フィーバー・ルームの作品情報・感想・評価 - 6ページ目

フィーバー・ルーム2016年製作の映画)

Fever Room

製作国:

上映時間:90分

4.5

「フィーバー・ルーム」に投稿された感想・評価

hrmnkzt

hrmnkztの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

真っ暗闇に誘導され、奥行きや高さがわからないがものすごく広い空間のよう。
正面に一枚のスクリーン 犬 ドラキュラ 太陽 緑の多い部屋キングコング ヴァンパイア 海 船 波 病室に横たわり眠る 女性 青年 断片的な映像が流れる。
正面に上からもう一枚のスクリーン
左右に一つずつスクリーンが出てくる
目出し帽に上裸の男が洞窟の中を彷徨う火を起こす 横たわる
それぞれのスクリーンで流れている映像が異なる為、観客は動いている物を探して様々な所を見る仕草が、まるで同じ洞窟の中を彷徨っているように見えた。
雨が強く降る街 轟音
正面の緞帳が上がり、強い光源と街灯のようなライトが二つ。観客席が緞帳の奥にあったことで、私達がいる場所が本来は舞台である事を知る。
大量のスモークに包まれる。
強い光源からサーチライトのような光がうごめく
やがて煙は光によって渦を巻き、煙がまるで意志を持っているかのように動き出す
光源の側でたくさんの人影が何かを話したり動いたりしている
紫や緑の光が線上に伸び、何か古い記憶を呼び起こすような、死者の世界を垣間見るような感覚

煙は上下し、雲に包まれる。
左のスクリーンのみ映像が映し出される。目出し帽の男が横たわり、眠っている。
昔は夢を見ていたが、大人になってからほとんど見ていない。
僕があなたの光を奪ったから。
渥美清

渥美清の感想・評価

4.3
うる覚えだけれど、何処か違う世界に連れて行ってくれるような気配があった。
癒やそうとしているのか、それとも落とされるのか、そのふたつに惹かれ、わたしはただ落ちてそして癒されいつも救われている。

夢の中。雨に打たれてトリップしたと思ったら空の上。暗い大地を通りすぎ、海に出た。こんな景色見たことない。両手を伸ばせたらどんなに気持ちがよかっただろう。
雲を押し退け上がってゆき、そしてまたふわーっと下に降りてゆく。どんどん落ちて今度は海の中。
息苦しい。と思ったけれどまだ目覚めない。

探し物はココにあるから。
それは光。僕が奪った、あなたの光。
TOT

TOTの感想・評価

4.8
マルチスクリーンによる映像と音と光プラスαの空間インタレーション。
起きながら眠ってるような彼の映像作品の身体感覚を舞台にすると、こうなるのか。
東京都写真美術館の亡霊展の延長線上でもある夢の世界に参加者を引きずりこむ光と轟音。
現実からの甘やかな逃亡がとてつもない没入感で、気持ちよくて微笑んだ。
あなたが光を奪うから私は夢から醒めてしまう!!
ポエムを刻みたくなるくらい素晴らしくアドレナリンが出たんですが、ネタバレ無い方が楽しいはずなので具体的なことは言えないのでした。
テンションにまかせたファンのうわ言ならアピチャッポンすげーーーーーー!!やべーーーーーーーーーーーー!!!!!です。
これまたやってほしい。
また行きたい。

と、作品登録を機に2月11日KAATでの上演を振り返ってみました。
でもこの作品、映画ってよりは映像と空間のインタレーションだけども。
しゅん

しゅんの感想・評価

4.5
2月に横浜のKAATでやってたやつが突然filmarksに登録された。語ろうにも観たその瞬間に言葉を失ってそれっきりで、なんとも言い様がないのですが、アピチャッポン最高傑作であり、今年一番の凄み体験だったことに疑いはありません。あんなに身体全体を刺激される藝術は今までなかった気がします。再演の際は是非に!
|<