猫が教えてくれたことの作品情報・感想・評価 - 26ページ目

猫が教えてくれたこと2016年製作の映画)

Nine Lives: Cats in Istanbul/Kedi

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:79分

3.6

あらすじ

「猫が教えてくれたこと」に投稿された感想・評価

のnきち

のnきちの感想・評価

3.5
久しぶりの試写会。
アキバシアターにて。

イスタンブールにいる猫たちのドキュメンタリー作品。

特段、猫好きというわけではない。
しかし、猫の個性を巧く切り取ってる。
日常でも猫に注目したくなった。

従兄弟の家の猫、友人の飼い猫たちを思い出す。
この映画を観るまで個性があることも知りつつ、
猫って気ままな生き物だと思っていた。
この作品のおかげで、猫にも葛藤、対立、相剋があり人間と同じだなぁと感じられた。

監督が上映前トークでこの作品を作るきっかけを話して下さった。
幼少の頃住んだイスタンブールの猫がずっと忘れられず撮ったとのこと。


限りなく猫目線のカメラワークも素晴らしい。

ほのぼのというより、猫の生き様を垣間見る作品。

個人的には、サイコパスのシーンが印象的だった。
カカァ天下っぷりが面白かった。

猫も人間も同じ生き物だもの。

ムシャクシャしたい時に観たい映画。
湯切り

湯切りの感想・評価

3.3
猫と人の温かい関係が丁寧に描かれている良作。異国情緒あふれるイスタンブールの景色も素敵。

野良猫が時おり出没して、みんなが適度に世話をするっていう環境が羨ましい。

ちょっと冗長で眠くなることも含めて、癒しの作品。
猫目線のカメラワークとトルコを旅しているようなカットが猫になったようなイスタンブールを旅しているような気持ちにさせてくれる。
toomilog

toomilogの感想・評価

3.1
まるで人間のようにどの猫も個性豊か。
「にゃ〜」と鳴く声だけど、まるで人と会話し通じ合っているかのような姿がとても愛らしい。
赴くまま自由に生きている猫ののびのびとした姿も愛おしいし、時々人から餌をねだったり甘えたりする姿も愛おしい。

猫の魅力が詰まっています。

[感想] http://go.shr.lc/2gVrFox
ヨラ

ヨラの感想・評価

3.1
野良猫がくらせる社会のよしあしとか、猫かわいい…の前に「ちょうどお金に困ってたときに、猫おいかけたら、財布がおちていて、それがちょうどたりなかった金額で、まさしく神さまのお使いだと思った」みたいな発言の、おいおいネコババしたこと公表すんなよと、財布を落としたことがあるわたしは気になって集中できなかった
ゆき

ゆきの感想・評価

3.7
世話してやってる?イヤイヤ、お世話させてもらってるの。

古都イスタンブールに暮らす野良猫達と人間の関係をとらえたドキュメンタリー。

キャストは7人?の猫たち。
猫目線の映像はもちろんのこと、とても綺麗な街並みは見応えがありました。開発されてこの街並みがなくなって行くのはすごく悲しい。

ジェイダ・トルン監督と荻上監督の対談付きという贅沢な試写会でした。お二人のトークの中にあった、人間は猫に自分を映し出しているっていうのがすごく共感。
猫も犬も自分の使命を感じつつ関わる人に接してると思うのです。
それに対して人間も自分を映し出しながら自分のできることをお返しする。その関係性はとても心地いい。
そんな心地よさをじっくり味わえる穏やかな時間の流れる作品でした。

イスタンブールの人々は居心地の良さを噛み締めながら共存していた。今の環境があるうちに一度行ってみたい街です。

私の推しキャストは断然ガムシズ。
とえ

とえの感想・評価

3.5
トルコのイスタンブールで暮らす町猫のドキュメンタリー
飼い猫は、ほとんど出てこない

癒されたわ〜
観てるだけで、思わず微笑んじゃうし、幸せな気分になれる映画だった

ちなみに、私は犬派で、それでもこれだけ癒されてるんだから、猫好きのひとはたまらないはず

町の中で、人間と猫がどのようにして共存しているのかが描かれる

それも楽しい話ばかりではなく、人間の生活スタイルが変わっていくことで、町猫たちも住む場所を追われたり、食生活が変わることで猫も病気にかかりやすくなる様子も描かれる

猫様たちの生活を通して、人間たちの暮らしや問題点が見えてくるのが面白かった
美しいイスタンブールの風景、音楽、食べ物の映像と、個性豊かな可愛いネコたち。日頃のすさんだ心を清らかにするのにピッタリの癒し映画でした。

推しメンは仕事人のアスランと遊び人のガムシズ!

本作の女性監督と荻上直子監督のトークによると、家でネコと一緒にこの作品を見たとき、ネコたちも画面釘付けで夢中になって見ていたそう。

ネコ目線のドキュメンタリーから見えるのは、都市開発、貧困、メンタルヘルスなど人や街の問題。トルコの人とネコが対等に互いを尊重し頼りあって生活しているさまが印象的でした。
『猫が教えてくれたこと』試写会招待。ジェイダ・トルン監督と萩上直子監督とのトークショーの後、鑑賞。イスタンブールの野良猫たち、人々、歌、音楽、生活、いいなぁ。野良猫たちに会いたくなりました。イスタンブールに行ってみたい。
emedia

emediaの感想・評価

3.4
イスタンブールの青い空と海に囲まれて・・
猫たちの個性が非常に際立っていて
まるで演じているかのように思えた

カメラを向けても嫌がらないならOK
・・という監督の言葉通りにありのまま
イスタンブールで暮らす猫と人々の
いい距離感が素敵なのです
野良猫も飼い猫も立場が違えども
いい感じに街で生きているのですヨ
人も猫も自分たちの居処を保っている

ドアが開いているのに
窓をトントン叩く紳士デュマンがいいね✨


原題『KEDi』(猫)では
環境映画のようだからという理由で
この邦題になったらしいです