猫が教えてくれたことの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

猫が教えてくれたこと2016年製作の映画)

Nine Lives: Cats in Istanbul/Kedi

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:79分

3.6

あらすじ

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッ…

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッセンにいつも美味しいエサをもらっている礼儀正しい「デュマン」――古くから猫の街として知られるトルコの古都イスタンブール。生まれも育ちも全く違う、7匹の個性豊かな猫を軸に、イスタンブールの人々と猫の幸せな関係をとらえたドキュメンタリー。

「猫が教えてくれたこと」に投稿された感想・評価

ネコ愛に溢れてホッコリ〜。
イスタンブールの色んな文化が入り混じった雑然とした雰囲気、モスク、坂、色彩など、魅力的に描かれていた。
そこに暮らす猫たちもまた十匹十色。
人それぞれのネコに対する眼差し、想い(半分妄想)が伝わる心温まる作品だった。
犬は人間を神と思い、猫は人間を神の代理人と思っている。っていう表現が面白かった。懐き過ぎないところが良いんだよね。
た

たの感想・評価

4.0
映画館で観てるのにうっかりかわいい…と呟いてしまう

知り合いに見せまくりたい、絶対にトルコに行きたくなる

街は変わるものだけど、10年後とかに観た時、もうない古き良きイスタンブルになって欲しくない
Maki

Makiの感想・評価

3.7
イスタンブールの街に溶け込む猫、猫、猫❤

癒されます。
色んな猫が、それぞれ人と関わって、毎日逞しく生きている。
人と猫の、ちょうどいい距離感が見ていて清々しい。

私のお気に入りはポスターにもなっている猫、デュマン✨
デリカテッセンの猫で、扉は空いていても入っては来ない礼儀正しい猫。でもごはんくれアピールは激しい(笑)
しかもちょっと太め❤
何せごはんが豪華だから(笑)

見てよかった🎵
yoshiko

yoshikoの感想・評価

3.8
イスタンブールに暮らす7匹の猫が主人公。個性的で、人との関わりもそれぞれだ。私が気に入ったのは、地域ボスのメス猫、サイコ。パンフレットを買ってトルン監督と「レンタネコ」の荻上直子監督との対談を読んだら、2人ともサイコをひいきにしていた。強いメス、カッコいいものね。

対談にはほかにも興味深いことが書いてあった。イスタンブールは日本や欧米の都会のような動物コントロールが行き届いていないので、野良で暮らす猫がたくさんいる。でも、行政がコントロールに乗り出そうとすると、地域の人が「野良の猫も犬も、この通りに属しているんだ」と猛反対して実現しないのだという。

もう一つ、監督は猫嫌いの人にもコメントをもらおうとしたのだが、「心を閉ざしてしまう」ので話を聞けなかったという。

どちらも、日本では議論を呼びそうな発言だ。猫が可愛いだけでなく、色々なことを考えさせられた。
子猫のお世話してるおっちゃん、
「嵐で全財産かけた船無くして途方に暮れてたある日、猫がものすごい声で鳴いているので近づいてみるとそこに財布が!しかも必要な額が!それ依頼猫のお世話をしているのさ」的な事をいい話風に語ってたけど、
それ…窃盗。
大丈夫か、映画でそんなん語って。時効?
LOVE肉球

LOVE肉球の感想・評価

3.6
いやぁ、ねこ大好きです!
ねこ好きさんにはぜひ観て欲しい作品ですが、そうでないとちっとも面白くないかも……。
トルコ、イスタンブールの街並みは美しく、しかしながら雑然とゴミゴミしつつ温かいという矛盾した素敵な街のようです。
国が違うと、ねこの愛し方も違う。でも、ねこのあるがままを愛する感じがなんともいいです。
自由に闊歩するねこちゃん達の可愛かったこと!

追記
そんな大金の入った財布、自分のものにしちゃうんだ〜と、つっこんじゃいますよね〜σ(^_^;)
MissY

MissYの感想・評価

5.0
福岡のKBCシネマで見逃した!と思ったら、まさかの中間のシネコンで上映。ありがたやー。イスタンブールの猫達のドキュメンタリーで、監督の猫好きや街の様子、ビルがどんどん建てられて人々が猫の居場所がなくなると心配しているところに、なんかホッコリ。イスタンブールっていうと庄野真代の「飛んでイスタンブール」しか連想出来ない私でしたが、こーゆー街なのかーと興味津々で見ました。猫の話をする人達が皆さんもう猫にメロメロ!!な感じにニッコリでした。ベタベタ可愛がる感じではなくて適度に放ったらかしな感じがね、いいなー。
モアイ

モアイの感想・評価

3.5

かわいい猫が見れて癒されたらいいや~ぐらいにしか思ってなかったけど。猫達と共存する街の人達との、目に見えないルールや絆、ドラマがあってΣ(*゜Д゜*)❗
予想以上に良かった✨
飼い猫とか野良猫とか、日本とは全然違う認識にも驚かされた☆
見て良かった🎵⤴

このレビューはネタバレを含みます

お腹いっぱいで途中( ˘ω˘ ) スヤァ…
・敬虔深いイスタンブールの方々が、いろんな理由で猫に優しくしてて、みんなが自分のできる範囲で頑張っている姿に心打たれた
・犬は人間を神だと思っている、猫は人間を神の代理人だと理解している:猫犬の差はこれか
・開発と野良猫の住処の確保、考え続けなければいけない問題で、インタビュイーが自分のことのように考えている姿勢が素晴らしかった
猫映画としてもイスタンブル街歩き映画としても最高。
推しはガムスズ。