我は神なりの作品情報・感想・評価

我は神なり2013年製作の映画)

사이비/The Fake

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「我は神なり」に投稿された感想・評価

「新感染 ファイナル・エクスプレス」

「ソウル・ステーション」
が非常に面白かったので
同じヨン・サンホ監督作ってことで

ミルフィーユ状の
イヤ味

絵が好みだからか

その
イヤ味が

清々しい

ヨン・サンホ監督
恐るべし!
あきら

あきらの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

おっと、オレの知ってるキリスト教と違う!

信仰宗教みがあるし、なんか呪術的ってか土俗的?あの変なダンスとかなんなんだ⁈

けど元々信仰ってそういうものなのかもね。
何かに縋り祈るっていうのは、得体の知れない原始的なエネルギーを内包するのはわからなくもない。

いろんな意味で愚かな人間しか出てこないんだけど、何気に腹が立つのって実はあの牧師だ。
善良な顔をして詐欺師の思うままになってた。信仰心の名の下の思考停止が不快。

ただ宗教関連で難しいのは、善悪じゃなく、嘘まみれでも救われる人があるってのもまた事実。たとえどんなカルトであっても。

自分に罪はないと思いこむことこそ最も罪深い。「おぞましいのはお前だ」ってまさにそれなんだけど、あの男が、あの娘が、自ら選んだ道がそれだというなら、彼らにとっての決着はついている。
ならばこれもひとつの「救い」の映画であるのかもしれない。
納得はしにくいけどね。
Hiroyuki

Hiroyukiの感想・評価

4.0
ソウル・ステーション・パンデミックも観たが、2つ共に劇中の会話に言葉足らずな感じを受けた、何故もう少し上手く説明出来ないのだろうと。

ただ、映画自体はとても良い。監督のファンになった。

このレビューはネタバレを含みます

強欲で己が欲望のために他人を陥れる詐欺師
清廉で無知なものと善なるもの以外を悪魔と断ずる殉教者
怠惰で怒りと暴力で他人に自分の正義を押し付ける狂人
最初は長老や主人公がまったくの悪者のように見えた。長老のやったことや主人公の振る舞いを肯定するわけではないが、彼らはいわば、考える人であった。
しかし、それ以外の村人はどうだろう。自閉症の青年は簡単に絆されて殺人に手を染めたが、それは彼が考えることができなかったからである。彼と村人に差異があったろうか?信ずる者はなんとやらと言うが、最初に挙げた3人以外、誰も考える人がいなかった。宗教が悪いとかでなく、客観を重要視することを救いとするべきだったろう。
韓国のエンタメは肯定をしめすものが多い傾向があるけどやっぱり生きにくいんだろうね、みんな辛いんだろうね
日本はどうだろう
もみ

もみの感想・評価

-
ハレルヤダンスやべえ〜笑笑
ヤンイクチュンってこんな声してたっけ。

そもそもオッサンが妻子にあんな仕打ちしなければ、少なくとも娘は幸せになれたかもしれないよね。
おっさん終盤で今さら泣いてんじゃねえ〜!!!

一番悪いやつは至極真っ当なツラをしているよね。
うん、うちんちは代々クリスチャンでこの手の話にいちいち語気が荒くなってしまうのだけど、宗教なんてね都合よく信じて都合よく救われた気になっておけばそれで良いのよ〜!

ただ、この映画は悪徳宗教という形で悪を描いているから単純にそう思えるのだけど、
現実社会を生きるわたしたちは、宗教以上に厄介なものに常に縛られているよなあ。
信じるものを間違えてしまったら、そこから逃れるのは本当に大変だよなあ。。。

やっぱり、他人のために生きることこそ美しい みたいな価値観はクソだと思う。そうして救われた人を見たことがないどころか、そんな人ほど苦しんで苦しみぬいて死んでいったじゃないか。

せめてわたしの大好きな人は、ちゃんと自分のために生きていてほしいよ〜
小森

小森の感想・評価

-
救いが無さ過ぎる....今年観た中でぶっちぎり厭な映画だった。
田舎の村に突如建ったカルト教会。粗暴な屑親父以外の村人は殆どどっぷりハマっていた。屑親父は娘をカルトから抜け出させる為に余計な事しまくる。宗教にすがるしかない娘がとにかく可愛そうだった。
SHIBA2

SHIBA2の感想・評価

4.4
不気味な絵だけどおっぱい揉むシーンはやっぱエロい。
おっぱいの偉大さよ
>|