映画ドラえもん のび太の宝島の作品情報・感想・評価

映画ドラえもん のび太の宝島2018年製作の映画)

上映日:2018年03月03日

製作国:

3.6

あらすじ

「映画ドラえもん のび太の宝島」に投稿された感想・評価

masa

masaの感想・評価

3.9
ミニドラたちが可愛すぎて(*´ェ`*)
ストーリーも感動で泣けた~♪
りょう

りょうの感想・評価

3.0
星野源の歌が良かった
声優変わってからの劇場版はじめて観たけど思いのほか好きになった
映画見終わってすぐはちみつがたっぷりかかったフレンチトーストを作って食べた

このレビューはネタバレを含みます

ストーリー以外はほぼ高得点と言える内容、
ただし、ストーリーとそれにまつわるような設定はお粗末な印象。
大雑把なストーリーは、

のび太が宝島に興味を持って冒険に出て、
たどり着いた宝島で謎の海賊に勘違いでしずかちゃんをさらわれる。
その時助けた海賊の少年と一緒に海賊を追いかける。
海賊は実は未来から来ており、地球の破滅から逃れるために、
宝島(宇宙船)で過去の地球のエネルギーを奪い、旅立とうとしていた。
でもドラえもん一行の熱い血と涙の説得により未来へ帰って行った。
(間に少年は実は海賊船の船長の息子で~とかがある)

ということで未来からやってきた犯罪者が騒動を起こすので、
タイムパトロールが登場するのかと思いきや登場せず
(フー子でも登場しなかったが、あっちは台風、被害は甚大なものだっただろうが…、こっちは地球壊滅危機)
途中の描写から察するにドラえもんが来た未来軸とは別の未来軸から来ている。
そんな侵略者ともいえる犯罪者に対してなぜTPがお仕事をしないのか、
地球破滅するって言ってるけどタイムマシンあるならもっと別な手段を講じろよとあっちこっち文句を言いたくなるストーリーでした。

ただ、ドラえもんの映画は毎度ですが、キャラクターの熱い活躍があり、そこは楽しいものでした。
久しぶりにミニドラの登場もおおく、来年の映画にも期待です。
のび太が賢い
終

終の感想・評価

-
表情、声色、アクションがもう可愛い!
一つの場面でそのアクションがあまりに豊か!
子供向けのさっぱりした悪者を改心させる家族映画だったけど、わかりやすいのもドラえもんらしくて良いね〜〜
ミニドラがまた可愛らしく、終わりに流れる星野源の曲も良かった〜
みずき

みずきの感想・評価

3.5
声が変わってもなんだかんだ見てしまうドラえもん映画。
今回は結構内容に変更があって新鮮だったな!
テーマが親子の時は必ず泣いてしまうので、今回もラストでやられましたΣ(ノд<)
大山のぶ代世代です。
久しぶりにドラえもんの映画を観ました。

のび太の射撃がかっこいい、ジャイアンは頼もしい、スネ夫はずるくて気弱だがが賢い、しずかちゃんがかわいい!!
相変わらずで安心しました。
子供向け映画は、キャラが際立っていていいですね。

とにかく作画が凄かった。
ジャッキー・チェンばりのアクションシーン、光が反射する海の波、近未来的な建物や乗り物のデザイン、キャラクターデザイン、ロマン溢れるお宝の山、夏の景色や太陽の光、木漏れ日、キャラクターの動きや表情…見とれてしまいました。

子供向け映画ってこんなに力入ってるのか…。
子供がワクワクするのも分かります。

そして最後に流れる星野源さんの楽曲。
この映画で使われてたんですね!!

最後はほろりと泣いてしまいそうでした(笑)


甥っ子と一緒に見たのですが、またドラえもんの映画にハマりそうです。

ロマンが詰まっています。
簡単に子供時代に戻れます。
単純にワクワクしたり、感動できます。

今度は一人でちゃんと観ようと思います。
大人になっても劇場版ドラえもんは観てしまう(*>ω<*)
今回もワクワクできて楽しかったよ👍
のび太の男前なセリフにドキドキ💕
>|