すばらしき映画音楽たちの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

「すばらしき映画音楽たち」に投稿された感想・評価

灯

灯の感想・評価

5.0
かなり期待して観たけど、全然下回ることなく最高だった!!!
大切な映画の1つ
犬

犬の感想・評価

-
俺は映画音楽とやらにあまり関心がない質だけど、やはりジョンウィリアムズとハンスジマーに関しては桁違いに偉大であることを再認識させられた。彼らの音楽を劇場の大音量で聴いたら間違いなく鳥肌が立つし、その作品は一生記憶に残ることになる。興奮、不安、垂泣など、感情の潤滑油として機能する音楽は素晴らしい。
007、スターウォーズ、ロッキー、パイレーツオブカリビアン、とか挙げたらキリがないけど、テーマソングの定着はすごいと思うし、作品のためにつくられた音楽って、曲を聞いた瞬間色々思い出す。
歌詞ついてないから世間的にあんまり注目されてないかもだけど、映画音楽の作曲家って特別な感性をもってるな。

もう二度と見直すことはないけど、MADMAXのBGMってちゃんと聞いてたら本編の映像並みに超大作なんだろう。
ぬげこ

ぬげこの感想・評価

3.8
これ本当に面白い。
面白いし、楽しい。
ワクワクドキドキしました。

名作のいいとこ取りに、
名監督たちのインタビュー。
もちろん名作曲家たちのインタビュー。
新旧たくさんの人が出てくるのが
とても好印象。

新文芸坐で観たせいかも知れないけど、
150%良かったです。

ほぼ即興だからこその緊張感
が生み出す素晴らしい音楽なのだと
知られて、あの空間を体感できて、
とてもいいドキュメンタリーでした。
ぺん

ぺんの感想・評価

3.0
映画ってたくさんの人が関わってるんだよなぁ
って漠然と思っていたけど
覗き見できたみたいで嬉しかった


どのくらい練習したんだ?

一度もしてません

は笑ったw
け

けの感想・評価

-
映画の世界、知れば知るほど好きになる!
苦しみや恐怖を乗り越えた先にある快感は凄まじいだろうなって思う
st

stの感想・評価

-
名曲たちがいかにして生まれていくか。貴重なスタジオ収録の現場とか打ち合わせの場とか。途中知らない部分増えてくるとだんだん眠くなってしまった… タイタニックの話が印象的。

「映画音楽のルールは1つ。『ルールはない』」
→唯一メモってた。
スクリーンで名曲にあわせて公式PVが観れるってだけで映画ファンには反則的なドキュメンタリー。

オープニングがマルコ・ベルトラミでニヤリとしたけど、大御所から現役まで有名どころの登場に感涙ものの90分。

なお鑑賞中にちょっと複雑な心境があって、例えるならアイドルファンがそのアイドルグループの番組を見てる感じ。

あの子が出てないとか出番が短いとかこの子にもっとフォーカスしてほしい等々、ファンであるが故にどうしても不平不満が出てくる心境(笑)

最後がジェームズ・ホーナーで自分的にはそれだけで満足っちゃ満足なんだが、個人的にも映画史的にももっとあの人この人あの曲も…ってね。

拗れたファン心理は置いといて、素晴らしい映画音楽なのは間違いなくぜひ色んな人に見てほしい作品。
☆☆☆★★
もう初っ端ロッキーから始まるだけで大好き。
ハンス・ジマーが禿げた理由がよくわかります。
bags

bagsの感想・評価

3.5
時々うつらうつらしてしまった(笑
けど、無声時代から現代までの映画音声の歴史が紐解かれていてとてもよい
こちらは[ようこそ映画音響の世界へ]でいうMUSICについて詳細に語られています

オーケストラでの生録っていまだに行われていたんですねー
現代の作曲家からすると映画音楽制作って魅力的なんでしょう

20年ほどまえ自分が関係していた仕事で音楽と少し絡んだことがあったんだけど
ディレクターの要求に応えられない作曲担当者が交代されられてましたね、音大出の人に
元の人はロックミュージックをバックボーンにしていたけど「同じような曲しか作れない」とか言われて

この映画でも単純な演奏だけではなくて色んな技法を取り入れていたりと奥深いですねー
音符も読めない自分からすると異次元の世界