囚われた国家に投稿された感想・評価 - 8ページ目

「囚われた国家」に投稿された感想・評価

SF作品だからなのか⁉︎・・今ひとつ良く解らない映画だった。


エイリアンに支配されてしまった地球でレジタンスたちが立ち上がり抵抗を試みる映画でした。


エイリアンたちは地球の核に近い地下に住んでいる・・地上では人間たちが身体にGPSを埋め込まれて監視されていた。


唯一素敵だったのが劇中流れるナット・キング・コールの唄う『Stardust』が心に沁みた。
tanyaaa

tanyaaaの感想・評価

3.1
ちゃんとついていけずにおわった。
何が悪で何に抗おうとしてるのか。
最大の欠点は侵略者であるエイリアンの悪辣さが描かれない事。
オープニングシークエンスで華麗な殺戮が描かれるものの
それ以降はほとんどエイリアン自体の登場が少なく
侵略されているとはいえまあそれなりの日常は送ってそうで
レジスタンス側の正当性が担保されていない。
体制への反乱≒テロ行為を許容できるほどの演出になっていないこと。

またレジスタンス勢が「合言葉」をきっかけに行動を始めるんだけど
なにせこちらにきちんと説明されていないものだから
置いてけぼり感、物語についていけないというのが本音。
もちろん置いてけぼり感が重要な映画もあって
「ボーダーライン」とかはまさにそれが活きる映画なんだけど
本作においてはそれがうまく機能しているとは言い難い。

低予算映画なりに頑張ってはいるものの
ビジュアル面に見応えがあるものはなく
近未来感も一時代前な映画で見たような古臭さで
ちょっとイマイチ。
エイリアンに全面降伏した地球で戦う人々の群像劇。占領統治におけるレジスタンス達の戦いをSF映画の枠で描く内容で、自由を脅かされることへの抵抗を一人の視点ではなくそれぞれの戦いとして語られていて、大作映画とは違ったSFとスパイ映画の組み合わせのうまさがとにかく最高でした。
Amazonプライム・ビデオにて鑑賞

前半はかなり地味で抑圧された雰囲気と閉塞感が凄かったですが、中盤以降、それがちょっと崩れて、後半はペース配分を上げたせいか、前半の丁寧さがなくなったのにちょっと戸惑ったというか。最後に全てが収束していくような展開はよかったですが、やはり地味ですね(笑)。

なんか凄く喉が乾くような映画でした。
ちちち

ちちちの感想・評価

2.6
長かった。盛り上がりのない映画なので好き嫌いが分かれると思う。
ラストはエモい展開だったけど、自分では意味がわからなくて解説を読んだの巻。
すべてはラストの為にあるストーリーなんだと思いました。
かむら

かむらの感想・評価

3.1
地味。
雰囲気等悪くないのですが
地味。
物語もただ起こることを見せられることが続くので、観ててあまり感情が動かなかったり
ただ、侵略者vsレジスタンスのヒリつく雰囲気はよかったです。
ひー

ひーの感想・評価

3.0
ん〜よーわからんかったな、、
シリーズものの真ん中あたりを見てるのか?っていうくらい内容が入ってこなかったな〜

結局人間は統治られる側ではないのね👽
もじゃ

もじゃの感想・評価

4.0
「マッチを擦り戦争を起こせ」

エイリアンに支配された世界。反抗勢力はテロリスト扱い。地球を取り戻せるか?

支配者はエイリアンだが、それを維持するのは恭順した人間。本来の仲間同士の分断がテーマであり、エイリアンとは現代社会にも実在する何かに置き換えられる象徴かもしれない。

オープニングでウニ星人の姿を出すことでそういう世の中なんだと信じさせる。序盤で抵抗活動が見つかってはマズイ危険なものだと見せる。中盤から具体的な反抗活動が進むが、ここも人対人の構図が悲しい。
基本的には静かで地味なシカゴの映像だけれど、それがレジスタンス活動にマッチして緊張感がある。

社会への主張を感じるSF作品。
たくみ

たくみの感想・評価

2.6
ストーリー★★☆☆☆
映像★★★☆☆
演出★★★☆☆
キャラクター★★☆☆☆
音楽★★★☆☆

あなたにおすすめの記事