アモット

囚われた国家のアモットのレビュー・感想・評価

囚われた国家(2019年製作の映画)
3.0
序盤から分かりづらい。
終始分かりづらい。
きっと僕の頭が悪いだけじゃないはず。
予習が必要な映画なのか?
もう少し説明があっても良いような。

全てをエイリアンに掌握されているから通信手段がめっちゃアナログ。
それに関わらずアナログ的なものが多々。
近未来なのにその辺のミスマッチ加減がなかなか狙ってるねーって感じが見えて萎えちゃう。

ナマコウニみたいなエイリアンに掌握された政府と反逆者とのやり取りなんだけど前述のように分かりづらくて参った。