すばらしき映画音楽たちの作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

「すばらしき映画音楽たち」に投稿された感想・評価

usme

usmeの感想・評価

3.0
色々な映画音楽制作に関してのドキュメンタリー

[所持管理番号]
Miki

Mikiの感想・評価

-
名言しかない作品。音楽がないと映画ってこんなにも寂しいものなのかと気付かされ、多くの才能と努力に触れることができました。ドキュメンタリーか、映画か…ってところで評価はしないでおきますが、いずれにせよ尊い作品です。映画音楽についての作品で、オーケストラ音楽が使われるラストは熱い。エンディングのタイタニックも良かったです。
ci

ciの感想・評価

4.2
俳優と監督 最強タッグで
大好きなのは以下の通り

スピルバーグ × トムハンクス
マーティンスコセッシ × ロバートデニーロ
ティムバートン × ジョニーデップ

そして、監督と音楽 最強タッグで
大好きなのはこれだ!と気づいた

スピルバーグ × ジョンウィリアムズ

すごいなぁ。凄いよなー。

ET
ジュラシックパーク
インディージョーンズ
ジョーズ

絶対に誰しもが口ずさめるもんなあ。

映画音楽に対する熱い思いや情熱が
この、1時間半と言う短い時間でも
かなり伝わってきた。

色んなシーンや背景、視点によって
音楽の楽しみ方を教えてくれた

名作に名曲あり。
音楽の力って凄い

久々に良いドキュメンタリーを見た◎
しげ

しげの感想・評価

4.4
映画音楽がどうやって映像に合わせて
作られてるのか…
過去に作られた50以上の映画の
ワンシーンと合わせて語られる
ドキュメンタリーフィルム♬♪

映画って、普段は映画監督が脚本をベースに
して作られてる…って、勝手に思ってましたが、
このドキュメンタリーを観て、ほんっと目から鱗でした💦

映画音楽の作曲家たちは、最初は、本当に映像だけの
フィルムを見せられながら、監督から音やテンポの
イメージだけを伝えられながら、ハメていく音楽を
想像していく…スポッティングという作業から始める
とのこと…

最初は音のない空っぽのフィルムに、イメージした
音楽をつけていくんですね。

007、E.T、インディ・ジョーンズ、ダークナイト、
キングコング、猿の惑星、俺たちに明日はない、
イージー・ライダー、ロッキー、ジョーズ、
スター・ウォーズ、ショーシャンクの空に、
タイタニック、ロード・オブ・ザ・リング、
インセプション、ミニオンズ、アベンジャーズ……

↑の作品や、もっと多くの映画のワンシーンが、
その音楽と一緒に50以上も語られていきます✨

映画音楽の作曲家たち…って、ほんっとの天才
なんですね✨

自分が映画から受けていたイメージの6割以上…
もしかすると7割が映画音楽からだったんだな〜
って事が今更ながら納得できました😅

ちょっと映画を観る心境が変わっちゃうかもw

↓予告編はこちら
https://youtu.be/4ErlccGBpuw

オススメ✨
映画音楽ドキュメンタリーを立て続けに。
こちらは音楽にフォーカス。BGMやテーマソングなど。
もう、めちゃくちゃ面白かった!
知らない事だらけだし、なるほどと勉強になる事ばかり。

改めて思い返すと、ヒットした映画の音楽って誰でも知ってる。てか、音楽が流れたらその映画がパッと思い出せるくらい…
映像と音が一緒になってる。
映画のヒットするしないが左右される条件に
音楽が良いってのが結構な割合であるのでは?って気がしてきた。笑
てか、ジョン・ウィリアムズ凄すぎん?

E.T.のクライマックスのシーンが例に出されたんだけど、E.T.が帰るだけなのに泣いてしまった。もちろん、内容を知ってるからってのもあるけど…
それまでの人を感動させる音楽作りのプロセスやオーケストラの演奏、脳の研究者の解説などを聞いてその場面を観ると
「なるほど、こうして感動させられるのか」
と知らず知らずの内に手中にはめられていた事に気づく。

とにかく、色んな映画のテーマ曲と共に名シーンも観れるし、オケのレコーディングなんかも鳥肌たちまくり。
大ヒット映画の名場面の総集編的な要素もあり、映画がお好きな方には是非オススメしたいです!

あ〜、色んな映画を見返したい。


2021-36
いはん

いはんの感想・評価

3.8
まぁ、当たり前だけど、テンション上がりますね。こんなに音楽に支えられた名場面を見せられたら。

映画を見てるときって、わざわざ音楽に気をかけることはしないですよね。あれ、こんなに浅はかなのは私だけでしょうか?笑。どちらかと言うと“合わないな”と感じる時だけふと音楽に気を取られます。だから瞬間瞬間で感じる昂り、怒り、喜び、恐怖も音楽に煽られたとは考えたらわかるものの気を向けたりはしない。

ところで、こんなに映画を溢れかえっている世界で、音楽聴いただけであの映画だ、あのシーンだと思い出させるのって、どれだけ凄いことなんだろとふと思いました。しかも、それら全て“ただの空気の振動”なのに。
RAMRIDER

RAMRIDERの感想・評価

4.0
これは音楽を仕事にしてたら観ないとな、と思ってみた。いろいろヒントが詰まってました。
マット・シュレイダー監督作品

映画は総合芸術だと言う認識はあったものの、改めて音楽に支えられているのだと実感した。
映画音楽を作る彼らがいないとできなかった作品は多数ある。

鳥肌が立つ音楽
についての解説には芸術の捉え所のなさと不思議さを感じる。

ジョン・ウィリアムズはやっぱすごい。
Yukikuroda

Yukikurodaの感想・評価

4.5
期待以上にすっごく良かった!

映画作曲家は全然詳しくないけど、最近サントラ聴くのハマってるから、かなり楽しめた

音楽が無い映画は無機質で響かないけど
音楽があると悲しみや感動、ハラハラが引き出される

ここでフィーチャーされた映画、改めて観てみたいな
gmn

gmnの感想・評価

3.7
鳥肌体験の説明のあとにSTARWARSのテーマが流れてゔわぁぁっ鳥肌が立ちました