くう

祈りの幕が下りる時のくうのレビュー・感想・評価

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)
3.0
試写会。

東野圭吾原作、テレビシリーズ『新参者』新作。完結編らしく、主人公・加賀がなぜ日本橋に拘るのかという謎にも関わるミステリー。

ちょっとした「日本橋周辺めぐり」にもなっており、加賀の過去が主軸の殺人と繋がっていく経緯が秀逸。

ストーリーが秀逸なのは原作ありきだからかなという気もする。原作未読なのでそこは何とも言えず。

また、若干ツッコみ所もあるわけなのだが……それも原作ありきなのかも知れない。

監督はTBSのドラマ「半沢直樹」などで有名な福澤克雄監督。連ドラではいつも大量のアップや大きすぎる演出が気になるけれども、映画の方がいい。

しかし序盤の大量字幕とモノローグの連続は若干気になった。なんか説明くさくて。どうしてあんな演出にするのか、ちょっと意図が読めない。

中盤から終盤にかけては繋がって解けていく謎の面白さに入り込んだ。親子の物語に泣ける。松嶋菜々子さんが本当に美しい。