えくそしす島

囚われた国家のえくそしす島のレビュー・感想・評価

囚われた国家(2019年製作の映画)
4.0
パッケージで想像しうる内容と乖離している為に誤解され低評価になりがちな作品。

まずSFゆえの派手な戦闘や描写は期待しないで欲しい。
エンタメ作品としてのわかりやすさは無いに等しい。その手の作品とは一線を画す。

SFが題材じゃなくても通用する一級品のレジスタンス物だ。

あらすじはこうだ
異星人に侵略され統治下に置かれた政府。資源は搾取され続けている。
生かしてもらうことを選択した人類。だがそれに抗う少数のレジスタンス達がいた。
異星人達はどこかに潜み、居場所すら突き止めるに至っていなかった…

この作品は非常に地味である。それはとても良い意味でだ。
作品の質感や雰囲気はジャンルは違えど「裏切りのサーカス」に似ている。

何を考え、何を実行し、何を目的としているのかを、言葉ではあまり説明しないし描写でもわかり難い。
その為、途中までの評価はあまり高くない人が多いのも致し方ない。パッケージ込みなら尚更だ。

だが、この作品は全てのフラグや謎、経緯がラストに集約する作りになっている。

この身震いするほどのラストは非常に稀であり濃厚な余韻を残す。

ありがちな奇を衒った大どんでん返し系ではない。今までの過去、そしてまだ見ぬ未来さえもが一気に脳内に広がる。

このラストは5点満点だ。

CGや異星人が稚拙に見える場面もあるがそれを補って余りある伏線回収の妙。

観終わってなおレジスタンス一人一人の生き様と役割に想いを馳せる。