すばらしき映画音楽たちの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「すばらしき映画音楽たち」に投稿された感想・評価

恭介

恭介の感想・評価

3.8
映画好きにはたまらないドキュメンタリー

監督の演出
俳優の演技
照明の効果など

現場でワンシーンの為にスタッフが
持てる力を存分に発揮し、苦労して
創り上げた映像を活かすも殺すも
音楽次第、というのがよく分かる。

分かりやすくいうと、私の生涯最高傑作の
ジョーズ。海の中から泳いでいる人の
足に向かってゆっくりカメラが近づいて
いくシーンを想像して欲しい。

パッと頭に流れてくるのは、ジョン
ウィリアムズのあの音楽。
デーデン、デーデン、デーデン・・

さて、あの音楽の替わりに宮崎駿の映画、
ポニョの歌を流してみたらどうだ?
ポォーニョ、ポニョポニョ・・・

映画史に燦然と輝く傑作が、ドリフの
大爆笑に早変わりだ(笑)
まぁ例えが極端だが、音楽によって
それほど映画の印象が変わってしまう。

本作には既に故人である方から、今現在、最前線で活躍している方まで、一度は耳にした事がある素晴らしい音楽をクリエイトした偉大な音楽家達が大挙として出演している。

ロッキーやスター・ウォーズで高揚し
ジョーズやゴジラに戦慄を覚え
007やミッション・インポッシブルで
運転が荒くなり(笑)
ゴッド・ファーザーで哀愁を感じる。

これらの曲はシーンの映像を抜きに
しても、聞くだけで鳥肌がたつ。
それ程、音楽の効果は凄い。
だからこそ、映画を台無しにしてしまう
可能性もある訳で、今や巨匠の位置に
いるハンス・ジマーでさえ、未だに引き受けた後、怖くなり後悔するというコメントには説得力がある。

個人的にツボに入っているのは
ジマー初期の傑作スコア、バックドラフト
と名匠ビル・コンティのライトスタッフ。
聞くだけでワクワクし、鼓動が高まり
高揚してくる。
あ、地味にチャック・ノリスのデルタ・フォースも好きだ(笑)
あ、それと少年の夢が詰まったトンデモヘリコプターアクションのブルーサンダーとかも(笑)

と、いう感じで、多分皆さんも作品の
良し悪しは別として個人的にツボな
映画音楽は必ずあるはずだ。
そんな素敵な音楽を創造している音楽家
達の話を聞ける絶好のドキュメンタリー
なので、一度ぜひ。

印象的だったのは、ジェームズ・キャメロンが語る、故ジェームズ・ホナーとの思い出話。涙が出そうになった。
自分はタイタニックより、同じくキャメロンと一緒に創り上げたエイリアン2の血湧き肉躍るスコアの方が好きだけど(笑)
記録5.08
ただの映画音楽史のドキュメンタリーじゃない!個人的にはめっちゃ響くものがあってすごく好きでした!!
映画好きの方にはぜひ見て欲しい1本に推薦します👍
映画をより楽しむためのドキュメンタリー映像といった感じなので、これから観る映画や、繰り返し観ている映画でも、これを観てから観るときっと違う見方ができると思います。
内容は映画音楽の作曲家達の作曲するまでのエピソードや、制作側からのプレッシャー話、そして口を揃えてジョンウィリアムズは神っていう話などなど、てんこ盛りです🙌🎶
本音がポロりって感じもリアルでクスッとしました(笑)
.
元管弦楽(オーケストラ)部員からすると、オーケストラの収録映像めっちゃ胸熱でした😂驚愕だったのが、演奏者はみんな譜読みせず初見で収録してるっていう話でした(笑)楽譜は読めても他のパートとの絡みがあったり、音がめっちゃ細かかったりするだろうに信じられない....その才能と技術欲しい...って楽器やってる人なら思うはず(笑)
内容からそれちゃいましたが、1時間半くらいのドキュメンタリーなので暇な時に観てみて欲しいです、知ってる曲も絶対流れるし、作曲家のあれやこれを知れば知るほど感動が大きくなっていきます!!
エンドロールまでしっかり見てください!!
ライ麦

ライ麦の感想・評価

3.7
映画のオープニング、ワンシーン、エンディング、様々な場面を彩る音楽クリエイター達を比較的時系列に沿って追いかけてくれる親切な映画。
有名曲、自分が知っている曲が流れるとやはり気持ちが上がります。
あらためて、クリエイターの方々の才能に感服です。
その裏で大作となると巨大なプレッシャーと各々戦っているのが語られていたのが印象的です。
売れっ子、ハンス・ジマーまでそう思っていたのは意外。

観客の心を惹き付ける為のテクニックや、手法も説明されていて、なおさら音楽に注意しながら映画が見たくなります。
個人的にはやはりスターウォーズのオープニングがベストムービーミュージックです!
ake

akeの感想・評価

3.9
映画音楽の重要性が再確認出来る。

無声映画時代、映像に合わせて音を出す担当の人が
映画館にいた。っていうのに驚き。

ジョン・ウィリアムズの神さまっぷりが半端ない。


エンドロールの途中、タイタニックのある曲について
ジェームズ・キャメロンが語るシーンがあるので、
最後の最後まで見た方が良いと思います。
好きな映画オンパレードで見ていてうれしくなった。映画音楽は本当に素晴らしい。
レレレ

レレレの感想・評価

4.4
作曲家、監督、音楽プロデューサーなど、様々な形で映画音楽に関わる人達が、映画の始まりから現代までの映画史と映画音楽について語る90分。映画好きにはたまらない内容でした笑
特にE.T.における音楽による演出の話は面白かった。
有名な映画が多数登場するので、たくさんの映画をもう一度見返したくなった。
ジョンウィリアムズは神、トーマスニューマンは頂点、ハンスジマーは伝説。というようなことを言っていて面白かった笑
eviny

evinyの感想・評価

3.4
序盤のオーケストラ録音のスケールのデカさに驚いた。ジョンウィリアムスはホントに凄い作曲家なんですね。

またモービーのコメントが哲学的でカッコよい。

打ち込み音楽が個人的に好きなのでソーシャルネットワークがフォーカスされたあたりはテンションが上がりました。

これまであまり自分も詳しくなくそれほどクローズアップされる機会も少なかった映画作曲の世界を知る良いきっかけになりました。

映画音楽の作曲家は特殊な職業でプレッシャーも半端じゃ無さそうですが、常にクリエイティブなことに挑戦している姿勢は素晴らしいですね
やっぱり名曲と呼ばれる音楽を作ってる人達は凄いんだなと改めて感じました。
好きな作曲家、曲、映画もあって楽しめたし、まだ知らないものもたくさんあって更に映画欲が上がりました!
今まで観た映画も、音楽に注目してもう一度観たいなと思います。
シオリ

シオリの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます


Score A Film Music Documentary
素晴らしき映画音楽たち

すごいよかったー!
映画というより100分弱のドキュメンタリー番組って感じなんだけど、無声映画の時代から映画音楽の歴史を辿りつつ、いまも大活躍されてる映画音楽界まで遡っていく。

ジョーズとかインディジョーンズとかの
音楽の単純だけども耳に残る仕組みや凄さを感じれた!

普段音楽に着目して映画を見ることがなかったので今度から意識してみようと思ったしなんか勉強になりました!
すずめ

すずめの感想・評価

4.5
ドキュメンタリーだけど個人的にとても楽しく観れた
映画においてどんなに音楽が重要な役割を果たしているのか改めて実感🎶
もっとたくさん映画観たくなった🎬
ずっと聴いてたい観てたいとにかく映画音楽最高👏
ジョン・ウィリアムズは神👏👏
ハンス・ジマーは伝説👏👏

この映画で 側坐核 ってワードを聞くとは思わなかったなぁ...😌