はま

すばらしき映画音楽たちのはまのレビュー・感想・評価

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)
3.7
WOWOWで結構前から何度か放送があって気になってたんですが、HDDの容量も一杯だったしスルー… という感じで、でもここでフォロワさんたちがたくさん素晴らしいレビューを書かれてたので、俄然気になってしまってやっぱり観てしまいました。

素晴らしいですね(泣いた)

映画をよく観るようになってからはやっぱり舞台裏とか制作に関することも興味があったので、これまでも映画音楽に関することは関心がありましたが…
この作品で改めてその素晴らしさと、重要さに気付けました。

メインテーマで個人的に好きなのは『ロード・オブ・ザ・リング』。この作品でも少し触れられてて、その瞬間に涙がブワッと溢れました(笑)
あの曲を聴くと、その曲が流れてる瞬間だけじゃなく映画全体の世界に入り込んでしまって、勝手に泣いちゃうんですよね…。

それは多分個人的な思い入れが強すぎるからというのもあるけど、この作品を観ているとそういったメインテーマだけじゃなく、ふとした瞬間に流れているものにもフォーカスを当てていて、知らず識らずのうちにこんなに耳にしている音があるのか…とビックリもしました。

音がない映像と、音がついた時の映像。
あまりにも印象が違いすぎて、映画を観ていて当たり前についている音の一つ一つに意味があること、分かってはいたけど…。
「あの映画のあのシーンも、音楽が違えば印象が全然違っていただろうな」と考えると面白いです。

作曲家一人一人にしっかり色があるのも良いですね!
やっぱり贔屓しちゃうハワード・ショアとハンス・ジマー☺️ インタビュー沢山あって嬉しかったです…!
他の作曲家がその人のことを語ってくれているので、客観的な感想を聞けたのも良かったです。確かにハンス・ジマーは力強い…!
ダークナイトもだけど、ベインのテーマはすごい頭に残ってるなぁ。

録音スタジオのこともチラッと紹介されていたし、かなり豊富な内容の作品だったと思いました。
あー、観て良かった。