むぶどん

すばらしき映画音楽たちのむぶどんのレビュー・感想・評価

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)
4.0
様々な映画作品の音楽を作り上げてきた作曲家たちへのインタビューを、作品の一部の引用やレコーディング風景などを交えつつまとめたドキュメンタリー。あんな作品やこんな作品の音楽を担当した作曲家たちの悩みや仕事に対する姿勢が見えて面白かった。ジョン・ウィリアムズはやっぱり作曲家の間でも天才扱いと……一時期ドハマりした『インディ・ジョーンズ』やら最近になってようやく観た『ジュラシック・パーク』やら、未だに観られていない『スター・ウォーズ』に『ジョーズ』、『E.T.』でさえも、メインテーマはワンフレーズだけだとしてもしっかり頭に焼き付いてるからなー。そしてハンス・ジマーは思ってたより優顔でしたね……。『ダークナイト』のラストでめちゃくちゃかっこいいエンディングへの導入を実現させた彼でも「自分には出来ない」と悩むこともあるんだなぁ。『ダンケルク』も最高でしたよ。
全体の構成としては映画音楽史を振り返るようなもので、各作品の有名なシーンを音楽とともに流すことで未見の作品に興味を持つ良い機会にもなった。ただ、『E.T.』と『インセプション』に関しては結末のネタバレをさらっとまるっと言っているので注意。ネタバレを防ぐ意識が足らんかった……!(どちらも未見)
この作品内で挙げられたものだけでなく、もっとたくさんの映画を観た後にもう一度観てみたい。その時は観かたも理解度もまた別のものになっている、といいな。