祈りの幕が下りる時の作品情報・感想・評価

祈りの幕が下りる時2017年製作の映画)

上映日:2018年01月27日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。松宮(溝端淳平)たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが。押谷道子と越川睦夫の接点がまったく見つからず、捜査は難航する。滋賀県在住の押谷が何故東京で殺されたのか。 やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博…

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。松宮(溝端淳平)たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが。押谷道子と越川睦夫の接点がまったく見つからず、捜査は難航する。滋賀県在住の押谷が何故東京で殺されたのか。 やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。押谷道子は学生時代の同級生である浅居博美を訪ねて東京に来たことが分かるが、浅居博美と越川睦夫の間にも接点がなく、捜査は進展しない。松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、捜査を進めるうちに遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺する。それは孤独死した加賀の母に繋がっていた。

「祈りの幕が下りる時」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.2
「祈りの幕が下りる時」
2018/1/27 公開 日本作品 2018-026

阿部寛、東野圭吾コンビの加賀恭一郎シリーズの完結編。このシリーズは連ドラ、
スペシャルドラマ、映画と全て観てきました。とても面白いシリーズです。その集大成となる本作、素晴らしい作品でした。
「完結編にしてシリーズ最高の”泣ける”感動巨編の誕生!!」と予告篇のコピー通りの作品でした!!
全編、謎解きの緊張感に溢れ、特に阿部寛と松嶋菜々子の二人が真っ赤な部屋で対峙するシーンの緊張感は最高でした。
ほかの役者さんたちの演技にも迫力があり、阿部寛演じる加賀の母が抱えていた苦悩や松嶋菜々子演じる博美の壮絶な過去が見事に描かれていました。
息を呑む緊張感、そしてその背景に感動する、そんな素晴らしい作品です。

阿部寛主演、東野圭吾原作による「新参者」シリーズの完結編。東野の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」第10作の映画化で、2010年に放送された連続ドラマ「新参者」、2本のスペシャルドラマ、映画「麒麟の翼 劇場版・新参者」に続き、阿部が主人公の刑事・加賀恭一郎を演じる。演出家の浅居博美役を松嶋菜々子が演じるほか、山崎努、及川光博、溝端淳平、田中麗奈、伊藤蘭、小日向文世らが顔をそろえる。監督は「半沢直樹」「下町ロケット」「3年B組金八先生」など数多くのヒットドラマを手がけた福澤克雄
Iwko

Iwkoの感想・評価

4.1
集大成という感じの映画。
加賀さんの過去が明らかになっていく過程はドキドキしました。
法月

法月の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

最初に断っておきます、思い切りネタバレしてます。
あと、松本清張「砂の器」のネタバレになってるかもしれません。
あしからず。



「新参者」シリーズはTVドラマの時から好きで、ずっと追いかけてきた作品。なにより加賀恭一郎、このキャラが大好きなんですヾ(≧▽≦)ノ
(名探偵役の存在感、ミステリにおいてこれ、スゴク大事!)

で、このシリーズの完結編となるという本作、期待して観たんですが......


うーん、どうしても名作「砂の器」と比べちゃうんですよねぇ。
あそこまでの感動、深みがあったかって思うと、どうしても見劣りしちゃって。
確かにトンネルでの博美と父親との別離シーンには感動させられましたよ。橋の上でのつかの間の再会シーンも良かったです。
けれども、納得いかない点もあって.....

博美の父は、なぜ博美の元教師、苗村を殺さなければならなかったんでしょうか? ありのままの事情を話せば、苗村は秘密を守ってくれたのではないですか? 博美の恋人ですよ? 
そしてなぜ博美の同級生、押谷道子を殺さねばならなかったんでしょう?人違いだと言い張り、その場を去ればよかったんじゃないですか?
(道子側にしたって、数十年ぶりに会った友達の父親を絶対この人だと断定できますか? すごく疑問です)
そしていくら愛する娘の幸せを守るためとはいえ、なんの罪もないふたりを殺してしまう父親、小日向には感情移入できません。ここが一番大きかったです。

加賀恭一郎も途中で「自分の母親が愛した相手が、不倫して教え子と深い仲になるような人間でなくてよかった」と語ってますが、博美の父親のような人間を許せたのでしょうか?

もちろん博美自身に罪はないと思います。
運命に翻弄された、可哀想な女性だとは思いますが.....

こういう点が気になって、心から好きにはなれませんでしたね、この作品。残念。
新参者シリーズを観て、
加賀恭一郎がめちゃ好きになった。

これに関してもやはり感動してしまう。
tomoko

tomokoの感想・評価

-
東野圭吾らしい、ヒューマンドラマのようなミステリー。
Sanaeston

Sanaestonの感想・評価

4.0
号泣しました。小日向さんの演技素晴らしかった!!( ; _ ; )
産まれた時から悪人なんていないのよー( ; _ ; )
ゆう

ゆうの感想・評価

2.6
過去のドラマの内容を忘れていたけれど楽しめる内容。
1番のポイントはやはり松嶋菜々子の存在感。何であんなに綺麗なのに、役によって不幸だったり、魅力がないように見えるのか謎。
この人は主演女優のときはまだまだ若い感じするけど、ゲストになると大御所感が半端ない。
この映画の欠点は、そもそも、この作品はスペシャルドラマではなく、映画館でやらなければならない内容なのかということ。これはキムタクのHEROでも言えること。
松嶋菜々子好きは是非。
さく

さくの感想・評価

4.0
物理的・精神的愛情を親から受けて育ったことに感謝し、自分が将来子どもを持ったらそのように愛せるだろうかと自問しつつ、泣きながら観ました。

事件解決の糸口が見つかるにつれ、思わぬ繋がりが見えてきて、リンクの仕方に思わず胸が苦しくなった。

ドラマシリーズは未見でも大丈夫でした。辛かった。それでも観てよかった。
>|