りるな

囚われた国家のりるなのレビュー・感想・評価

囚われた国家(2019年製作の映画)
3.4
ラストがいい。

テンポ良くストーリーが進むけど、説明がかなり省かれているため、途中「ん?」となる。

「マッチを擦り、戦争を起こせ」モットーがいい。ひとりひとりの活躍は地味だけど、そのひとりが欠けると作戦は上手く行かない。

いつも普通に生活をしている人が実はレジスタンスで、大義のために地道に活躍している感がすごい出てる。仲間同士の伝達方法も所謂スパイ系の派手でかっこいいものとは違い、地味で日々の動作の中からのものばかり。なんかワクワクする。

冒頭にMGKが出て来たときはびっくりした!笑
たまにひょろっとMGKやピートダビットソンとか出てくる洋画は、シリアスな内容でもクスってなる。