nam

すばらしき映画音楽たちのnamのレビュー・感想・評価

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)
3.7
「映画にとっての音楽は感情の潤滑油」

映画音楽を題材にしたドキュメンタリー。
アカデミー賞音楽賞などを受賞した作曲家などを中心に様々な関係者へのインタビューや映画のワンシーンによる構成。

1つの題材というよりは映画音楽の歴史を語っていきます。無声映画に劇場で生演奏していた頃から現代までの歴史の変遷が分かります。

誰もが知っている映画の音楽や自分が知らない作品までプロたちが語っているのはかなり参考になります。

印象的だったのはジョン・ウィリアムズとハンス・ジマー。ジョン・ウィリアムズは『スターウォーズ』や『インディージョーンズ』など誰もが知っている映画音楽を作り、プロたちからも天才と尊敬され、時代を変えたとも言われている

ハンス・ジマーは『ライオン・キング』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズや『ダークナイト』などのノーラン監督作品が印象的で、彼もまた天才かと思いきや、毎回産みの苦しみを持っていたりと、彼の口から聞けたりもします。

映画に詳しい方も詳しくない方も映画をより楽しむ1つの側面としての映画音楽を知れるのでおススメです。