magicbox0025

囚われた国家のmagicbox0025のレビュー・感想・評価

囚われた国家(2019年製作の映画)
3.8
オープニングでいきなりエイリアン(奇怪さに驚く!!)に占領されてしまった近未来ディストピア物

エイリアンはその後ほとんど現れず人間同士の争いが話の大半だが
派手な演出は無いけど淡々と静かに恐ろしい
(そしてジョナサン・メジャースが良い!)

「マッチを擦れ」の言葉が最後に効いてくる佳作

他のユーザーの感想・評価

宇宙人の出番が少なめのSF映画で全体を通して重たい感じで結構好み。

ラストは好き。
ハッとさせられました。
50Kenzo

50Kenzoの感想・評価

4.0
エイリアンに占領されたアメリカで繰り広げられるレジスタンス達の闘い。アクションなどの飛び道具に頼らない、まるでスパイサスペンスのようなゴリゴリ硬派のSF映画。

エイリアンの目的は地球資源の略奪なんですが、大多数の人間は懐柔されており、レジスタンスは人間側からも取り締まられる存在です。

常に静かな緊張感が漂っていながらスピード感のある展開もあり、大人向けの渋めな作品だと思いました(-_-)
設定や世界観は好き。ただ宇宙人はほとんど出てこず内容はなかなか地味。レジスタンスたちの作戦も緊張感があってよかった。でもMr.1の正体は序盤で予想できてしまうなあ。
人類が地球外生命体に支配されてから9年後、シカゴではレジスタンスが自由を取り戻す戦いを開始。支配を受け入れた人間たちは、レジスタンスの掃討に乗り出す。


よく分からん。
栗松

栗松の感想・評価

3.1
宇宙人に負けた後の植民地化されたアメリカが舞台の映画、主人公はレジスタンスで最後は何とも言えん終わり方した

このレビューはネタバレを含みます

エイリアンに地球があまりにもあっさり征服されてしまう。
緻密に作戦を遂行するシーンなど緊迫感もある。
終盤のどんでん返し(?)はそれに繋がる伏線は感じられず、後から何とでも言えてしまうように感じた
キャスト的に役割を想像できたが、もう少し伏線を張り巡らせてほしい
(もしあったならそれを理解できなかった)
ありがちなオチだけれど、上手く出来ていると思う
お金をかけないSF映画
見どころ、盛り上がりどころは少なかったけれど、中々面白かった

カーンが出ていたけれど、胡散臭くない。寧ろ魅力的に描かれていた
良い人役も見ておくのは自分的にも良いかも

この設定はかなり面白いので、お金かけて作ってればもっと楽しめたかも
でも、この作り方だったから見応えあったのかもしれない

ツッコミどころがあったのが残念
追跡や盗聴されてるの、バレバレでしょう
レジスタンスがこれに気づかない訳がない
その点、少しイライラしてしまったのがかなり残念

SFとしては物足りないが、ドラマやミステリーとしてはまぁたぁ楽しめた
りり

りりの感想・評価

3.3
地球に侵略してきた宇宙人の支配下で暮らす人間達と、その支配に反抗し水面下でテロを計画するレジスタンスを描いたディストピアSF。テロの方法も独特だし、そのアイテムがラストに活きてくる展開もおもしろかった。が、とにかくシリアスで暗い!つらい!
マッチョなやつが宇宙人殺しまくって国家を救う!みたいなアクションSFではないところは新鮮だけど楽しい感じの映画ではないので注意!
INFPの丁

INFPの丁の感想・評価

3.2
ウニが食べたくなる映画

面白くなりそうな雰囲気だけ残して終わった
Bee

Beeの感想・評価

3.5
超硬派なレジスタンス映画。雰囲気が終始よかった。ハリポタのスネイプ先生をちょっと思い出す。
エイリアンは出てくるけど、エンタメ感はない。だけどそれが潔い。
「囚われた国家」の感想・評価を全て見る

magicbox0025さんが書いた他の作品のレビュー

RRR(2022年製作の映画)

4.4

アチぃ~!
ほとんどの場面がアチぃ~

主人公ビームとラーマは実在した活動家だそうで
それにしてもここまで神格化するかというくらいの超人ぶり
超人血清を打ってるとしか思えない。

インド映画にアンニュ
>>続きを読む

シャザム!~神々の怒り〜(2023年製作の映画)

3.9

予告編の軽くて浅いノリがあまり好きじゃなかった上に
1作目もDVD鑑賞したが正直のれなかったので
今回もどうかな~と思いつつ、
時間があったのでたまたま映画館で鑑賞

予想に反して非常に楽しめました!
>>続きを読む

フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ(1966年製作の映画)

3.5

巨大ダコと巨大フランケンシュタイン?
当時フランケンシュタインの権利を買い取っていたとの事で
第二のゴジラを狙っていたのか

これを初見で観て、あぁフランケンシュタインね
てならんから…

しかも人食
>>続きを読む

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ブラジルのとある村が殺し屋集団に襲われ…

冒頭からSFホラーぽく進めておきながら後半まさかの展開

クライマックスの胸糞セミプロ(ここがミソ)殺し屋集団が返り討ちに会うのは中々のカタルシスがあります
>>続きを読む

誘惑のアフロディーテ(1995年製作の映画)

3.8

妻の強い勧めで養子を引き取る事になった主人公レニーがその子の優秀さに生みの親がどうしても気になり…

と止めときゃ良いのに感満載の話ですが
ギリシャ神話「オイディプス」になぞったウディ・アレン作品だそ
>>続きを読む

JSA(2000年製作の映画)

3.9

今や名匠と言えるパク・チャヌク監督を世に知らしめた
南北分断友情物

この頃からどこかもの悲しい作風は変わらず、
明るい場面でもなんとなく不穏さを感じてしまう。

ソン・ガンホのガサツなのに温かみのあ
>>続きを読む