すばらしき映画音楽たちの作品情報・感想・評価 - 40ページ目

「すばらしき映画音楽たち」に投稿された感想・評価

sakiko

sakikoの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

どうしても映画館で観たかった作品。
見逃したー!と思ったら実習終わりに奇跡的に都内で上映している所を発見!
友人と観に行きました。

もうね映画館で観ることが出来て本当に良かった。
しかも私の大大大大好きなロードオブザリングもスクリーンで観れたし幸せすぎた。

私は映画のサントラが好きでウォークマンには映画のサントラが9割を占めています。毎日映画のサントラを聴くほど大好きなのですが、改めて音楽がもたらす感動を感じた作品でした。
映像に音楽が加わるだけで、180度ガラリと変わるんですよ!監督、出演者が台詞や表情で伝えきれない部分を音楽が補う。音楽一つ一つに込められたメッセージを知れば知るほどまた違った側面からも観ることができるし、より物語が深まります。

この映画の中で「ET」についてもありました。私はまだETを観たことないのですが、監督と作曲家の解説と映像が合わさった時、思わず涙しました。
早く本編観たいなと思いました。

よくエンドロールで帰られる方もいるのですが、それはそれでいいのですが是非最後まで音楽を楽しんでもらいたい。この音楽を作るまでに多くの人が関わっていること、様々な楽器が使われていることを想像しながら聴くとまた感動が違うと思うんですよね!

もう一回観たいな。
Ellie

Ellieの感想・評価

4.2
ドキュメンタリー作品をあまり見たことありませんでしたが、この作品は非常に良かったです。

映画音楽によって1つ1つのシーンがより魅力的に映し出されていることを改めて実感しました。

映画音楽って本当に素晴らしい。
BC

BCの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

曲のジャンルにまつわる話や試し演奏から使われるようになったとか、偶然の産物の賛美ばかりで・・・。
楽曲製作の大変さや葛藤があまり伝わってこず。。。
まぁ、苦労話は避け、栄光にもっていくのはアメリカンドリームな感じもするが。

それでも、エンドクレジットの『タイタニック』の映画音楽のエピソードはジーンときた。
一人の音楽家の才能を信じて託せる英断が映画自体の大ヒットの礎になった気もする。

音楽の観点だと世間で取り上げられる名場面とは異なってきたりもするので、
数々の大作映画の場面を新たな視点で観ることが出来たのは良かった。
映画音楽好きにはたまらん最高の映画でした。
映画音楽の歴史が分かりやすく、いかに映画音楽作家達がこだわって音楽を作っているかが分かると同時に、彼らは間違いなく天才で、映画音楽に欠かせない存在だと思いました。
自分がまだ見ていない映画でも、鳥肌が立ちました。改めて自分が意識していないところで音楽に感情を動かされていることを実感しました。やっぱりすばらしき映画音楽には何かがあるんだろうな。自分が映画音楽に興味を持つきっかけになった巨匠ハンスジマーでさえも他のレビューにも多く書いてありますが映画音楽制作時には困っていることに驚きました。
何度でも見たい…
これまで見てきた映画記憶と共に楽しんだ。映画音楽は不可欠。しかし…映画館へ行く理由は映像だ。スターウォーズにしても映像では無く音楽が浮かび上がるのが悲しい…
Seto

Setoの感想・評価

3.8
いろんな監督でてきて
いろんな意味で面白かった

音楽と映画の歴史を勉強したという感じ
映画と音楽素敵ですね
まいす

まいすの感想・評価

4.5
すごい好き、なので皆に観てほしい!
この後に映画を見たらもっと楽しいと思う。
本当にトイレじゃなくとも直接伝えたい!
あなた達の作る楽曲はどれも素晴らしい!
Kiki

Kikiの感想・評価

4.5
《ハリウッド サウンド》♫
鳥肌に次ぐ鳥肌・・まさに素晴らしき音楽を愉しむドキュメンタリー映画

シアターオルガンの生演奏時代から進化(神化)を続ける伝説の映画音楽が これでもか!と次から次に映像を盛り上げる♫

生みの苦しみの言葉もあれば…

「作曲家は語り部だ」
「演出チームの一員だ」
と讃える言葉に同感です!

80年90年代のハリウッド映画と言えば・・

名作と名曲の数々の裏話を交えて
音作りにも魅せられました♫
かつての興奮や誰と観に行ったかとか(ふふ)
体にも記憶にも沁み込んでいる曲にウルウル
どんぴしゃ世代には蘇る記憶が多すぎるww


革命児から"神"と呼ばれ"伝説"を刻み続ける
素晴らしい音楽家たちの仕事っぷりを是非見てください!!

もう一度見たい!聞きたい!作品ばかり
オバマさんが選択した名曲「タイタンズを忘れない」が無性に見たくなりました♪

そして・・
ブライアン・タイラーの最近の"あのシーン"の解説も出てきて…また号泣。。。ポール愛


今年はドキュメンタリー映画に心掴まれまくり!
まこと

まことの感想・評価

5.0
「音楽は映画の魂だ」
全編ドキュメンタリー(というかインタビュー形式)だから、良い映画、と表現は適切か分からないけど、映画好きならせ死ぬまでに一回は観ておくべき映画。
映画の見方、映画への愛情、全てが変わる。
自分が大好きな映画も見返したくなるし、まだ観たことがない素晴らしい映画にも出逢える(自分の場合は、「タイタンズを忘れない」)
クソだと思っていた映画にも多数の音楽家が関わっているのだなぁと思うと無下には出来なくなる。


「サイコ」のあのシャワーシーンでは音楽を流さないverを観させてもらえるが、これがまぁ何ともチープなこと。映画における音楽の重要性を痛感させられる。

あのハンスジマーでさえ、大作の依頼が来ると不安と恐怖で他人にパスしたくなる、と言っていたのが印象的。
これからは監督と作曲家のコンビにも着目して観てみよう。filmarksさん、監督、出演者だけじゃなく作曲家からも検索出来るようにしませんかねぇ。


映画偏差値というものがあるならば間違いなく上がる一作。
エンドロールで更に涙を搾取させられるので、終了まで席を立たぬよう。





それと、「インセプション」の超大事なラストシーンが豪快にネタバレされてるから最低限「インセプション」は観ておかないと大変なことに。
odyssey

odysseyの感想・評価

4.9
映画ってほんと素晴らしい。
映画音楽もほんとうに素晴らしい。