kaz

囚われた国家のkazのレビュー・感想・評価

囚われた国家(2019年製作の映画)
3.0
あら、評価が低い。平均3.3(20200913現在)ですか。もうちょっとあっても良いと思う。

filmarksの住人達は映画を観過ぎて、映画不感症になっているんじゃないかしら。評価が厳しいなぁ。

私は結構好きだった。
終始緊張感があるし、余計な説明がなく、エイリアン側の戦力とか、人間に対する評価とかが全く分からず、それが逆に観ているこちらの不安を煽って良かった。

ごちゃごちゃ説明セリフがないのは良い。アホな私には分かりやすい作品も、それはそれで理解し易くて良いのだが、本作のようなごちゃごちゃ喋らない作品も好きだ。

エイリアンに対する抵抗手段が、少な過ぎるのが少し残念だが、もし続編があるなら劇場に行って観たい。それくらいには良かった。

星は3つだが、満足度は高い。3.7とか。


あと、いざとなったら鳩で連絡。


マッチをすり 戦争を起こせ
抵抗する限りチャンスはある