SonokaSadamori

すばらしき映画音楽たちのSonokaSadamoriのレビュー・感想・評価

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)
4.5
非常に評価がむずかしい。

ドキュメンタリーであり、映画音楽の教科書のような映画。
この分野に興味のない人にとっては、波のない仕上がりに満足しないかも知れないが、興味のある人にとっては興奮しっぱなしの映画。
もちろん、自分は後者なので高評価だし、今までにこんな映画はなかったという意味でも唯一無二の作品にこの点数をつけたい。

はっきり分かったのは、ジョンウィリアムズは本当の天才で、現在映画音楽界の間違いなくトップに君臨するハンスジマーは(ジョンウィリアムズに比べて)努力の天才であるということ。
作中でハンスと何人かが口にしていた「曲を作るときは本当に怖いけど、良いものが出来上がったときはそれに遥かに勝る感動がある」というのを聞いて、あんなに偉大な人たちも怖いと思うこと、自分と同じ感覚があることに涙がこぼれた。

好きなものを追求する時には常に不安がつきまとうし、未知な世界ほど怖いものはない。
だけど成し遂げた感動は怖さで震えるよりも何倍も震えて、その震えがこれ以上ないくらいに心地よいことを、きっと彼らは知ってるんだろう。
そんな世界で戦えたら本当に幸せだと思った。


関係ないけどハンスジマーがいい声過ぎて人類好きな声選手権1位になりました。