天狗

偽りの忠誠 ナチスが愛した女の天狗のレビュー・感想・評価

3.3
ナチス、スパイ、美女とくれば真っ先に思い出すのが「ブラックブック」。ストーリーは覚えていませんが、主演の美人女優さん(カリス・ファン・ハウテン)の「身体を張った演技」がとても印象的でした。

「ナチス×スパイ×美女=主演女優の身体を張った演技」の公式?どおり、本作では主演のリリー・ジェームズが張ってくれます。リリー・ジェームズといえばつい先ごろベイビー・ドライバーでチェックしていた女優さん。

①ジェイ・コートニーはほんまにスッポンポンやったんか?
②なんでいきなり〇〇〇するん??できるん??
③クリストファー・プラマー渋いっす

前半は張った演技くらいしか見どころがないのですが後半にかけて盛り上がってきました。

でもやっぱりブラックブックともろかぶり、とくにラストシーンの主人公のファッションとか。

あ、でもお薦め良作です。