磨

映画ドラえもん のび太の宝島の磨のレビュー・感想・評価

3.8
ドラえもん、大好きでした。
毎週金曜日の放送が楽しみだったし、大晦日は《大晦日だよドラえもん》が自分の中で年の瀬の一大イベントだった笑
映画も8作目【のび太と竜の騎士】から14作目の【のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)】までは毎年劇場で鑑賞。それ以外の作品もビデオテープなり、DVDで鑑賞。

ただし、大山のぶ代時代に限る…

そう、水田わさびになってからまともに観た事が無かったんですね、(仕事上、少し確認する事はある)なので、期待と不安半々でブリキの迷宮以来ちょうど四半世紀ぶり(!)に劇場鑑賞。

やはり安心して楽しめるものだった☺️
声の違和感はしょうがないから忘れるとして、タイトルに至るところとかは同じだし、相変わらずドラえもんは劇場版だとポンコツ笑、もちろん大人も楽しめる。感情表現は昔より豊かになってるし、何より敵の組織に本当の悪者はいないところは子供にもいいと思う。空き地やのび太の部屋のディテールは多少異なってたかな?後は「治外法権」なんて難しい単語、昔使ってたか?気にしてなかっただけ?
それに、しずかちゃんってあんな可愛かったっけ?自分がロリコンなだけか?笑

星野源の主題歌『ドラえもん』
彼のドラえもん愛を感じるいいテーマソング♪曲中に我々大山のぶ代世代に嬉しいメロディも‥子供と来て、親もテンション上がる所ですな😝