あや

すばらしき映画音楽たちのあやのネタバレレビュー・内容・結末

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます

ひぃぃ……興奮した……!!!
今までありそうでなかった、映画音楽の作曲家たちのドキュメンタリー作品。
映画館の音響で観れて良かった…!!!

映画音楽を爆音で聴くのが大好きなのですが、それはまさに「映画の感動が音楽の力で蘇るから」。映画音楽を耳にするだけで、その映画の世界が目の前に広がるあの感じ!最高に痺れます。

鳥肌が立ち、アドレナリン全開で、ワーーーー!と叫びだしたくなる興奮と感動。映画音楽って素晴らしい!!!と改めて。

あんなふうに脳内を刺激されていたのかと、とても興味深かった。神経学者に「音楽は科学を超える力を持つ」と言わしめるのも、最高に格好よかった。

『タイタニック』の持ってき方が最高にずるい。あんなの反則。完全にやられました…。言わずもがなの『E.T.』フライイングシーンも最高かよ…。一昨年の夏、フィルムコンサートで生のオーケストラ演奏を聴いた時の感動を思い出しました。ハァ、最高だったな…。幼い頃から繰り返し観た『ジュラシックパーク』は流れ出した瞬間あまりの幸福感にクラクラしました。

辞退すると電話したくなる衝動に駆られるとか、トイレの個室で鼻歌を盗み聞くとか、天才と思える人たちの人間らしい一面にほっこりしました。(本人たちにとっては相当の重圧があるのでしょうが。)
一方で、ジョンウィリアムズから漂う天才レジェンド感(笑)偉大な作曲家たちがジョンウィリアムズをめちゃくちゃ意識してたのも興味深かった。

欲を言えば、もっともっと取り上げてほしかった作品が沢山!あぁ、あれもこれも素晴らしいのに!!って(笑)
伝説の作曲家といえば、ディズニー映画の神様アランメンケンでこんな類のドキュメンタリー映画をいつか観てみたい。

もう一度観たくなった映画、やっぱり一度は観ておこうと改めて思った映画がいっぱいの90分。
映画音楽を聴くのは好きなのに、その作曲家となると、ジョンウィリアムズやハンスジマーくらいしか知らなかったな。充実した内容のパンフレット、これからの映画鑑賞でも活用していこう〜。

とにかく耳が幸せで、作曲家たちのプロフェッショナルな真摯さに胸打たれました。
映画音楽に携わる全ての人に敬意を表したい。