poteo

囚われた国家のpoteoのレビュー・感想・評価

囚われた国家(2019年製作の映画)
2.9
2022-029
イマイチ
エイリアン襲来モノだが、結果的に侵略され各国の政府が従属した社会で、エイリアン相手にテロリストが奮闘する話。

結果的にエイリアンvs人類では無く、従属した政府vsテロリストの様相。

根本的にエイリアンによって、「何が奪われて、何を押し付けられたのか?」のかボンヤリしてて一般人の生活がどう変わったか?何に不満を持ってテロリストが生まれるのか?が伝わってこないのでテロリストや逆に政府側に感情移入できない。

ビジュアル的にも地味で似た絵面が続くので長く感じた。