斬切りバーニー

ハッピー・デス・デイの斬切りバーニーのレビュー・感想・評価

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)
3.5
冗談抜きでこれと同じ構想の夢を
昔見たことがあって

起きた時に
映画みたいな展開で面白かったなあと
手帳にメモしたものと似た内容が
ツタヤの手書きPOPに書いてあり
マジビビった(笑)

ベタと言えばベタだけど
こんなことって実際にあるんだな……。

昨今、人生は一度きりだと謳う映画の如何に多いことか。

そんな中、まさにゲーム感覚で
サクッと死んでやり直す主人公に
違和感を拭えない。

果たして、この子の恐怖心と痛覚は
一体どこに置き忘れてしまったの。
途中から死ぬことを屁とも思わない強靭さを
受け止め切れなくなるよ。

自分の命がかかっているのに
あまりに考えなし過ぎる。

その辺りから
あ、これホラーじゃないだと確信に変わるが

はっきり言って
コメディの力に甘んじてんだよね。

テンポの良さに流されるけど
割と整合性とれてないから。

犯人に辿り着くまでのプロセスも
頭ほとんど使わないので印象に薄く
一度見れば充分って感じ。

うーん、私の夢の方がまだ面白かったんじゃね?