど
ちょうど良い長さでしたし
雰囲気からして良作の匂いがして
鑑賞しました


うまく言えないけど
独特な世界観というか雰囲気
ストーリー的にも演技的にも
あまり派手な動きはないし
変に音楽で盛り上げる演出もない

じわりじわり心が温まる感じ

山田孝之みたいな俳優さん演じるカーリドが
唯一の生きる希望である妹を探すのですけど
事情を知り、情報を集めたり協力してくれた難民仲間
レストランに置いてくれたヴィクストロムはもちろん
どう見てもやる気ないわけあり従業員たちも
みんなカーリドを助けてくれる
輸送トラック🚚の運転手さんも
素敵な荷物が運べたって言ってくれたし
みんなそれぞれの生活に事情はあるんだろうけど
困っている人を助ける温かい心が自然に表現されていたなあと思いました

レストラン内のシーンは
シュールで面白いシーンもたくさんでした

料理がやけに早く出てくるのを
多国籍料理なのでって交わしてたり
(答えになってない笑)
犬隠してて、それはなんだと聞かれて
犬の名前答えたり
飲食店のくせにタバコ平気で吸ったり

日本人としてはレストランで試みた寿司のシーンも最高でした笑

シリア、アレッポのことは
娘は戦場で生まれた
を鑑賞したときに痛いほど悲惨さを目の当たりにしたので
何も知らないよりは作品に入り込めてよかったと思いました
フィンランド、アキ・カウリスマキ監督の2017年の作品。この監督はよく村上春樹のエッセイや小説の中でも取り上げられています。今回は「ルアーブルの靴磨き」に次ぐ難民3部作の第2弾です。その前は負け犬3部作がありました。カウリスマキ監督はフィンランドに入国したシリアの難民をテーマに、政府に内戦が続き危険が増しているアレッポへの帰郷をフィンランド警察に強制された男を描きます。男には国を捨てて逃げる途中で生き別れになった妹がいて、彼女を探す事と警察から逃げて市内に隠れた彼の逃亡生活を軸に物語が進展します。出てくるのは決して裕福とは言えないフィンランドの市井の人々ですが、なんと男を淡々と匿うのです。何か作風は日本の小津安二郎の映画を思い出させます。人々の「演技をしないところ」やある種の「間」が映画に独特のスパイスを加えていると感じます。決して波乱に富んだストーリーでもないし、昨今の派手な映画のようなスペクタクルもありませんが、何も予定のない休日の午後には心和む良い映画です。人が人のために何か行動を起こす時は、きっとここに描かれている様にさらりと行う筈です。恩恵を受けた方も決して卑屈にならずに。一度カウリスマキ映画を観るとハマる人はハマると思います。
みみみ

みみみの感想・評価

3.6
国がけっこう交錯してた
表情の変化が少ないけどユーモアある

何か一つでも寄りかかれる人、場所、物があれば生きる希望は見えるのかもしれないのかな、
ShoOtani

ShoOtaniの感想・評価

3.6
良い意味で普通の映画
難民映画ではない、というのが本当に正しくて哀しい
この世界と一緒に生きていかないといけないんだな……
個人の記録用

劇場での鑑賞は

封切り時にユーロスペース×2回
(当時関西在住だったけど、帰省のタイミングで)
帰省明けて関西に帰ってから、シネリーブル梅田で

に続いて、4回目。
フィルム上映で見るのは初めて。
というか映画館自体が物凄く久しぶり。
マ

マの感想・評価

-
犬がキュートすぎた、、、犬をこんなにかわいいと思ったことはない。犬種を知りたい。
あんなに優しいまなざしの犬、あれはカウリスマキかな
真っ青な海から始まってずーっと画面に青が散りばめられてて好きだった。

しかしながら前回と同じとこで寝て同じとこで起きた。私とアキカウリスマキはそういう関係なのだと悟った。
Yuko

Yukoの感想・評価

3.5
難民をテーマにこういう温かいタッチで描ける監督というのは極めて稀な気がする。

しかし一方で、主人公の難民申請が下りない場面や、収容施設での身体計測、手錠をかけられる場面など、難民の扱い方の非情さも丁寧に描かれている。

劇中の音楽は全てストリートミュージシャンが演奏している、という仕掛けになっているのだが、本当にアマチュアなんだろうか。

壁や家具の配色まで含めて、色味がいい。
misa

misaの感想・評価

3.9
数年ぶりの映画館でのカウリスマキ。

強い影を落とした、存在感の濃い登場人物たち。

取り上げていた問題はシリアスだったけど、シニカルな描き方、色の鮮やかさがやっぱり大好き。

難民問題に関してなんの知識もなく、描かれていたことを根幹から理解出来ていなかったかも知れないけど、きちんとその題材や国のマクロな情報を理解してみようと思えた映画でした。
とても幸せな映画だった。シリアスな要素もカウリスマキの手のひらに温められてこねられてわたしたちの中に眠る偏見のかたまりをやわらかくする。ひと握りの優しさの寄せ集めは、ひとりの大きな希望にかわる。
物の置き場とか人の立ち位置とかに至るまで全てが美しくておかしくって愛おしい。目に映るものこだわって計算され尽くした感じとても好き。

主張したいことって何かと鼻息荒くなりがちだけど、肩肘張らずにゆったり緩くても伝えたい気持ちはしっかりと伝わるのね。
ずっと大事にしたい宝物のようで、でも独り占めしたくない、みんなでシェアしたい作品だった。
isjm

isjmの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

シリア難民であるカリードが直面する差別や暴力、逃げ延びた先のフィンランドですら見捨てられてしまう非情さ、彼に手を差し伸べる市井の人々の優しさがとにかく淡々と描かれている。
テーマは重いものであっても、レストランで働く人々の優しさとユーモアが対比的にあることでその悲壮感は少し削ぎ落とされているように思う。

登場人物の表情、体の動きが極端に少なかったのが余計に笑いを誘った。あとみんなめちゃくちゃ煙草吸いまくる。