我は神なりの作品情報・感想・評価

我は神なり2013年製作の映画)

사이비/The Fake

上映日:2017年10月21日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「我は神なり」に投稿された感想・評価

bbaa

bbaaの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

心が痛んだのは娘の受験代がないところまで、あとはもうどうやっても無理だこれはというところまでとことん墜ちてくれます。救いがない人ばかりで最高です。
nccco

ncccoの感想・評価

4.4
「新感染」のパクサンスがアニメーションで描き出す愛憎のドラマ。
信仰とは何か、を問うと同時に、善と悪は何か、を問いかける人間の根底に迫った作品。

人は、なぜ何かにすがり、何かを信じなければいられないのだろうか。この映画を観て感じたのは、信仰という行為によって救われようと欲す人間の滑稽さでは無くて、何かを信仰するように生まれ落ち、それを礎として生きる人間という生き物の不思議さだった。

絶対悪に見える主人公がマトモに見えてくるほど、神にすがりつき誤った方向へ進んでいく、人々の狂信が加速していく様は異様に映り恐ろしい。それでも、信仰故に絶望の中にも希望を見出し、安らかに死に行こうとする人々に正論を振りかざし信仰を打ち砕こうとする主人公が、それでもやっぱり悪人に見えてくるんだから面白い。

こんなに色んなキャラクターに感情移入可能な映画は観たことがない。誰もがときに悪でありときに正義である、場面場面で立場がするすると入れ替わってゆく構成がとても、とても面白かった。
自分の価値観がグラグラと揺さぶられ続けるダイナミックなストーリー展開にラストの大どんでん返し。最後の最後にハッとさせられるシーンがあり、「信仰とは何か」というこの映画のメインテーマを叩きつけられたまま暫くのあいだ劇場に取り残された。

無機質で無感情ながら、実写をそのままアニメにしたようなクオリティの高いアニメーションが退廃的な世界観を盛り上げる。実写の方がいいとレビューしてる人もいたけど、実写だったら観なかったな笑。
声優陣も熱演していて素晴らしかったです。

最後まで救いが無いし、誰にでもオススメできる類の映画では無いけれど、私にはど真ん中で刺さりました。ゾンビものだけでなく、またこういう系統での新作の発表を強く望みます。
モヤモヤするわ、、
信仰。暴力。
人間って弱いのか強いのかわからなくなる映画。
rainer1978

rainer1978の感想・評価

3.1
ほぼ想像通り。
果糖

果糖の感想・評価

4.5
すごい切ない 辛い
tyapioka

tyapiokaの感想・評価

3.9
真実が正しいとは限らない。インチキでも人が望んだ形なら、そちらの方が真実になることもある。エンタメとしてもなかなか面白い。主人公をクズ親にしているせいでまっすぐ物語が進まないのがハラハラしてよかった。善いことのために動くと悪い結果で終わる悲惨さ。展開はやや予想がつくものの、丁寧に人が描かれており、よかった。
kirin

kirinの感想・評価

3.0
切ない。虚しい。やりきれない。
こういうぶきっちょなお父さんっていますよね。私のお爺ちゃんがこんな感じの人でしたからなんとなく分かります。
でも母が苦労していたのも思い出しました。

ただこの映画を実写にするのであれば父親役は是非!キムユンソクさんでお願いしますっ!!!笑

終盤の牧師さんはちょっとおぞましかった。。。。Σ(゚д゚lll)

お父さんなんだかんだ言ってちゃんと娘を愛してたんですよね。ハァーー。(T-T)
え

えの感想・評価

3.7
時として残酷、生も信仰も
変則的カッサンドラ
RAY

RAYの感想・評価

3.7
どうしてでしょうか。
とても胸がモヤモヤします。

悲しいのか。

それとも怒りなのか。

違う。

虚しい。
うん。多分、そうだと思います。


この映画の凄いところについて語るのであれば、そこだと思います。
この様な答えのない感情を、登場人物と同様に抱かせるのだから。

もしかしたら、それは核心なのかもしれませんね。

映画『沈黙-サイレンス‐』や『サバハ』を観た時にも同じ事を言ったのですが、こう言った事には答えがありません。

正しいとか正しくないというのは、各々の中にあるのですから。


人間は弱いです。
だから、迷います。

そんなとき、「こっちだよ」って言ってくれる“誰か”が居てくれるだけで、強くなれたりもします。

その“誰か”が、ある人にとっては“神”なのかもしれない。


だから、思います。

もし、僕がその“誰か”になるのなら、救う気のない手は差し伸べてはいけないと。

だって、僕たちは誰しもが誰かの“側”にもなり得るのだから。


それだけは忘れてはいけない。

そう思わされるのです。
>|