すばらしき映画音楽たちの作品情報・感想・評価

「すばらしき映画音楽たち」に投稿された感想・評価

渋谷 シアター・イメージフォーラムにて。
大感動しました!

なんとも素晴らしく、映画、音楽、オーケストラ好きにはたまらない、最高に興奮できるドキュメンタリー映画です!

音楽家達の映画音楽にかける情熱や愛が、もうヒシヒシと伝わってくるわけです。しびれました。
私は楽器を吹くため、とても感情移入して見入ってしまいました。
映画音楽は、たくさんの想いが詰まった、形のない芸術なのです。

”名作に名曲あり”
まさにその通り。
名作の映画はどれも音楽がとても印象的。
むしろ音楽が作品を名作にしているのでは、と思ってしまうほど。
特に『サイコ』のあの有名なシーンのお風呂で殺されるところ。
本編の中でも言っていたけど、あの奇妙で音楽とも言えない音がなければ、ただの映像が乱れてよくわからない、女が悲鳴をあげている映像だけ。
だけど、あの耳障りなキンキンなる音楽があるから、恐怖を駆り立て、見ている方に衝撃を与えるのです。

映画音楽の魅力をただひたすら語る音楽家たちを見ていて、本当に偉業を成し遂げているんだなぁと感じます。音楽が与える影響力って、本当にすごいです。
この映画を見て本当によかった。
音楽こそが、映画の魂なのだと、改めて痛感しました。
音楽の力を目一杯目の当たりにした90分でしたね!

感動して泣きそうな部分もありました笑

そしてとにかくジョン・ウィリアムズが伝説の音楽家ということを再確認することができました!
とみた

とみたの感想・評価

4.0
音楽や音がより映像を楽しませてくれてるんだなと改めて実感しました。
音って大切だなーと
逆に無声映画ってすごいんだなーと
Rocket

Rocketの感想・評価

3.9
80年代に子供だった私にとって、大ヒット映画とその音楽はずーっと記憶に残っています。

それらの制作過程を覗き見ることのできる本作は、貴重な作品。
近所のTSUTAYAに在庫がなかったけど、アマゾンでオンラインレンタルした甲斐がありました。
高水

高水の感想・評価

3.0
こうした作品大好き。
音響のいい映画館で見たので最高だった。
ハンスジマーがいっぱい出てきて嬉しい〜
ジョンウィリアムズが神さまでしかない
ちの

ちのの感想・評価

2.5
映画の世界観を作る上で欠かせない映画音楽に対する音楽家たちの拘りを描いたドキュメンタリー作品。映画音楽が映画の印象をどれだけ左右しているか、その影響の大きさを実感することができる。また、理想の音を求め、そのためなら既存の奏法などにとらわれない、そんな映画音楽家達のポリシーが垣間見え、映画音楽をやる立場の者として、作品理解の重要さを肌で感じることのできた作品だった。
シンプルに観てて聴いてて楽しい。
知ってる音楽ばっか流れてくるし、記憶に残る音楽はいつも新鮮。
大衆映画は万人ウケするように作られてるだけと思われがちだけど、こうやって常に最先端のところで新たな試みを仕掛け続けてると感じた。

あと、オバマが演説で音楽無断使用してたのは草
Tveitster

Tveitsterの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

映画に音楽は欠かせない。
でも、音楽はただの空気の振動でしかない。
ハンスジマーさんやっぱり好きだなぁ。皆さん死ぬ気で作曲してるのが伝わった。だから、あんなにも名曲が産まれるんだね。
昔の映画館のオルガン?もとっても素敵だった。
ここの基本情報に音楽担当も出るようにして欲しいなぁ。
Yukino

Yukinoの感想・評価

4.0
少し期待しすぎたが、満足できる。
有名な映画音楽を、歴史を追ってざっと見てくようなスタイル。ハンスジマー、ジョンウィリアムズなどの著名な作曲家にもスポットを当てていく感じ。

オバマが「タイタンズを忘れない」の音楽を大統領当選の際に無断使用してて、でも使われて嬉しかったって作曲家が語るエピソードが好き笑

私の大好きな映画音楽の作曲家アレクサンドル・デスプラが5秒だけ出てたのに触れられなかったのが残念!!!本当に素敵な音楽ばかり作曲される方なのでぜひ!!(イミテーションゲーム、ハリーポッター、リリーのすべて、ウェスアンダーソン作品はほとんど)
>|