すばらしき映画音楽たちの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「すばらしき映画音楽たち」に投稿された感想・評価

NoNA

NoNAの感想・評価

3.8
まさにすばらしき映画音楽

映像と音楽の親和性の高さは
名作が名作と呼ばれる要素のひとつ

大好きな作品たちが音楽と共に紹介されるだけでテンションが駄々あがる
Mai

Maiの感想・評価

4.9
“映画音楽”にまつわる様々なエピソードを、トップで活躍する音楽家、科学者、プロデューサー自らの言葉で、映画の名シーンとともに楽しむことができる… “映画”と“音楽”好きには堪らない作品です。

全編ドキュメンタリー形式で、一言でいえば『DVDの初回限定特典映像を最高の編集で観ている』と言ったところでしょうか…。

“映画音楽”というジャンルはある意味特殊で、“映画が主体、その映像を盛り上げるためのもの”ではあるのだけど“映画にとって絶対に無くてはならない必要不可欠なもの”でもあるんですよね。
時にオーケストラであり、時にジャズ。おもちゃのピアノを用いたり…。
色んな要素が集まり、“映画音楽”という1つのジャンルとして確立させるまでに様々な実験が繰り返されて、時代と共に歩み、生まれ変わってきた……。浪漫があります。

“映画音楽”が大好きだけど、知らないことがまだまだ沢山あると痛感させられました。
そしてこの作品に出会い、より映画音楽を身近に感じることができました。
がんも

がんもの感想・評価

5.0
映画音楽が好きな映画好きの人だけじゃなく、映画音楽には大して興味ない映画好きの人にも是非観てもらいたい一作。

ジョン・ウィリアムズはやっぱり偉大だった。
ゆり村

ゆり村の感想・評価

5.0
これ見てもっと映画が好きになった✨✨
いろんな楽器を試して音を作ってレコーディングしてミックスして、、、っていう作業工程がしっかり描かれててよかったし、ある一流音楽家が自分が関わった映画を劇場で見て、トイレに隠れて見終わった観客がどう思うかを知る的なこと言ってたのがすごく印象的だった🙌🏻正解がないからこそこういう仕事はとことん悩むし楽しいんだと再確認😊
yayuyo

yayuyoの感想・評価

4.0
結構前に鑑賞したのですが、レビューをあげてなかったので。

映画音楽をテーマに、監督や作曲家たちのこだわりがこれでもか!と詰まったドキュメンタリー。
映画創成期、まだサイレント映画のバックで楽器を演奏してBGMとしていた頃から現代までの映画音楽の変遷が見れてとってもワクワクした至福の時間でした!

いろんな映画の音楽も随所で流れて、映画好きなら必ず楽しめる作品ですね。
私の住む地域ではなんと一夜限りの上映だったのですが、劇場で見れてよかったです♡
語り尽くせない映画音楽の世界。
1時間半の尺に慌ただしく詰め込んだような…。
もっとゆっくりと堪能したかった。
Garu

Garuの感想・評価

3.5
映画でなくても良い気がするが

誰もが知っている曲や、映画史初期の映画音楽の話、どうやって制作していくのか、そして苦悩する音楽家たち…などなど、すごく興味津々な話がある。

そしてドキュメンタリーでありながらドラマチックに展開するので面白い。

すごいって知ってたジョン・ウィリアムズが、改めてすごいんだなと思う映画。

ただ、映画でなくとも、ドキュメンタリー番組でも同じように良いはず。
まつこ

まつこの感想・評価

3.8
よかった!

音楽が流れるだけで何の映画かわかるってすごいことだよなぁ。その音を完成させるためにこんなことが行われていたのか。

グッとくる言葉が多くてほうほう楽しみながら人生の哲学に浸れる素敵な作品。

私はこういうクレイジーな人たちが天才的に才能を発揮して楽しんで生み出している姿をみると胸が熱くなります。
PalmaRosa

PalmaRosaの感想・評価

3.5
映画音楽の重要さがわかる。
たくさんの映画が登場するけど、自分が観た映画音楽が出ると嬉しくなるし、まだまだ知らない映画がたくさんあるな〜と思った。