ミミック

すばらしき映画音楽たちのミミックのレビュー・感想・評価

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)
3.8
・無声映画から『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』まで映画音楽の歴史をざっと総ざらい
・音楽は"人が触れられない唯一の芸術"とは良くいったもの
・『007』シリーズや『未知との遭遇』『ロッキー』のように、名作と呼ばれるものには短くて印象的なフレーズがある
・ギターの音一つだけで西部劇というジャンル全体を印象づけることもある
・『サイコ』のシャワーシーンで有名な、甲高いバイオリンの音色がもたらす恐怖の効果
・『ジョーズ』『スター・ウォーズ』『インディ・ジョーンズ』『E.T.』などのスコアを手掛けたジョン・ウィリアムズの功績は映画史に多大な影響を及ぼす
・教会を改装して作られた海外の音楽スタジオが興味深い
・80年代に入ってパンクミュージックやシンセサイザーの台頭が見られる
・2000年代を中心に『パイレーツ・オブ・カリビアン』『ダークナイト』『インセプション』などを手掛けたハンス・ジマーの活躍も記憶に残る
・名作の音楽のメイキングを沢山見られて満足