悪女/AKUJOの作品情報・感想・評価

悪女/AKUJO2017年製作の映画)

악녀/The Villainess

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒ(キム・オクビン)は、育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)にいつしか恋心を抱き、結婚する。甘い新婚生活に胸躍らせていた矢先、ジュンサンは敵対組織に無残に殺害されてしまい、逆上したスクヒは復讐を実行。しかしその後、スクヒは国家組織に拘束されてしまい、ミッションを10年間つとめたのち自由の身になるという条件のもと、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。や…

犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒ(キム・オクビン)は、育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)にいつしか恋心を抱き、結婚する。甘い新婚生活に胸躍らせていた矢先、ジュンサンは敵対組織に無残に殺害されてしまい、逆上したスクヒは復讐を実行。しかしその後、スクヒは国家組織に拘束されてしまい、ミッションを10年間つとめたのち自由の身になるという条件のもと、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。やがて新たに運命の男性に出会い幸せを誓うが、結婚式の日に新たなミッションが降りかかり――。

「悪女/AKUJO」に投稿された感想・評価

様々なアクション映画の革新的アクションを
ブラッシュアップさせて取り入れている作品
だとは思っていたが、ま・まさか ・・・あの!
"達磨日向ボンネット乗り"までとはッ(;゚Д゚)!!
(↑たぶん違う )

新幹線に乗って『悪女』を観てきましたよ☆
(鑑賞後お酒を飲みながら"悪女"1人反省会)

アクション映画好きとしてはかなりの期待値で
観に行ったがその期待を越えていってくれた!
アクションは素晴らしかった(´∀`)アリガトウ☆
アクションはね!(←嫌な感じの言い方)

私は昨年たくさんの素晴らしい作品があった中
『ハードコア』をベスト10にしました(°Д°)!
その理由はこの作品はアクション映画として
革新的であり歴史的作品!間違いなく今後の
アクション映画に影響を与えていく作品として
アクション映画好きとしては絶対ベスト10には
入れたい!入れなくては!という思いでした。

そして"悪女"を観て・・・嬉しくなりましたよ♪
繋がっている(*゚∀゚)ノ!間違いじゃなかった!

1人称視点から切り替わってもスピード感が
落ちず、そしてとにかくカメラが近いッ(°Д°)!

この近さと、なるべくCGを使わないで生身の
アクションへのこだわりと頑張りが迫力ある
素晴らしい映像を間違いなく作り出している!

あとこれは贅沢な話だが・・・
ここまで頑張っているならもう少し銃の扱い
にもこだわってほしかったなぁー(´-д-) ハァー
( 銃の片手撃ちが気になってしょうがない )

さて…アクション最高に素晴らしかった!
なんですが ━━━お話のほうが( ̄~ ̄;)ウーン

うまくない。うまく出来ないくらいなら
物語はもっとシンプルにしてほしかった。

幼少期から殺人スキル訓練を受けていて既に
殺人マシーンとして仕上がっている設定の
スクヒがなぜかまた暗殺者養成所に入れられ
殺人スキル訓練を受ける。いらない( ̄Д ̄)ソレ

そのうち、これ・・・伊藤かずえや比企理恵が
出てくるんじゃない?!( ; ゜Д゜) モシカシテ…
と思ってしまうくらいの大映テレビライクな
キャッキャッしたレディアサシン養成所・・・&職安。
(↑決して嫌いではないが)

大殺戮大会とラブストーリーパートの落差に
あたしゃークラックラッ(@_@;)きましたよ。

好きです!( ・д・´) キリッ

えっ?!(〃▽〃) ポッ

待つのが♪(・∀・* ) テヘ

って。オレはいったい・・・
何を見せられているんだッ( ̄Д ̄;)ナンダコレ

などと、
わたし的にはいらないシーンが満載でしたが
素晴らしいフレッシュなアクションシーンが
これでもか!と次から次へと満載でしたので
いらないシーンを私の頭から消去できた時に
アクション映画の傑作となるんでしょう(*゚∀゚)ノ!!

いつの日か ・・・ ( 遠い目 )

おしまい。

※アクションシーンだけなら…大傑作です!!
linus

linusの感想・評価

3.4
20180524@シネマ神戸
msk*

msk*の感想・評価

-
ご飯食べながら見た私も悪いんだけど、
いやはや…あまりの血の多さにさすがの私でも気分悪くなった♡笑
だからこそあの美男美女のイチャつくシーンがまるでオアシスのようで…
もっと見たかった…(切実)
そんで映画全然関係ないけど
やっぱスーツが凄まじいほど似合うのは
全宇宙の中で韓国人ですよね、はい。
主人公であるスクヒ演じるキム・オクビンがめちゃかわいくてきれいでビックリした。特にショート時代はかわいすぎてキュンキュンしてた。ロングになってからはかわいいというよりきれい。予告や宣伝で出てくる画像や動画は、髪も束ねて戦闘態勢殺る気マンマンみたいな感じだから気づかなかったけど。ていうか、松本穂香に似てると観ててずっと思った。


もう多くの人が言ってるんで自分も同じことを言うだけなんですが、オープニングのFPS長回しシーン、バイク走りながらの日本刀(多分)で殺し合いのシーン、終盤の仰天のドライブテクニック披露からの大型バスどんがらがっしゃーん。主にこの3つのシーンがもう常軌を逸しすぎててもはや何も言葉が出てこない…。一人称から三人称視点に変わるところ、しばらく何が起こったのか分からなかった。視点の切り替えだけでなく場所が変わったり時代が変わったりするシーンのスムーズさが素晴らしかった。


ストーリーは観る前はほとんど把握してなかったんですが、けっこう作り込んでて主人公の気持ちに入り込めたなと思いました。何か色々よく分からない部分もあったけど。

この映画タイトルが『悪女』って言いますけど、自分は最後のシーンでついにスクヒが悪女になるしかない状況になってしまったのかなと思いました。
アクション部分だけは本当に凄い。
粗も多いので全編楽しかったとは言えないけど(長いし)、映画館で見て良かったと思える作品ではあった。
シネマ神戸にて、「悪女」と「レディ・ガイ」の二本立て上映にて鑑賞。

昔NHKの連ドラに出てた波瑠ちゃんに本当になんとなく似ている女主人公が「アサ(シン)が来た」と言わんばかりに悪漢たちを殺戮する映画。冒頭のFPS視点での戦闘は面白く迫力があり、長回しを多用した殺陣、ガンアクションは見応えありました。
rollin

rollinの感想・評価

4.1
どちらかと言うと中島みゆき寄りな悪女による韓国版キルビル。

(個人の印象として)某ハードコア映画では全く映画的機能を果たしていなかったFPSアクションの名誉を、これほど短いインターバルで挽回させただけでも大変意義のある映画。


本作に於けるFPS演出の優れた点は、スターと接触したマリオの如き冒頭の無双タイムにのみその効果を限定したこと。
神の威を借りた殺戮者の顔面は、彼女の生命の危機に際して初めて露呈する。つまり観客が感情移入し得るポイントで、ちゃんと映画自身も自我を取り戻すのでがんす。(もしくは殺られ役たちの間抜けな表情を観ていられる限界とも言える。)

アクションの撮影が難しい狭いロケーションでは、一人称視点を小刻みに挟むことによって、実際は一人でナイフを振り回しているだけやのに二人で戦ってるように見せるという、おバカなのか賢こなのかよう分からん演出にも感心しました。

ストーリーはほんまにベッタベタ。自分が主人公やったら、終盤の事実開示のコンボには敢えて「なんて日だ!」ってめちゃデカイ声で叫ぶわ。もっと独自のフェチ感、おっさん成分が欲しいところ。シン・ハギュンはええ顔。
しかし、クライマックスのバス車内に於ける演出は、自ら定義した狭所アクション撮影の不可能性を突破していく爽快感があり、しかもそれは主人公自身の物語ともリンクしていて大変よござんした。

ただそれをもってしてもオールドボーイの横スクロールアクションを超える感動には至らず。最後もそこはやはり五点掌爆心拳で締めていただきたかった。
BoiledEgg

BoiledEggの感想・評価

3.7
冒頭の主観バイオレンスアクションに始まり、工夫を凝らしたアクションシーンの乱れ打ちといった印象。しかし、それだけでなく、しっかりと主人公の人間性が掘り下げられていたので、感情移入もできた。
他のキャラクターも良かった。

ストーリーは引っ掛かるところも少しあったが、それが気にならない程に楽しめた。
>|