みきちゃ

すばらしき映画音楽たちのみきちゃのレビュー・感想・評価

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)
4.5
満足度めちゃくちゃ高い。映画スコアの製作過程や録音風景、あの有名な映画スコアの裏側、音楽を担当した方々の生の声。贅沢にたくさん見せてくれた。大好きでないとやれないっぽい映画スコアの製作にあけくれる音楽狂の人々が、大好きな映画音楽について語ってくださってて、そんなの見てるこっちも楽しいにきまってた。音楽大好きなわたしには珠玉のドキュメンタリーだった。

『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』の、あのアガる熱いドラム音が作り出される様子。はーーーとなった。

『ロッキー』のテーマ曲がかかるとあっさり泣きそうになったし、『アメリカンビューティー』の曲が始まるとエモくてたまらなくなった。

『E.T.』の音楽について語るジョン・ウィリアムズとスピルバーグのインタビューはお宝。

先日観たばかりの『タクシードライバー』でとても重要だった音楽を作り終わるや亡くなったバーナード・ハーマンが、同業者からすこぶる尊敬されてる様子に胸があつくなった。

ハンス・ジマーがあんなええ声とはww 人間味溢れてた。好きになっちゃったのはワイスピシリーズに長く携わってはるブライアン・タイラー。音楽を任された『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』を現地現物するために劇場へ脚を運ぶあの一連の行動。プロ意識。

スタジオミュージシャンて仕事があることを知ってたかった。そんなんあるって知らんかったもん。なれたかわからないけどせめて目指してはみたかった。

毎年みてもきっと飽きない。

名作映画に名曲あり。