nutaki

すばらしき映画音楽たちのnutakiのレビュー・感想・評価

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)
4.0
映画音楽の歴史や作品の制作過程などを、作曲家のインタビューを交えつつ紹介するドキュメンタリー。
メインで紹介される作曲家は『ジュラシック・パーク』『スター・ウォーズ』『ハリー・ポッター』のジョン・ウィリアムズ。
『ダークナイト』『グラディエーター』のハンス・ジマー。
今まで焦点を当てられることが少なかった映画音楽の話が興味深かった。
ただアメリカ人が好きなヒーロー・戦士ものが多いのはチョイスが偏っていた気もする。
また音楽の流れる映像が映し出されるが、ラストシーンなど重要なシーンは観てない人には如何なものかと。
古くてあまりにも有名な作品はともかく、『インセプション』などは結構見ていない人もいそうだし。
ミュージカル映画好きの母に映画館に連れられて観たのが映画を好きになったきっかけの私は、映画音楽が大好き。
映画を印象付けるのは音楽が左右する、というセリフがあったけどまさにその通り。
名作と言われる映画の多くはテーマ音楽が良かったり、優れたミュージカルのことが多い。
その曲を聴いただけで感動的な場面が蘇ったり、心踊ることも少なくない。
エンドロールでキャメロン監督が現れ、飛行機事故で亡くなったジェームズ・ホーナーが『タイタニック』を作曲した時の逸話と共に、レオがスケッチするシーンが出て来て、最後の最後に泣かされたわ。