祈りの幕が下りる時の作品情報・感想・評価

祈りの幕が下りる時2017年製作の映画)

上映日:2018年01月27日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。松宮(溝端淳平)たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが。押谷道子と越川睦夫の接点がまったく見つからず、捜査は難航する。滋賀県在住の押谷が何故東京で殺されたのか。 やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博…

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。松宮(溝端淳平)たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが。押谷道子と越川睦夫の接点がまったく見つからず、捜査は難航する。滋賀県在住の押谷が何故東京で殺されたのか。 やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。押谷道子は学生時代の同級生である浅居博美を訪ねて東京に来たことが分かるが、浅居博美と越川睦夫の間にも接点がなく、捜査は進展しない。松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、捜査を進めるうちに遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺する。それは孤独死した加賀の母に繋がっていた。

「祈りの幕が下りる時」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.2
「祈りの幕が下りる時」
2018/1/27 公開 日本作品 2018-026

阿部寛、東野圭吾コンビの加賀恭一郎シリーズの完結編。このシリーズは連ドラ、
スペシャルドラマ、映画と全て観てきました。とても面白いシリーズです。その集大成となる本作、素晴らしい作品でした。
「完結編にしてシリーズ最高の”泣ける”感動巨編の誕生!!」と予告篇のコピー通りの作品でした!!
全編、謎解きの緊張感に溢れ、特に阿部寛と松嶋菜々子の二人が真っ赤な部屋で対峙するシーンの緊張感は最高でした。
ほかの役者さんたちの演技にも迫力があり、阿部寛演じる加賀の母が抱えていた苦悩や松嶋菜々子演じる博美の壮絶な過去が見事に描かれていました。
息を呑む緊張感、そしてその背景に感動する、そんな素晴らしい作品です。

阿部寛主演、東野圭吾原作による「新参者」シリーズの完結編。東野の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」第10作の映画化で、2010年に放送された連続ドラマ「新参者」、2本のスペシャルドラマ、映画「麒麟の翼 劇場版・新参者」に続き、阿部が主人公の刑事・加賀恭一郎を演じる。演出家の浅居博美役を松嶋菜々子が演じるほか、山崎努、及川光博、溝端淳平、田中麗奈、伊藤蘭、小日向文世らが顔をそろえる。監督は「半沢直樹」「下町ロケット」「3年B組金八先生」など数多くのヒットドラマを手がけた福澤克雄
す

すの感想・評価

4.8
小説でもボロボロ泣いたけど、映画でも後半ずっと涙が止まらなかった...大切なものを絶対に守りぬこうとするとき、人はなんでもできるんだな。
過去の事件にまつわるお話

シリーズものということすら知らずに観ましたが、楽しめました
お話的に完結編のようなので、小説も読みたいと思います

飄々としているような加賀さんがカレンダーの橋の名前で急変するところとか、なぜ自分に会いに来たかを、自分だったらと置き換えるところがビビっと来ました

悲しい親子愛のお話でした
K

Kの感想・評価

4.5
小説読んで面白かったから見た
yorito

yoritoの感想・評価

4.5
涙無しには見られなかった。
9610

9610の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

無音のシーンが効果的だった。

杏さん&香川さんの登場に感動。
S

Sの感想・評価

4.0
重いけど泣ける、すごい好きな部類
他の加賀恭一郎シリーズも見たい
久々邦画でいいものを見た!
シリーズでも最高傑作
elena

elenaの感想・評価

3.8
機内で。
ちょっと前に観たからあんまり覚えてないけど
いい感じのペースで話が展開されていって面白かった、っていうのは覚えてる。
お母さん、泣かせにきてますね、って思ったのも覚えてる。

総じて面白かったな、っていうのも覚えてる。笑
新参者シリーズは全部見てきたけどやっぱり面白い。ただすっごい気分落ち込むし食欲なくす。途中の無音になるシーンは本当、ああ…ってなる。
>|