クレミ

聖なるもののクレミのレビュー・感想・評価

聖なるもの(2017年製作の映画)
4.4
うわー、いそら監督本当にすきだ…
とってもクリエイティブでパワーに溢れた作品だった。期待通りです。

前半の流れや設定はほぼ前作『花に嵐』と同様。また同じことやってる…と思ってたら、後半ガツンとやられた。
理想の映画を追い求めて周りを振り回す自分、それに追いついてこれない撮影クルー。その理想と現実の象徴が、南と小川という2人の美少女。2人の存在が交錯していくことで、物語はどんどん加速し、大きく展開していく。

『花に嵐』でも今作でも、いわば「映画の女神」みたいな存在が「幽霊の美少女」として登場する。監督を引っ張り、語りかけ、映画の完成を後押ししてくれていた花ちゃんに対し、今作の南は無言で表情も変わらず、不気味に歩き回る。南の最後の突き放し方を最大限魅せるには、『花に嵐』をもう一度やる脚本が必要だったのだろうと思う。

前作が「自分の映画を最後まで撮りきる」というようなテーマを感じさせるものだったとしたら、今作は「自分の映画を撮ろうとする中で直面する現実的な問題や苦悩」だろうか。
明かされることのない約束の3つめとは、
「大傑作の映画を作るために、全ての映画監督が常に追い求めているもの」なのかもしれない。だから、解答も正解も無いのである。

カオスな演出、構造、脚本でありながらも、そのひとつひとつは計算され尽くしているという印象。
ジャパニーズ『8 1/2』ってところですかね、めちゃくちゃ面白かったです。