もちごろう

囚われた国家のもちごろうのレビュー・感想・評価

囚われた国家(2019年製作の映画)
4.0
ラストが胸熱すぎる。侵略完了済みの地球どうなるの映画。統治者に立ち向かうテキパキなレジスタンスたち(テロリストですが...)、胸熱の展開で面白かった。そして何より、ラストで合点。犠牲になった人たちは無念だけど、でもラストで全て報われた気がした。若干WW2後の吉田茂の決断に似たような感銘を受ける感じでした。なんでこんな評価低いのか、若干世間様とのズレを感じるなう!笑