悪女/AKUJOの作品情報・感想・評価

悪女/AKUJO2017年製作の映画)

악녀/The Villainess

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒ(キム・オクビン)は、育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)にいつしか恋心を抱き、結婚する。甘い新婚生活に胸躍らせていた矢先、ジュンサンは敵対組織に無残に殺害されてしまい、逆上したスクヒは復讐を実行。しかしその後、スクヒは国家組織に拘束されてしまい、ミッションを10年間つとめたのち自由の身になるという条件のもと、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。や…

犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒ(キム・オクビン)は、育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)にいつしか恋心を抱き、結婚する。甘い新婚生活に胸躍らせていた矢先、ジュンサンは敵対組織に無残に殺害されてしまい、逆上したスクヒは復讐を実行。しかしその後、スクヒは国家組織に拘束されてしまい、ミッションを10年間つとめたのち自由の身になるという条件のもと、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。やがて新たに運命の男性に出会い幸せを誓うが、結婚式の日に新たなミッションが降りかかり――。

「悪女/AKUJO」に投稿された感想・評価

様々なアクション映画の革新的アクションを
ブラッシュアップさせて取り入れている作品
だとは思っていたが、ま・まさか ・・・あの!
"達磨日向ボンネット乗り"までとはッ(;゚Д゚)!!
(↑たぶん違う )

新幹線に乗って『悪女』を観てきましたよ☆
(鑑賞後お酒を飲みながら"悪女"1人反省会)

アクション映画好きとしてはかなりの期待値で
観に行ったがその期待を越えていってくれた!
アクションは素晴らしかった(´∀`)アリガトウ☆
アクションはね!(←嫌な感じの言い方)

私は昨年たくさんの素晴らしい作品があった中
『ハードコア』をベスト10にしました(°Д°)!
その理由はこの作品はアクション映画として
革新的であり歴史的作品!間違いなく今後の
アクション映画に影響を与えていく作品として
アクション映画好きとしては絶対ベスト10には
入れたい!入れなくては!という思いでした。

そして"悪女"を観て・・・嬉しくなりましたよ♪
繋がっている(*゚∀゚)ノ!間違いじゃなかった!

1人称視点から切り替わってもスピード感が
落ちず、そしてとにかくカメラが近いッ(°Д°)!

この近さと、なるべくCGを使わないで生身の
アクションへのこだわりと頑張りが迫力ある
素晴らしい映像を間違いなく作り出している!

あとこれは贅沢な話だが・・・
ここまで頑張っているならもう少し銃の扱い
にもこだわってほしかったなぁー(´-д-) ハァー
( 銃の片手撃ちが気になってしょうがない )

さて…アクション最高に素晴らしかった!
なんですが ━━━お話のほうが( ̄~ ̄;)ウーン

うまくない。うまく出来ないくらいなら
物語はもっとシンプルにしてほしかった。

幼少期から殺人スキル訓練を受けていて既に
殺人マシーンとして仕上がっている設定の
スクヒがなぜかまた暗殺者養成所に入れられ
殺人スキル訓練を受ける。いらない( ̄Д ̄)ソレ

そのうち、これ・・・伊藤かずえや比企理恵が
出てくるんじゃない?!( ; ゜Д゜) モシカシテ…
と思ってしまうくらいの大映テレビライクな
キャッキャッしたレディアサシン養成所・・・&職安。
(↑決して嫌いではないが)

大殺戮大会とラブストーリーパートの落差に
あたしゃークラックラッ(@_@;)きましたよ。

好きです!( ・д・´) キリッ

えっ?!(〃▽〃) ポッ

待つのが♪(・∀・* ) テヘ

って。オレはいったい・・・
何を見せられているんだッ( ̄Д ̄;)ナンダコレ

などと、
わたし的にはいらないシーンが満載でしたが
素晴らしいフレッシュなアクションシーンが
これでもか!と次から次へと満載でしたので
いらないシーンを私の頭から消去できた時に
アクション映画の傑作となるんでしょう(*゚∀゚)ノ!!

いつの日か ・・・ ( 遠い目 )

おしまい。

※アクションシーンだけなら…大傑作です!!
るび

るびの感想・評価

3.0
そりゃカンヌも騒然となるわって感じの暴力描写。観てるこっちまで2リットルくらい出血したけど私は好き。
ストーリー自体は2万回位観たことあるやつなんだけどアクションが凄い。オチを知った上でもう1回観たい。
韓国版ハードコア×キルビル×ニキータ。
おしん

おしんの感想・評価

3.7
なんか、この手のストーリーはありきたりな感じが拭えないなー。
KUTSUWADA

KUTSUWADAの感想・評価

3.9
怒りと悲しみが来た〜
韓国映画あんまり詳しくないが、なんかグッとくる。リアリティがあるけど無いような。無いようだけどあるような。
シーモ

シーモの感想・評価

3.2
アクションはやはり見応えがあった。ただ、こんなアクションを撮りたいっていうところから逆算してストーリーを繋いでいる感じがあって、それがスッキリ感を削いでいるなと感じた。僕はやっばりアジョシ的なスッキリ感が欲しいんです。
そんな悪女じゃないやん。
最初だけやん。
どっちか言えば悪男だろ。
綺麗な人やったけど。
予想と違った。
悪女ってゆうぐらいならもっと悪魔になってくれないと。
タイトル負け。
そしてあんな最初、暴れ回って40人ぐらい殺すのに、何で2人ごときにやられかけるの❓
あんだけ訓練してた女の人もあっさりやられるし。
何だかなぁ〜。
最初の人と同じ人何かなぁ〜❓🙄
評判どおりの素晴らしいアクションは最初だけだなぁと思いながら観てたら、最後に来ましたよ! 素晴らしい!
でもストーリーは既視感ありありだし、国家組織が関わってるのにこぢんまりとした話だし、アクションを活かすために冗長になってる部分もあるし、トータルでは満足感少なかった。
この主人公が活躍するアクション主体の続編なら観たい。
Sinya

Sinyaの感想・評価

2.5
冒頭のアクションシーンが騒がれていたので鑑賞。

正直、凄かったが、期待したほどでもなかった。

ハードコアを思い出す、ゲーム風のPOVアクション は良く出来ていたし、
1カット風のPOVアクションシーンをカットを変えず変化させるアイデアは面白いと思いましたが、
あまり成功とは思いませんでした。

POVが変化した時にバイオレンスアクションをしたのが、女だった!驚って言うのはわかりますが、まず、タイトルでわかるよ!と思いましたし、何よりこのカメラ視点の違和感が半端ない!と、感じてしまった。

POVから始まったばかりに、切り替え後は、撮影してるお前誰なんだよ笑みたいな

撮り方も一歩引いただけで、POVの時にかんじた、見にくい感じも変わってないので、正直、変化させた意味がわからない。

冒頭のワンカット風味は主人公の顔をはっきり映して終わるが、なら、最後に鏡を見て→主人公の顔見せ→POV切り替えの方が良かったのではないかとも思ったり(切り替え後は、カメラを固定し、主人公が去っっていくだけでもいいような、クレーンで思い切り俯瞰に切り替えるとか)

もっと上手くいく方法はなかったのかなと思ったり

パッケージで期待していた。ウェディングドレスとスナイパーライフルは、
正直、脚本が微妙だった為に乗れずにがっかり。画はカッコいいのにもったいない。

後、冒頭アクションのゲームぽさは、ハンマー1つで殴り込む オールドボーイの時も感じた (もっともオールドボーイは横スクロールアクション系だったが…)韓国のゲーム人口はもしかして高いのかな?と思ったりもしました。
>|