まいこ

すばらしき映画音楽たちのまいこのレビュー・感想・評価

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)
-
映画音楽が誕生して観客に届くまでの知られざる制作過程について、豊富な作品群を題材に描いた貴重な音楽ドキュメンタリー作品。

脳みそがパブロフの犬状態なので、名作とその劇伴が流れる度に感動してしまう。『Fury Road』と『インセプション』を流しちゃったら鼻水止まらなくなるんですってば!『ロード・オブ・ザ・リング』のフレーズも、勢いで旅に出ちゃうから!『ハリポタ』もホグワーツ行きたくなっちゃうから!!!!
その感動を思い起こしながら、裏側を知ることが出来るなんてもうお腹いっぱい。アイデアから曲を生み出して、映像に奥行きを持たせるなんてそう簡単な仕事じゃないというのが多くのインタビューで伝わった。映画史にもっと詳しくなりたくなる。


以下५✍( '▿' )メモ
最近映画を観て、鳥肌立ち瞬間風速最大だったのはJDWがはしご車鷲掴み「TRUCKS IN PLACE」、エンディングの「THE PLAN」(※追記20210310「Beautiful World」も心動かされました)。
鳥肌が立つ度に映画音楽ってスゲーや!って思うけれど、作っている方もそれを目指してるって聞くとなんだか嬉しい。
オーディオ機器を集め始め、自分なりのホームシアター環境(プロジェクター式が嫌いでモニターで観ることは譲れない)を自宅に作り上げたのですが、ますます音と映像ににこだわって映画を観たくなったんでこれはもう際限ないですね。オススメのスピーカー等ありましたらお聞かせください☺️✨