edi

囚われた国家のediのレビュー・感想・評価

囚われた国家(2019年製作の映画)
3.0
これ、ずーっと期待してた作品。

思ってたのと、だいぶ違ってた。

異星人に支配されて何年も経ち、荒廃した世界を描く。

政府は異星人に統治され、自治政府になっていて、異星人に抵抗するものは反政府のテロ組織とみなされている。

それを排除しようとする政府側の人間とレジスタンスの水面下の攻防に主眼を置いたサスペンス。

なので異星人との戦闘などないし、そもそも異星人がほとんど出てこない。

支配してるのが異星人である必要があったのか、疑問に思う。

ただ、ラストはちょっと感動した。