ToshiyaYokota

すばらしき映画音楽たちのToshiyaYokotaのネタバレレビュー・内容・結末

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます

○ドキュメンタリーであり、メイキングでもある、映画音楽作家にスポットを当てた貴重な映画であった。

○一応はサイレント期から現代を巡るように、その時代を彩った映画音楽家たちが相次いで登場する。約90分と短い上映時間のため、紹介しきれなかったであろう作曲家や音楽は多数あったであろう。あの作曲家は、あの音楽は取り上げられるのだろうかと胸を躍らせながら鑑賞することができた。

○今作で映画史に残る作曲家としてスポットを当てたのはジョン・ウィリアムズとハンス・ジマーだった。この二人に限らずだが、彼ら一人を取り上げたドキュメンタリーを作ってほしいくらい。

○なかなか出てこないなと思っていたジェームズ・ホーナーは最後の最後にジェームズ・キャメロン監督のコメント付きで登場するとは。彼にしてもヨハン・ヨハンソンにしても急逝する作曲家の音楽はもっと楽しみたかったし、これからの音楽家たちにも大いなる期待をしたい。