すばらしき映画音楽たちの作品情報・感想・評価 - 82ページ目

「すばらしき映画音楽たち」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

3.8
音楽が素晴らしい映画はやはり面白いし感動的です。音楽と映画は切っても切れない関係ですよね。
映画音楽というものがどうやって作られるのか今までそんなに考えたことがなかったのでとても興味深かったです。

ハリウッド映画の数々を彩ってきた音楽が、どのように生まれるのかをひもとくドキュメンタリー。
スティーヴン・スピルバーグとジョン・ウィリアムズのやり取りにより『E.T.』の音楽が誕生する瞬間の貴重な映像や、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどのハンス・ジマーをはじめジョン・デブニー、レイチェル・ポートマン、マイケル・ダナら作曲家たちへのインタビューにより構成。
監督マット・シュレイダー。

ハリウッド映画の主題歌やメインテーマは、どのようにして生まれるのか。映像からイメージされた旋律が、オーケストラの演奏などを通じて映画音楽になる過程を取材。ピアノのシンプルなメロディーが『E.T.』のテーマ曲へと変わっていく様子や、『ライオン・キング』でオスカーを受賞し、数多くの大作に携わってきたハンス・ジマーの苦悩など、知られざる映画音楽の裏側を明らかにする。

名作の名場面が、音楽と共に、ちょくちょく映ります。もうその度に感動。ETのあのシーンは何度観ても泣けてくるな~(笑)
くみん

くみんの感想・評価

4.0
リュミエール兄弟、ワーリッツアーのオルガン、FOXのファンファーレの話から始まって、映画音楽に携わる人達の映画愛をこれでもかと感じられる幸せな映画。ワイン飲みながら観て盛り上がった!ハンスジマー、面白い。
Nunu

Nunuの感想・評価

3.9
昔の名作から最近の作品までの映画音楽を、作曲家の方々が語ってくれるドキュメンタリー映画
一言で言うとすごく良かったです
知らない世界を知ることができてもっと映画にのめり込みそう
やっぱその世界のことはその世界に生きる人たちの言葉で知るのが1番だと思うんですよね〜何にしても
一つ分かったのはゼロから曲を作りそれを映像に合わせる人たちは誰も彼も紛れも無い天才だということ
観ていてジェラシーがすごいんじゃあ
lgKaoring

lgKaoringの感想・評価

5.0
Filmarksメンバーの皆さん同様、私は映画が好きだ。
Filmarksを始めてからも、ますます映画が好きになった。

思えば、映画好きの両親のおかげで、幼い頃から映画は身近にあった。
私の消灯時間が21時に決められていた頃でも、「ザ・〇〇〇テン」は観せてもらえなかったが「〇〇ロードショー」は観せてくれた。よっぽどのお色気モノ以外は。

決して仲良くはなかったうちの家族だが、映画の時間だけは家族の団欒だった。

そんな映画になくてはならないのが映画音楽。
その昔、毎年NHKで映画音楽の番組が放送されていて、毎回家族と観ていたっけ。

そんな映画音楽に焦点を当てた、このドキュメンタリー。

蘇る名作映画の名シーンに併せて、作曲家のインタビューが流される。
トーキー時代からの映画音楽の変遷も勉強になったし、鳥肌が立つメカニズムも興味深かった。

他人の作った映像からイマジネーションを働かせ、音楽を生み出す事の難しさ。
重圧のすごさも語られていたが、自身が居なくなっても後世にまで残って行く映画音楽を作る喜びには勝てないのであろう。

偉大な作曲家が他の作曲家をリスペクトする姿勢にも、敬意を表する。

全国の映画館で随時上映されるそうなので、映画好きなら是非スクリーンで観ていただきたい。
KAE

KAEの感想・評価

3.5
音楽は実体のない芸術 …
完成するまでの過程とかたくさんの映画のワンシーンが見れてすごく楽しかった
bopapa

bopapaの感想・評価

3.9
2017年 46本目

映画音楽の力って凄いね!と改めて再認識させられるドキュメンタリー。映画好きであればあるほど、出てくる人物達の顔や名前に「オォー!」と大興奮。万人にオススメ出来るエンタメ作品では無いのですが、ともかく映画が大好きな方なら観て損は無し!
miho

mihoの感想・評価

4.5
映画音楽好きの私にとっては
すばらしかったです。

映画音楽を作っている人々が
新旧含め、自分の事や、更に
他の音楽家の事(これすごく良かった)を
語る。なんて素敵。

あんなに賞を獲って映画音楽界で
地位を築いてるハンス・ジマーが
「どうやればいいかわからなくて断りたくなる」
とかけっこうネガティヴなこと言ってたり
してて、天才にまさかの共感w

ミュージシャンとはいえ映画音楽では
経験の浅いトレント・レズナーが
いきなりオスカーを獲って、みんなどう
思ってんだろうとハラハラしてたんですが
みんな作曲家らしく分析して評価してて
安心しましたw

オーケストラの音がみんなほんの少しだけ
ズレてる(機械じゃないからね)その人間的
な音の重なりが良い、というのもなるほど
と思いました。

子供の頃から映画音楽ファンなので評価
高めの興味深いドキュメンタリーでした。
おとう

おとうの感想・評価

4.0
よくよく考えると、ドキュメンタリー映画を観たのは初めてかもしれない。
そんな「初めて」がこの映画だと、以降のハードルが上がって困るなあ・・・と贅沢な心配をしてしまうぐらい良かったです。
映画を作る上で欠かせない音楽。その裏側を余すことなく知れる映画です。時折映し出される名作映画の映像がまた懐かしい。
この映画を観る前と後では、間違いなく映画を観る姿勢が変わります。機会があればぜひご覧あれ。
リナ

リナの感想・評価

5.0
とても素晴らしかった。
企画してくれた人ありがとう。
こんな作品増えてほしい!!!
映画好きのための映画ドキュメンタリー。

映画音楽を作る職人たちによってうちら観客の感情も操作されてたんだな〜