希望のかなたの作品情報・感想・評価 - 65ページ目

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

askQ

askQの感想・評価

4.5
さりげない優しさが、あとからじんわりくる作品。すごーくよかったし、考えさせられた。誰かを受け入れることは、自分を受け入れることでもあるんだな。

命からがら、なんとか祖国シリアを抜け出したカーリドを待ち受けていた現実は過酷。「情勢はそこまで不安定ではないから」と、問答無用で強制送還なんて、命を再び危険にさらしなさいと命令することと同じ。

だけど、そんなカーリドに手を差し伸べるレストランの面々や、収容施設で出会った友人など、まだまだ世の中捨てたもんじゃないと思わせてくれる希望の光たち。

欲しいものは、大好きな人たちとの平穏な暮らし。「みんなで救う」のキャッチコピーしかり、誰かの気持ちに寄り添える自分でいたいとつくづく思った。

寿司のシーンは爆笑。和装と壁のジミヘンポスターのシュールさ!ワサビ盛り盛り寿司を食べさせられたお客さんたちを見送るメンバーたちのせつなさったら…。
カウリスマキ作品独特の「間」は、今作でも健在だった!

監督おなじみの、ジュークボックスとバンド演奏と無表情な顔。ヘルシンキは行ったことない街なのに、なぜだかいつも懐かしい気持ちにさせてくれる。こういう気持ちは、国とか関係なく、根底に流れてるもんなんだろうな。
OWeeeeN

OWeeeeNの感想・評価

3.8
相変わらずやってることは同じのカウリスマキですが、今回はシリア難民がテーマだったことで、その監督性との相性はもちろん抜群。難民もポンコツ市民も同じ同じ目線で描く優しさがたまらなかったです。それも毎回同じ感想ではありますが(笑)

ジムジャームッシュ、アキカウリスマキ好きの僕にとっては、2017年はこの2人映画が見れるだけでもたまらなかったです。
でも大阪は2018年公開だったんですよね。そういうのやめて(笑)
鰻

鰻の感想・評価

3.8
はぐれた妹を探しながら難民生活を続けるシリア人青年と新しくレストラン経営を始めたフィンランド人男性の物語。
シーン1つ1つが美しく、人の配置などにこだわりを感じた。主人公の表情も印象的。
ただ、見ごたえはあまりなし
劇伴も少なく、あっさりとした印象
shogo

shogoの感想・評価

4.0
過去は暗くても、未来は明るい映画。

カウリスマキの作品の中でも指折りの喜劇。
Roygbiv

Roygbivの感想・評価

4.5
大阪と東京の、公開タイムラグ本当にやめてほしい。

学生時代にカウリスマキ映画を見漁った身としては、リアルタイムでカウリスマキ映画を見られるというだけで感無量。かつて彼の映画を彩ってきたカティオウティネンはじめ役者がバンバンでてきて、ニヤッとさせられた。レストランで働く彼は間違いなくマッティペロンパーを意識した配役(髪型?)だろう。

相変わらずのシュールなユーモアと社会的弱者の描写、そして社会におしつぶされそうになりながらも感じることのできる、ほんの一欠片の幸せ、希望。ぼくにはこういう映画があればもう充分だし、こういう作品をまだまだ撮り続けてほしかった。アキさん、あなたは僕好みの映画を撮ります。
シリアの内戦で家を空爆され、難民としてフィンランドへ逃げてきた主人公カリードのお話。
空爆を受けて妹以外の家族を失ったかリード。はぐれてしまった妹を探しながらもフィンランドで難民申請をして暮らそうとするが却下されてしまう。国として受け入れる難しさ、地元の人間の反発。
何度も差別を受けたであろう難民収容施設の覇気の無い人達。いつまでも変わらない待遇や内戦で荒れた祖国。強制送還に怯える日々。
カリードは明確な妹を探す明確な理由があったから力強く生きようとする姿が未来を切り開いて行く。
雇ってくれた店主や従業員の優しさ、仲間同士の助け合い。困っている人を助けるシーンが多く、時に笑えるシーンもあり、人情味あふれる映画でした。
ちえ

ちえの感想・評価

4.0
ストーリー以前に見ていていい気持ちになる映画。音楽がとても効果的だった。
外は雨

外は雨の感想・評価

4.1
カウリスマキの映画の小さな物静かな可笑しさ。おかしくて優しくて、その分だけ悲しくなってしまう。

「ルアーブルの靴磨き」も難民を描いていたけど、今作はより苛烈だ。シリアの空爆から逃れてきた男とレストランの人々と犬。殆どの人は善人で優しい。殆どの人は。彼が犬と一緒に見たのは、希望だといいな。

難民問題はとても難しい。その土地に暮らしている人にも、やってきた人にも、どちらの側にも善人もいれば悪人もいる。難民の数は増え続けその土地に暮らす人の築いてきた生活を壊すことになっているのも現実だ。

ただ現状ISは衰退してきており、シリアの復興が進んで、彼らが妹のように「自分の名前」で国に帰れる、それが一番の「希望のかなた」かもしれない。
MihoK

MihoKの感想・評価

4.0
一度飛行機の中で観ていたし、とは思ってもやはり劇場で観なければ。
ISAO

ISAOの感想・評価

3.8
けっこうコメディコメディしてるけど静かだし登場人物誰も笑わないからリアクションに困る