すばらしき映画音楽たちの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

「すばらしき映画音楽たち」に投稿された感想・評価

楓

楓の感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

"すべての映画好きたちへ"
"すべてのFilmarkerたちへ" 贈る一作。

\今年で1番観たかった映画/

2年以上の時を経て、ようやく観れた感動の瞬間。わざわざ自由ヶ丘のTSUTAYAまで借りに行きました👣

大学生のうちに映画を、とにかくたくさん観ようというマイルールをつくり、気づけば400本以上観てきたけれど、本当に音楽と映像あっての映画🎞

たくさん観てきた後だと、あぁ〜この映画のこの音楽!と懐かしい瞬間がたくさんあり、なんだかこの2年間を振り返りつつ、作曲家のコメントを聞くのは面白い。

ジャケットに錚々たる名作達が並んでいるので、映画好きには是非観て頂きたい。

音響心理学とか知ってたら、もっと面白く観れたかな〜〜〜 。人間の脳とか感覚、五感って不思議だけど素晴らしい。
やっぱりこの世で最高の職業といったら、artistだと私は思うのですが、どうでしょう?

私が1番好きなのは、Titanicのあの優美な世界観で、出てくるかな?出てくるかな?と期待するも出てこず…。
期待も忘れかけたその瞬間、最後のエンドロール…!!!

そうか映像に音楽を重ねるとは、こんなに崇高で美しいのだと、スーッと涙止まらず。
Titanicは映像の美しさも、音楽の儚さもどれを取っても、芸術作品の傑作だと私は思ってます🛳🌌


結論: 映画好きにはオススメよ
幸せすぎる90分!!!!!
日頃から映画音楽ばっか聴いてる私にとってはたまらない作品だった!
やっぱりジョンウィリアムズ、ハンスジマーは神様。もちろんダニーエルフマンの誰にも真似できない美しいメロディも堪らなく大好き。オインゴボインゴ流れた瞬間の感動半端なかった、、( ; ; )
これから先も素晴らしい曲が映画と共に沢山生まれ続けるんだろうなあ、、
映画が好きって本当に幸せ。
劇中で紹介された映画全部見たい。(見る)
終始鳥肌でした!
hiramo

hiramoの感想・評価

4.4
映画みるのが何倍にも楽しくなる映画!!!
映画の中でも言ってたけど、音楽って実体がないのにこれだけ人々の心に残ったり感動させたりして、ほんとにすごい!てあらためて思った。普段映画の音楽って余程有名な曲じゃない限り意識して聴いてなかったけど、ひとつひとつその場面に合うようにとか、テーマ曲だったらその映画を表して尚且つ観終わったら頭に残ってるような曲をつくるとか、映画音楽家って……すごいな……
映画がもっと好きになった!ルールはひとつ、ルールはない!!かっこいい!!
佐

佐の感想・評価

-
映画音楽のオーケストラ達は初見で弾けちゃうなんて、凄すぎる。。
b

bの感想・評価

-
有名な音楽映画から最近の映画までのことを映画の音楽監督にフォーカスおきながら作り方などを追ってく映画。映画音楽が好きだからものすごく面白かった
moe

moeの感想・評価

3.8
映画好きには堪らない作品。
おもしろい!すごく興味深いドキュメンタリーだった。こうやって映画音楽は作られてるんだな~とか、BGMひとつだってたくさんの人達がたくさんの時間をかけて作ってるんだな~ってずっとわくわくしてた。
これから音楽にも意識してみたいと思った、映画の見方が変わりそう。
Chubby

Chubbyの感想・評価

3.2
勉強になりまちた^ ^

やぱトレントさん、かっこいいい

観直したい作品増えたなw
たまらん!

映画音楽史のドキュメンタリーで
本当に素晴らしい映画と、音楽の歴史を感じられる作品

いやほんと素晴らしい
映画好きとしては手元に置いておきたい作品
阿呆

阿呆の感想・評価

4.0

まだ未観賞作品があるなかでも文句なしに面白い!

自分が鳥肌立つものなら、
他人も鳥肌が立つ

詰めて詰めて探して探して
オーケストラ版のウクレレみたいなイメージで、爪で弾くようにできる?
って提案したあとに産まれた
音楽が最高すぎて、あの発見には鳥肌

作り物の映画が、無声音であるとどれだけ嘘のように見えてしまうか改めて驚いた
「サイコ」や「キング·コング」の無声やばくないですか?ほんとに対して怖くなくて笑った

"映画音楽"ってジャンルに今まではあまりピンと来なかったけれど、これをみて尊敬しかでない
こんなん日常的に聴いたら不愉快なだけだ
って例、あれがめちゃめちゃわかりやすい

感情を音楽にのせる
それがすごすぎる
んだけど、これみたあとって
なんだか自分でもなにか表現できそうな気がしてくるんですよね!笑
絶対難しいんだろうけど、でも、
「ルールはたったひとつ。ルールはない。」
そんな言葉と、見たことないような楽器
全員が、プロだろうと、一度一度がゼロからつくりあげていく
そんな恐怖と戦って、嫌にならずに、作り続けていく彼らはやっぱり天才なんだろうなぁ、最高
映画音楽のファンとしては嬉しい映画だけど、ドキュメンタリーとしては別に。
>|