ネルエル

すばらしき映画音楽たちのネルエルのレビュー・感想・評価

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)
3.5
子供の頃に、この映画の音楽を手掛けている人は誰なんだろうと、映画音楽に興味を持たせてくれたのがジョン・ウィリアムズ。その存在は偉大なんだなと改めて感じた。
他にも色々な作曲家たちの特徴や与えた影響が映画のシーンと共に語られて、思い出しながらも新鮮だった。
映画音楽の成り立ち、曲が持つ役割の重要さや奥深さが実感できたり、作曲家の苦悩や重圧などもあり最後まで興味深い。

最近感性が鈍ってきたのか、鳥肌立つような映画音楽に出会うことが少なくなってきたけど、またいつかそんな曲に出会うのが楽しみになった。