七沖

すばらしき映画音楽たちの七沖のレビュー・感想・評価

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)
4.0
〝名作に名曲あり〟
映画好きでこの作品が嫌いな人はいないと思う。

映画の印象深いシーンには、いつだって映画音楽があった。作曲家たちの想い・こだわりを追ったドキュメンタリー作品。

自分は『ミッションインポッシブル2』公開時、CDショップにリンプ・ビズキットによるテーマソングが収録されたサントラではなく、純粋にBGMのみが収録されたスコア盤を買いにいくくらいには映画音楽が好きだ。ちなみに店員さんには「こちらスコア版ですがお間違いないですか?」とレジで確認された。当時は「あえてスコア盤を買いに来たのだからそんな野暮なこと訊かないでくれ』と思ったものだが、今にして思えば気がきく親切な店員さんだった。

本作では、時代の移り変わりに応じて映画音楽の中身も変わっていく様子が分かりやすく描かれている。
『ロッキー』のインパクト、『ロード・オブ・ザ・リング』のテーマ曲の馴染ませ方、『サイコ』の音楽の有無による緊張感の違いなど、映画音楽の力を感じられる説明が目白押し。これほど考えつくされて音楽が作られていたとは!
昔から分かっていたこととはいえ、やはりジョン・ウィリアムズは偉大だった。同業の作曲家たちがこぞって彼を絶賛している様子を観て、改めてジョン・ウィリアムズの凄さを認識できる。

観たことがない映画がいくつか引用されていたので、近いうちに観てみようと思う。映画音楽の素晴らしさを再認識できただけでなく、新しい映画との出会いすら運んでくる素晴らしい作品だった。


ちなみに自分がベスト映画作曲家を5人挙げるとしたら、ジョン・ウィリアムズ、ハンス・ジマー、エリック・セラ、伊福部昭、服部隆之…だろうか。