boringman

すばらしき映画音楽たちのboringmanのレビュー・感想・評価

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)
4.0
映画音楽の歴史と進化を、映画の映像と共に振り返る事でどういう風に作曲したのか録音したのか、理解出来ました。
個人的にはデヴィット・フィンチャーの作品でスコアを手掛けたトレントレズナー、アッティカス・ロスのインタビューがあったのは嬉しいサプライズ。彼らが作ったスコアがいかに凄いかを違うミュージシャンからの視点で語られていたのが印象的。