拓風

囚われた国家の拓風のレビュー・感想・評価

囚われた国家(2019年製作の映画)
3.0
宇宙人に侵略された後の世界の話だけど、いわゆるよくある宇宙人とレジスタンスがドンパチ、最後に倒したぜヒャッハー!というのは無し。

支配している宇宙人、その宇宙人に協力する人への反抗をするレジスタンスの話で、レジスタンスのメンバーの動き、それを追う警察を芯に据えたストーリー。
メインの登場人物の動きが中心なので、別に宇宙人でなくても独裁者などに置き換えても成り立つストーリーかと。

宇宙人も申し訳程度の出番と出立ち。

ラストはたぶんそうなのかなと予想できたエモーショナルな方向に。
でもこれは果たして勝てるのか。

肩透かしと思う人、一味違うなと思う人、それぞれがいそうな映画。