悪女/AKUJOの作品情報・感想・評価

悪女/AKUJO2017年製作の映画)

악녀/The Villainess

上映日:2018年02月10日

製作国:

上映時間:124分

3.7

あらすじ

犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒ(キム・オクビン)は、育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)にいつしか恋心を抱き、結婚する。甘い新婚生活に胸躍らせていた矢先、ジュンサンは敵対組織に無残に殺害されてしまい、逆上したスクヒは復讐を実行。しかしその後、スクヒは国家組織に拘束されてしまい、ミッションを10年間つとめたのち自由の身になるという条件のもと、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。や…

犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒ(キム・オクビン)は、育ての親ジュンサン(シン・ハギュン)にいつしか恋心を抱き、結婚する。甘い新婚生活に胸躍らせていた矢先、ジュンサンは敵対組織に無残に殺害されてしまい、逆上したスクヒは復讐を実行。しかしその後、スクヒは国家組織に拘束されてしまい、ミッションを10年間つとめたのち自由の身になるという条件のもと、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。やがて新たに運命の男性に出会い幸せを誓うが、結婚式の日に新たなミッションが降りかかり――。

「悪女/AKUJO」に投稿された感想・評価

yap

yapの感想・評価

2.0
2018.02.14鑑賞。
冒頭からの「ハード・コア」的アクションシーンは圧巻。主演の女優さんもすごいのだが、やっぱりMVPはカメラマン。近年のアクション映画はカメラマンにまでアクションを求める笑。
ただ、ストーリーがいただけない。「ワザとやってる?」と思うほど、わかりづらい話の展開の仕方で全くノれない。最終的に戦う相手をあの人にするためにしたいのならば、別のストーリー構築もできたはずなのに。
中盤までの組織の男とのラブストーリーが結実するまでが個人的にはピークでした。
Youhei

Youheiの感想・評価

2.7
61本目
アクションはすごい、、
皆さん書かれているようにカメラワーク
これどやって撮ってるんだろ…

ただご飯食いながら見るべきじゃなかった…めっちゃ血出るし痛い
それにストーリーだいぶよくわからん
Pudding

Puddingの感想・評価

2.3
例えるならカンスト状態からスタートできるFPSゲームの実写版。アクション好きにはかなりオススメ!

以下、個人的主観です。
メインとなる整形+時間軸移動。更に髪型、名前、境遇、クールビューティー女総出演。更に主人公以外の目線も介入してくる為、極上謎解きサスペンス並みに無茶苦茶頭使いました。

是非これから見る方にはあらすじと予告を見て大体の人間相関図を頭に詰めてからのご鑑賞をオススメします!

アクションだけなら☆4点以上。

追伸①:ご飯を口にたんまり入れて喋るウネの破壊力が半端ない。会話内容よりそこに目が行くわ!
追伸②バスの運転手へのとある仕打ちに泣いた。黙祷。
しろ

しろの感想・評価

3.8
冒頭は一つの組織を壊滅させるほど、殺戮のシーンから始まりますが、撮影方法も独特です。
主役の目線からナイフや銃、あらゆる武器を使い殺しまくるシーンは、撮影と思えないほどリアル。

ウエディングドレスでの狙撃銃を構える姿は、美しさを感じるほど印象に残る。

一番驚いたのは、スクヒが整形される前と後の女優さんが別々の方だと思っていたんですが、両方とも同じ女優さんが演じていたんですね。
『雰囲気似てるなぁ』くらいの感覚で観てました。

アクションが凄かった!!
冒頭から圧倒されたし観る人を飽きさせないよう練り込まれていて良かった!!
ストーリーもどうせ薄っぺらいだろうって思ってたら結構ドロドロで面白かった!笑

韓国映画斧の出演率高すぎない??笑
koh

kohの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

韓国映画はそんなに本数見てないけど、たまに思うのは斬新な演出や脚本に挑んでいる気概を感じます。

冒頭の一人称視点の殺戮シーンしかり、バイクアクションしかり、先の読めないストーリーしかり。

好印象です。大体美男美女ですしね。

最後のカットと笑い声で「悪女」なのかなあ、違う気がするけど、とにかく主演の女性のアクションは物凄いです。
おりつ

おりつの感想・評価

3.5
カメラワーク凄すぎ!
思ってたほどグロくなくて安心しました。
"たとえ何があっても…あなたを信じるから。"

殺人の告白のチャンピョンギル監督作。犯罪組織の殺し屋として施設で育った主人公。過去との決別と復讐のクライムアクション。

監督繋がりで鑑賞。胸糞展開なストーリーやバイオレンスのエグさは流石韓国産映画。たまーに観たくなるやつ!血ぃドバドバ。アクションシーンのカメラワークが秀逸だった!バイクアクションのシーンとか、どうやって撮ってるんでしょうか、、、兎に角アングルと臨場感がすごい。ドローンでも使ってるのかってレベル!オープニングの一人称視点は圧巻。まるでリアルなゲームで主人公を操作してる感覚でした!展開は少々読めてしまいますが、アクションでかなり見応えあり。

最後の笑いは…悲劇の主人公というよりは、悪女のスイッチが入ってしまった笑みだったのでしょうか…背筋が震えた。
Barolo

Baroloの感想・評価

3.3
つ、つおい:(;゙゚'ω゚'): この主人公と戦うには、ターミネーターとエイリアンとジェイソン・ボーンとプレデターと雨上がり決死隊が必要でつ。雨上がり決死隊は、勿論、盾でつ(ファンのみなさん、ごぺんなさい)。

ばさり、ぐさり、ずどん、びちゃん、あふん、ばかん、とオノマトペ総動員で殺戮を繰り返すのですが、主人公の亡くなられたお父様の背景がイマイチ分からなかったのと、娘さんが気の毒だったのが、残念なところでつ( ̄▽ ̄) あとは、エピソードがブツ切れで、爽快感があまり感じられなかったのも残念でした。オープニングで飛ばしすぎでつかねー(^_^;)あれを、エンディングに持ってきたら、どーなんでしょ?逆にありきたりでつかねえ?慈愛に満ちた評価の多いわらすにしては、低評価だったのは、予告からくる事前の期待値がかなり高かったのも否めまぺん( ・᷄ὢ・᷅ )

綺麗な人ばっかり出てくるんですが、韓国の綺麗な女の人は、みーんなあーゆー恐ろしい殺人マシーンなのかなーと思うと、怖くてベッドで泣きながらタオルケットかぶって震えてました。

つおくなりたい・・・( ・᷄ὢ・᷅ ) ジムでも行くか・・・でも、バローロの決意は3日ともたないのでつ( ̄▽ ̄)

さーて、今日もブルーを散歩に連れて行くかなー( ̄▽ ̄)昨日は3人ほど食べちゃったからなー。今日は気をつけよっと。

とってんからりのぶー
>|