悪女/AKUJOの作品情報・感想・評価

悪女/AKUJO2017年製作の映画)

악녀/The Villainess

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒ(キム・オクビン)は、育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)にいつしか恋心を抱き、結婚する。甘い新婚生活に胸躍らせていた矢先、ジュンサンは敵対組織に無残に殺害されてしまい、逆上したスクヒは復讐を実行。しかしその後、スクヒは国家組織に拘束されてしまい、ミッションを10年間つとめたのち自由の身になるという条件のもと、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。や…

犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒ(キム・オクビン)は、育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)にいつしか恋心を抱き、結婚する。甘い新婚生活に胸躍らせていた矢先、ジュンサンは敵対組織に無残に殺害されてしまい、逆上したスクヒは復讐を実行。しかしその後、スクヒは国家組織に拘束されてしまい、ミッションを10年間つとめたのち自由の身になるという条件のもと、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。やがて新たに運命の男性に出会い幸せを誓うが、結婚式の日に新たなミッションが降りかかり――。

「悪女/AKUJO」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
「悪女 AKUJYO」
原題「The Villainess」
2018/2/10公開 韓国作品 2018-038

女性アクション映画の金字塔「ニキータ」に韓国的“恨”のエモーションを投入したシンプルかつ濃密な物語。
エクストリーム・バイオレンスと言う名の通り、バイクチェイス日本刀アクション、ボンネット走行アクションなど、スタントマン出身のチョン・ビョンギル監督とほぼノースタントで持ち前の身体能力をフルに活かして演技する主演キム・オクビンのコンビのパワー炸裂ですね!!
カメラワークも緻密で秀逸、アクションシーンを見事な映像シーンに仕上げています。
アクション映画としては申し分ないですね。
少し残念なのは主人公ムスヒの愛、哀しみ、憎しみなどの感情の動きを表現する部分の脚本がやや単調なこと、アクションシーンと流血に力が偏ったからでしょうね。
でも面白い作品です!!

「渇き」のキム・オクビンが女暗殺者を熱演したスタイリッシュアクション。日本で「22年目の告白 私が殺人犯です」としてリメイクされた映画「殺人の告白」で知られるチョン・ビョンギル監督が手がけた。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.5
‪「悪女」‬
‪物語全体的に面白く冒頭の主役目線でのバトルに最後の乗物内でのアクションがカッコ良くまた韓国映画に女性を主演にした戦闘ものがあまり無い為か新鮮だったし空中撮影等カメラワークが巧みでスタイリッシュ。拳銃、刀を使用し復讐に燃える女は正に悪女そのものでCGを使わないリアリティも最高だ。‬
YK

YKの感想・評価

3.0
記録。
オープニングのゲームのような一人称視点から 驚きのアクションが次々と起こり、びっくりしました。どうやって撮ったんだろうと思うようなチェイスアクションも見どころです。個人的には 最後のアクションとop施設のシークエンスが好きです。ファンタジックで芸術的。
ラストカット ヘビーでした。
tommy

tommyの感想・評価

4.0
掴みはオッケー。
最初が凄かったから、途中は少しダレてしまった。
oucky

ouckyの感想・評価

3.7
とにかく、1カット風アクションに命を賭けボディアクション、バイクアクション、カーアクションなどあらゆるアクションに挑戦してます。凄すぎて、もーどう撮影してるのか?何処からCGで、何処まで実写?いや、全部実写?こりゃ、分からん!すげーっ「ハード•コア」的な演出からさらに一歩進んだ気がします。まぁ、当然革新的なので荒い部分はあります。おそらく、手ブレなどを使ってカットを割っているので、アクションの映像は手ブレのオンパレード、映像観てて酔う程です 苦笑。
後、場面転換もワンカット風に見せています。もー、クドイ位。ただ、ここまでやられると正直、飽きる。
そして、ちょっと残念なのがドラマかな…。
内容はニキータの韓国版って感じです。ただ、本家も本作もキャラの感情の変化が何とも言えない…。構成としては余り上手くなかったような気がします。後、回想シーンと現在のシーンが余り上手くない編集で繋がれるから意外と混乱してしまいます。

観ていて違和感は、まぁありますが、ハードボイルドなノアールアクションとして、中々レベルが高い作品でした。
韓国映画の進化が止まらない!!
人非人

人非人の感想・評価

3.0
斧使って走行中のバスの車体に取りつき、弾みをつけて窓ガラス蹴破って乗り込むとこが気持ちいいのと、主人公に対抗意識を燃やすも、ライバル枠になれない(命乞いする)マンガのキャラみたいな工作員養成所の人が良かった。
>|