singer

累 かさねのsingerのレビュー・感想・評価

累 かさね(2018年製作の映画)
3.3
いや、だから前から土屋太鳳は苦手なんだって。
でも、芳根京子は好きだしなぁってことで観たんですが、
結果、若手女優2人の迫真の演技が見れて、とても良かったです。

これは、共演というより、競演。
いや、狂演!?

ってな感じで、顔が入れ替わるという設定の下、
お互いが、二役を演じ合うという、そんな生易しいものじゃなく、
幼少期の事件で、顔に裂傷を負った累の狂気と、
その累を利用して、スターダムにのし上がろうとするニナ。
そんな強烈な2人のキャラをお互いが演じるわけだから、
もう、殆ど演技バトル物みたいな感じで、それだけでも見応えは十分でしたね。

でも、悪く言うと、それだけだったというか。
ストーリーは詰めが甘い感じがしたし、
ニナと累以外のキャラが薄すぎて、厚みが無かったんで、
その点はちょっと残念な気がしました。

苦手だった土屋太鳳は、
もう、普通の女の子っていう感じのヒロインは見飽きた感があるので、
こういうクセのある方向に進んでって欲しいなぁと。
逆に芳根京子は、もう少し小品感や日本風情のある、
邦画らしい邦画で観たいので、この路線はあまり好みではなかったです。
でも、今作の演技自体は、2人ともとても熱が入ってて良かったなぁと思いました。